小学生におすすめの英語勉強法

育児を考える

Written By 働くママ編集部

小学生におすすめの英語勉強法・画像 小学生におすすめの英語勉強法・画像

2020年4月から小学校の英語教育が大幅改定!

2020年4月から小学校の英語教育が大幅改定!

小さなお子さんのいるご家庭であれば、2020年から全国の小学校でスタートする新しい英語教育について、すでに耳にされているのではないでしょうか。

文部科学省が発表した『新学習指導要領』によると、現在、小学5、6年生が受けている英語の授業が、2020年度以降は小学3、4年生から行われるようになり、小学5、6年生に関しては、新たに「英語」が1つの教科として追加され、成績がつくようになります。
また、中学校や高校では、英語の授業そのものが「英語」で行われる大改革が実施される予定です。 特に、今回の改正で注目されているのは、従来の英語教育のメインだった「読む」「書く」の2技能に、「聞く」「話す」の2つを加えた英語4技能と呼ばれるスキルの習得に重点を置いたカリキュラムが組まれていく点です。

このような英語教育の改正を受けて、わが子の英語の勉強をどのように進めればよいのか、不安に思っている保護者の方も多いでしょう。

そこで今回は「小学生におすすめの英語勉強法」にスポットを当て、これから本格的に英語に触れることになる小学生が、英語嫌いにならないための勉強法のポイント、おすすめの英語教材などを解説します。

2020年度からの小学校英語学習はどう変わる?

2020年度からの小学校英語学習はどう変わる?

前述の通り、2020年度実施予定の新・学習指導要領では、小学3、4年生から英語の勉強がスタートします。英語学習の最初の2年間は、英語の音や発音に親しむことを目的とした体験型学習となり、成績はつきません

ただし小学5、6年生になると、アルファベットの習得に始まり、基本的な文法や語彙も習い、成績もつくようになります。単語数も、従来は中学生が学んでいた英単語のうち600から700語が学習目標として設定されており、現在の中学英語の一部を先取りするかたちと言えるでしょう。

また、中学生や高校生になると、授業自体が英語で行われるようになることに加えて、読み書き中心のカリキュラムに「話す」「聞く」の要素が増え、さらに習得単語数も増加しています。

学年 2019年度まで 2020年度から
小学3、4年生
  • 英語学習はなし
  • 体験型学習(歌やゲームなど)
  • 成績はつかない
小学5、6年性
  • 体験型学習(歌やゲームなど)
  • 成績はつかない
  • 文法や語彙など
  • 成績がつく
  • 単語数600~700語
中学生
  • 日本語での授業
  • 「読む」「書く」の2技能
  • 単語数1,200語
  • 英語での授業
  • 会話重視(伝える・聞く)
  • 単語数1,600~1,800語
高校生
  • 日本語での授業
  • 「読む」「書く」の2技能
  • 単語数1,800語
  • 英語での授業
  • 「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能
  • 単語数1,800~2,500語

特に、3、4年生の「親しむ英語」から、5、6年生の「教科としての英語」へのチェンジは重要です。文法を習い始める5、6年生の時点で、英語に苦手意識を持ってしまうと、中学・高校での英語の成績が影響を受けやすくなります。

小学5、6年生は学習する単語数も600~700語と多めに設定されているため、重要な単語については3、4年生ごろから徐々に習得していくと良いでしょう。単語力を身に付けておけば、同級生とスタートラインで優位に立つことができ、5年、6年時の英語学習にかかる負担を減らすこともできるので、おすすめです。

小学生の英語勉強法はその「目的」を意識するところからはじめよう

小学生の英語の勉強は、「英語に慣れる・親しむ」「小学校の英語の授業のサポート」という2つの目的に分けることができます。
「英語に慣れる・親しむ」ことが目的であれば、英語の絵本の読み聞かせや、英語の子ども番組を見るなど、毎日の生活に気軽に取り入れられる勉強法がおすすめ。

特に絵本の読み聞かせは、小学生に限らず、何歳からでもスタートすることができます。 洋書の絵本は価格が高価な場合も少なくありませんが、図書館やリサイクルショップを利用すると書籍代を抑えることが可能。また、AmazonのKindle(キンドル)に代表される電子書籍は、紙の本と比較すると価格が割安に設定されています。なお、Amazonプライム会員の場合は、音声読書サービス・Audible(オーディブル)でも英語絵本の無料ラインナップが充実しており、おすすめです。

