小学生のタブレット学習のデメリットとは?始める前に知っておきたいその弊害と対処法

育児を考える

Written By 西山 沙輝

小学生のタブレット学習のデメリット 小学生のタブレット学習のデメリット

小学生の子を持つ家庭であれば、日々の勉強にタブレット学習を取り入れたいと考えるもの。ただ気になるのはそのデメリットでしょう。紙の教材とは異なり、タッチペンとタブレットを利用するタブレット学習では、「本当に学力がつくの?」、「タブレットで遊んでしまい、勉強にならないのでは?」等、気になるポイントがいくつかあるはずです。

そこで、今回はタブレット学習のデメリットとその対処法について徹底解説。タブレット学習に取り組みたいと考えているものの、タブレットを利用して勉強することのデメリットも知っておきたいという保護者の方に向けて、そのデメリットを詳しく解説します。
さらに、小学生に最適なタブレット教材の選び方や効果的な勉強法についてもご紹介します。
タブレット学習のデメリットとその対処法をしっかりと把握したうえで、子供にあった教材を選びましょう!

contents

小学生のタブレット学習 デメリットとその対処法とは?

タブレット学習の利用を検討する際、まず最初に出てくるのが「本当に効果的なのか?」「小学生がちゃんとタブレットを使って勉強できるのか?」といった不安です。また、ブルーライトによる視力低下等の悪影響についても気になるポイントの1つでしょう。

タブレット学習を始める前に、タブレット学習のデメリットと、その対処法について確認しておくことはとても大切です。タブレット学習のデメリットをしっかりと理解したうえで、子供にあったタブレット学習を見つけましょう。

タブレット学習のデメリット①
視力低下・姿勢悪化のおそれがある

電子画面を集中して見続ける必要があるタブレット学習では、ブルーライトによる視力低下が懸念されるほか、タブレットの置き方によっては姿勢が悪くなってしまうというデメリットがあります。

視力低下・姿勢悪化のおそれへの対処法は?

タブレット学習に取り組む際は、明るさをしっかりと確保した部屋で勉強机などを利用し、子供が画面との距離を保ち、正しい姿勢で取り組めるよう意識しましょう。タブレット学習は、紙の教材と異なり、いつでもどこでも学習に取り組める点がメリットの1つですが、ついダラダラと学習に取り組んでしまうケースも。小学生が学習に取り組む際は、きちんと椅子と机のある環境で勉強する習慣をつけることが大切です。正しい姿勢で学習に取り組めば、視力低下と姿勢の悪化は防ぐことができます。
さらに、タブレット学習に連続して取り組む時間の上限を決め、目を休める時間を設けましょう。子供が画面を長時間集中して見続けることがないように、タイマー等を利用するのもおすすめです。
また、子供の目の健康に配慮し、タブレットの画面にはブルーライトカットのシートを貼る、子供用のブルーライトカットの眼鏡を利用する等、ブルーライト対策も行いましょう。
市販のタブレットを利用する場合は、タブレットスタンドやスタンドに変形できるタブレットケース等を利用し、正しい姿勢・目と画面との距離を保てるようにセッティングすることも大切です。

タブレット学習のデメリット②
インターネットやゲーム等、他のアプリで遊んでしまう

タブレット学習の最大のデメリットの一つが、YouTubeやゲームアプリ、インターネット等、学習以外のコンテンツで遊んでしまうのではないかという点でしょう。インターネットに接続し、学習することが主となるタブレット学習では、「勉強しているかと思いきや、子供がインターネットで遊んでいた」というケースも少なくありません。

インターネットやゲーム等、他のアプリで遊んでしまう問題への対処法は?

小学生の子供がタブレット学習に取り組む場合は、学習専用のタブレットを提供しているタブレット教材を利用するのがおすすめです。「スマイルゼミ」や「進研ゼミ(チャレンジタッチ)」は、学習に特化した専用のタブレット端末を使用するため、他のアプリをインストールしたり、インターネットで遊ぶことは原則としてできません。
iPadやAndroidタブレット等、一般のタブレットに学習アプリをインストールし、利用するタイプのタブレット教材を利用する場合は、端末に付帯する「機能制限」を設定しておくことが重要です。アプリのインストール時にパスコードを要求できる設定や、有害サイトをブロックするフィルタリング機能を利用しましょう。

タブレット学習のデメリット③
勉強の自己管理が難しい

勉強の自己管理が難しい点も、タブレット学習のデメリットの一つ。塾や家庭教師を利用する場合とは異なり、子供が自分自身で勉強を進めなければならないため、ある程度の自己管理が必要になります。タブレット教材の中には、進捗管理を行ってくれるものもありますが、そもそもタブレットを起動しなければ学習をスタートできないため、学習を取り組む時間の設定や確保をしっかりと行うことが重要です。

勉強の自己管理が難しい問題への対処法は?