Amazon

amazon audible

英語絵本のラインナップが充実。電子書籍(Kindle)版や、マーケットプレイスでの中古絵本も扱っている。Amazonプライム会員向けの音声読書サービスAudible(月額1,500円)では、追加料金なしで聴ける英語絵本や洋書がそろっている。

また、英語の子ども番組は、NHKや民放など各テレビ局が放映しています。毎日同じ時間に10~15分程度で見られる番組であれば、毎日の生活にも負担なく取り入れられるでしょう。

えいごであそぼ with Orton(NHK・Eテレ)

えいごであそぼ with Orton

NHKの幼児向け英語番組。英語の「音」を楽しみながら学ぶことができる。対象年齢は6歳までとなっているが、初めて英語に触れる子どもであれば年齢を問わずおすすめ。放送は月~金曜日の午前6時45分から6時55分。再放送は午後5時10分から5時20分。

一方、小学5年生になって教科としての英語がスタートしてからは、「授業のサポート」を目的として英語を学ばせたいという保護者の方も多いでしょう。
親子で英語の勉強に割ける時間をある程度確保できる場合は、市販のテキストなどを利用して、自宅学習で文法や単語の知識を強化できればベターです。

なお、文法や単語だけではなく、リスニングやスピーキングも含めて総合的に英語を強化したい場合は、通信教育や英会話教室を活用し、本格的な英語の勉強をサポートするのも良いでしょう。

小学生の英語をサポート!授業の強化に役立つ英語勉強法は?

自宅での独学からもう一歩進んで、英語の勉強を進めるのであれば、英語の4技能を学べる通信教育のタブレット学習や、英会話教室などに注目してみましょう。
タブレット学習は、紙の英語教材とは異なり、音や映像といったタブレットならではの動的なカリキュラムで、英語の音やイントネーションを学ぶことができます。
英語講師とグループやマンツーマンで英会話ができる通学型の英会話教室や、インターネットを通じて外国人講師からレッスンを受けるオンライン英会話も、英語の音や会話に慣れる意味では同様の効果を期待できます。

対面式とパソコンの画面越し、という違いはあっても、実際に外国人と接する機会を持つことができるのは、英会話教室やオンライン英会話のメリットと言えるでしょう。

小学生におすすめの英語勉強法その1:タブレット学習

メリット
  • 自宅で英語の勉強ができる
  • 通学型の英会話教室と比較すると費用が割安
  • カリキュラムが決まっており教材も自動配信されるので手間がかからない
デメリット
  • 学習内容は指定のカリキュラムに沿ったものとなる
  • 別途タブレット端末の準備が必要な場合もあり

進研ゼミ(チャレンジタッチ)

進研ゼミ(チャレンジタッチ)

2020年の新学習指導要領に対応した進研ゼミのタブレット教材。カリキュラムは英語のリスニング力を身につけることに重点が置かれており、「聞く」をベースに「話す」「読む」「書く」の各技能につなげている。小学校低学年の英語が必修でない学年も、無料の英語アプリを利用可能で、早くから英語に親しむことができる。

小学生におすすめの英語勉強法比較

受講料※毎月払い
  • 3年生……4,062円
  • 4年生……4,865円
  • 5年生……5,632円
  • 6年生……5,779円
タブレット 専用端末を使用(税込14,800円)
※6か月以上の継続受講で端末代無料

進研ゼミ(チャレンジタッチ)のサイトに行く

スマイルゼミ

スマイルゼミ

2020年の新学習指導要領に対応したジャストシステムのタブレット教材。主要5教科(国語・算数・理科・社会・英語)に加え、学習指導要領を超えて英語を強化したい子どものためのオプションプラン「英語プレミアム」も用意している。自分の発音を録音してお手本と比較し正しいアクセントを学ぶ等、工夫されたカリキュラムに強みがある。

小学生におすすめの英語勉強法比較

受講料※毎月払い
  • 3年生……4,400円
  • 4年生……4,900円
  • 5年生……5,400円
  • 6年生……5,900円
タブレット 専用端末を使用(9,980円)
※6か月以上12か月未満の退会で6,980円(税抜)、6か月未満の退会で29,820円(税抜)が追加で発生

スマイルゼミのサイトに行く

小学生におすすめの英語勉強法その2:オンライン英会話

メリット
  • 自宅で勉強できる
  • 通学型の英会話教室と比較すると費用が割安
  • 外国人講師とマンツーマンで英語を勉強できる
デメリット
  • 事前にレッスン予約が必要な場合も
  • パソコンの操作等で親の付き添いが必要な場合も

DMM英会話

DMM英会話

日本語でのフォローが可能なキッズ向け講師が多数在籍するオンライン英会話。利用時は最初にSkypeの設定とヘッドセットが必要となる。レッスンはそのつど予約するスタイルだが、24時間受講でき、利便性は高い。1回25分間のレッスンを2回まで無料体験可能。

小学生におすすめの英語勉強法比較

受講料
  • 1日1回25分……5,980円(税込)
  • 1日2回50分……9,980円(税込)
  • 1日3回75分……13,980円(税込)
レッスン時間 24時間

DMM英会話のサイトに行く

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)

株式会社ハグカムが運営する子ども向けオンライン英会話。講師は全員バイリンガル(英語・日本語)の対応が可能。レッスンの準備は専用アプリをダウンロードするだけで良く、アプリを通じて、希望の曜日・時間・子どもの英語レベルに応じてレッスンが用意されるため、予約不要で利用できる。2回分のレッスンを無料体験可能。

小学生におすすめの英語勉強法比較

受講料
  • 週1コース 9,800円(税込)
  • 週2コース 12,800円(税込)
  • 週3コース 14,800円(税込)
  • 週4コース 17,800円(税込)
  • 週5コース 19,800円(税込)
レッスン時間 月~金 15:00~21:00、日 10:00~15:00、祝日 15:00~21:00

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)のサイトに行く

小学生におすすめの英語勉強法その3:英会話教室

メリット
  • 年齢の近い子どもと一緒に学べる(モチベーションアップ・友達ができる等)
  • 外国人講師を通じて外国人と直に接する機会を持てる
デメリット
  • タブレット教材やオンライン英会話と比較すると費用が高くなる
  • 通学が必要(立地や子どもの年齢によっては送迎が必要な場合も)

シェーン英会話

シェーン英会話

英語を母国語とするネイティブ講師にこだわった英会話教室。子ども英会話教室のパイオニアでもあり、子どもを対象とした英語指導のスペシャリストを講師として採用している。レッスンの理解やカリキュラムの進度等については日本人スクールカウンセラーへの相談が可能。全国に211校を展開し、レッスンの振替や、引っ越し等による転校にも対応している。

小学生におすすめの英語勉強法比較

受講料
  • 入学金……16,200円 ※11/30までの入学で無料
  • 月謝(週1回、定員2~6名、50分)……月10,260円(税込)
※無料体験レッスン有り
教室 全国211校(首都圏185校)

シェーン英会話のサイトに行く

ヒューマンアカデミーランゲージスクール

シェーン英会話

日本人・外国人の2人講師体制で個別指導を行う子ども英会話教室。前半の予習レッスンで学習した内容を、後半のオンライン英会話で復習する2つのステップで文法や語彙、「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能を習得する。オンライン英会話とは異なり、保護者の付き添いが不要な点に加え、英語学習の成果をすぐに英会話で実践できる点も高い評価を得ている。

小学生におすすめの英語勉強法比較

受講料
  • 入学金……10,000円
  • 月謝(週1回×4回)……10,000円(税込)
※体験無料チケット1回分
教室 全国220校

ヒューマンアカデミーランゲージスクールのサイトに行く

英語を14年間勉強する時代が目の前に!小学生から英語に真剣に取り組もう

英語を14年間勉強する時代が目の前に!

2020年度の新学習指導要領をベースとした小学校教育を最初に受けることになるのは、2011年4月から2012年3月生まれの子どもたちです。
これ以降、子どもは小学校で4年間、中学校で3年間、高校で3年間、大学で4年間と、最大で14年間、英語を勉強することになります。

新学習指導要領が、単語数の増加や会話重視の授業内容へシフトしていることからもわかる通り、これからの英語は「使うこと」に重点が置かれ、子どもたちが将来、社会に出ていくうえで欠かせないスキルの1つになると位置付けられています。
実際に、社会のグローバル化が急速に進みつつある現在、英語は国際的なコミュニケーション言語として不可欠です。

また、従来の英会話教室に加えて、英語学習をサポートするタブレット学習やオンライン英会話など、小学生の英語学習を後押しする環境は、一昔前と比べて格段に整っていると言えるでしょう。

ご自身が英語をそれほど得意ではない、という保護者の方も、子どもが英語に対してポジティブなイメージを抱けるよう、様々なサポートツールを活用して上手に英語の勉強を進めていきましょう!

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について