「毎日○時にタブレット学習を始める」、「1日に○分タブレットで勉強する」等、子供と一緒に毎日タブレットで勉強を開始する時間と学習に取り組む時間を決め、それが守れるように親がサポートしましょう。アラーム機能がついているタブレット教材であれば、勉強時間にアラームを設定するのもおすすめです。
タブレット学習に取り組む際は、子供が自主的に勉強に取り組む習慣を身に付けられるまでは、親がきちんとサポートしましょう

タブレット学習のデメリット④
内容を理解していなくてもどんどん先に進みたくなる

タブレット学習では、効率よく問題を解き、アニメーションやゲーム要素も楽しみながら学習を進めていくことができる反面、問題を間違えると、詳しい解説と答えがすぐに表示されてしまう点もデメリットの1つ。つまりタブレット学習では、内容をしっかりと理解していなくても、わかった気になり、どんどん先に進むこともできてしまうのです。
わからない問題は解き方を模索し、しっかりと自分でアプローチした上で解説を見なければ知識は定着しません。学習が楽しくなり、どんどん進めていくことはタブレット学習のメリットでもありますが、学習の取り組み方によってはデメリットにもなり得ます。

内容を理解していなくてもどんどん先に進みたくなる問題への対処法は?

タブレット学習に取り組む際は、学校で使っている教科書や問題集を横に用意しておき、わからない問題があった際にはすぐに答えを見るのではなく、一度自分で調べた上で確認することをルールにする等、学習の取り組み方にも工夫が必要です。また、手元に紙のノートを用意し、分からなかった問題の解き方や疑問点をメモする等、解答の読み流しにならないよう意識すると良いでしょう。
勉強が楽しくなり、先へ先へとどんどん取り組むことは決して悪いことではありません。問題の演習量が増えることで、知識も自然と蓄積し、基礎学力のアップにつながります。子供のタブレット学習へのやる気や、タブレット学習が楽しいと思う気持ちを否定しないようにしつつ、どのようにタブレット学習に取り組んでいるか、時折横について観察し、アドバイスしてあげましょう

タブレット学習のメリットとは?

タブレット学習のデメリットを理解したうえで、次はタブレット学習が持つメリットと、この学習方法が向いている子供についてもチェックしてみましょう。
タブレット学習には、想像以上に多くのメリットがあります。その中でも、小学生がタブレット教材を用いて勉強する際のメリットにフォーカスし、解説します。

小学生がタブレット学習に取り組むメリット

タブレット学習のメリット①
勉強開始までのハードルが下がる

タブレット学習では、タブレットを起動するだけで、「今日取り組むべき問題」を自動で提案してくれます。紙の教材では、教材の用意、今日やるべき問題(ページ)のピックアップやその問題にかかる時間の算出と目標の設定等、実際に問題を解き始めるまでの過程が多く、勉強に取り組むまでにやる気が尽きてしまう子供も。紙の教材は、勉強嫌いな子供や、勉強が苦手な子供にとって、ややハードルが高いと言えるでしょう。勉強開始までのハードルが下がり、やる気を損なわずに勉強ができるのは、タブレット学習に取り組む最も大きなメリットの1つです。

タブレット学習のメリット②
動画やアニメーションで視覚的に学習できる

タブレット学習では、問題の解説に動画やアニメーションを多く用いており、図形やグラフの問題を視覚的に学ぶことができます。紙の教材だけでは理解が難しい図形問題や複雑な文章問題等も、直感的に学ぶことができる点もタブレット学習のメリットです。

タブレット学習のメリット③
苦手な問題・単元の克服がしやすい

間違えた問題は、タブレットがしっかり記憶し、知識が定着するまで繰り返し出題してくれます。苦手な問題や単元に自然と取り組むことができるので、苦手克服がしやすい点もメリットの一つ。紙の教材は自分で問題を選択できるため、苦手意識のある問題に取り組まず、得意な問題ばかり解いてしまう…といったケースも。苦手な問題を自動でピックアップし、出題してくれるタブレット教材では、苦手の克服がしやすいと言えるでしょう。

タブレット学習のメリット④
勉強の成功体験が積める

さらにタブレット学習は、苦手な問題だけでなく、基礎問題や得意な問題も適度に出題し、正解の達成感を味わうこともできる仕組みになっています。勉強の成功体験を積むことで、勉強自体への嫌悪感や苦手意識が薄まり、勉強に対するモチベーションが上がる点も、タブレット学習ならではのメリットです。

タブレット教材を選ぶ際のポイント

タブレット教材を選ぶ際は、デメリットを回避できる特徴を持つものを選ぶのがベスト。以下は、タブレット教材の選び方のポイントを解説します。

タブレット教材の選び方①
専用タブレットの有無

タブレット教材を選ぶ際は、まず「専用タブレット」のある教材かどうかをチェックしましょう。
タブレット教材には、「スマイルゼミ」や「進研ゼミ(チャレンジタッチ)」等、専用のタブレット端末が用意されているタイプと、「Z会」のようにiPadやAndroid等の市販タブレット端末に教材をダウンロードし、学習するタイプのものがあります。

自宅に既にタブレットがあり、初期費用をかけずに学習をスタートしたい場合は、市販のタブレットを利用できる教材を選ぶと良いでしょう。その際は、機種やOS、データ容量が利用したいタブレット教材に対応しているかチェックすることが大切です。

タブレットが自宅にない場合やタブレット端末で子供が遊んでしまうのを防ぎたい場合は、インターネットや他のアプリのインストール制限がかけられている学習専用のタブレット教材を選ぶのがおすすめ。専用端末を採用しているタブレット教材は、機能制限がかけられているだけでなく、画面サイズやタッチペンの反応・書き味、学習に最適な解像度など、子供がタブレット学習をするうえで最適な状態に設計されています。また故障時の補償サービスを提供しているタブレット教材もあるので、万が一に備えたいと考えている方や、タブレットの故障が心配な方は、補償面も含めてチェックすると良いでしょう。

タブレット教材の選び方②
教材の配信形式・学習スタイルをチェック

タブレット教材には、大きく3つの種類があります。1つ目は、「スマイルゼミ」や「進研ゼミ」等、子供が該当する学年の学習内容が定期的にタブレット内に配信される教材。教科ごとに教科書を選択し、小学校の教科書にあった内容の教材で勉強できるサービスも多く、学校の予習・復習をしっかりと行えます。
2つ目は、学期ごとや学年ごとにタブレットにインストールするコンテンツを購入する買い切り型の教材。例えば「天神」では、学年・学期・教科を選び、教材を購入して自宅のタブレットやパソコンにインストールし、学習に取り組めます。インターネット環境がなくても学習できるので、利便性が高く、兄弟姉妹で教材をシェアできるのも嬉しいポイントです。
3つ目は、「無学年学習」と呼ばれる学習スタイルを取り入れたタブレット教材。「すらら」や「スタディサプリ」等のタブレット教材がこの学習スタイルを採用しています。無学年学習では、子供の学年に関係なく、学年を遡ったり先取りしたりと、自由に学習することができます。学年を遡って苦手科目を復習したり、得意科目を先取りし、中学受験に備えたり等、目的に合わせて学習できるため、近年注目を集める学習スタイルです。
タブレット教材を選ぶ際は、どの形式や学習スタイルの教材が子供に合っているかチェックすることが重要です。

タブレット教材の選び方③
学習サポートサービス

数あるタブレット教材のなかには、学習サポートのための対人サービスを提供しているものもあります。子供がタブレット教材での家庭学習にきちんと取り組めるか不安な方や、中学受験のサポートを希望する方は、対人サポートを提供しているタブレット教材を選びましょう。なかには学習の進め方や教材内容への質問対応、進路指導等、学習塾や家庭教師と遜色ないサポートを受けることができる教材もあります。

小学生におすすめのタブレット教材3選

進研ゼミ 小学講座

進研ゼミ(チャレンジタッチ)

赤ペン先生が人気の進研ゼミもタブレット学習を大幅強化!

通信教育大手の「進研ゼミ 小学講座」では、タブレット教材として「チャレンジタッチ」を提供。専用のタブレット端末を使用し、学習に取り組める

また、AIが最適なレッスンを自動提案してくれるので、勉強を迷わずスタートできる点も大きな魅力。また、問題の正答率を分析し、1人1人に最適化した「苦手ドリル」の配信や、「赤ペン先生」の個別添削も提供している。
教材は、学校の教科書に完全準拠しており、動画や音声、アニメーションを通して授業内容をしっかりと予習・復習できる点も大きな魅力。さらに、各レッスンは1回10分から15分で受講できるので、飽きることなく学習に取り組める。小学生の9割以上が「チャレンジタッチ」で勉強が楽しくなったと回答するなど、実際に利用している小学生からの評判も高い。
英語学習やプログラミングにも対応しており、追加料金なしで学ぶことができる他、メインのレッスンの1.7倍の追加学習も無料と、進研ゼミ小学講座だからこそできるメリットも多数。
他のタブレット教材と比較しても質の高さには定評があるチャレンジタッチは、タブレット教材の利用を検討している方であれば、まずチェックしておきたい。

  • プログラミング学習対応
  • 英語学習対応※1
  • 難易度が選べる※2
  • 無料体験あり※3
  • 中学受験に対応
  • 教科書準拠

※1:小学3年生以上
※2:挑戦コース(追加受講費0円)あり
※3:Web上で動画を視聴

対象学年・教科
対象学年
小1~小6
教科
国語
算数
理科
社会
英語
プログラミング
料金
毎月払い・税込
1年生 3,680円
2年生 3,930円
3年生 4,490円
4年生 4,980円
5年生 5,980円
6年生 6,440円
評判のポイント
  • 6か月間の継続で専用タブレットの端末代金が無料に
  • 2ヵ月から受講OK!講座に満足できず退会する場合、タブレット端末を返却すればタブレット代金が0円となる
  • 私立・国立中学校の合格実績多数(2021年度合格実績5,011名、志望校合格率91.2%)

進研ゼミ 小学講座のサイトに行く

スマイルゼミ

スマイルゼミ・画像

新学習指導要領に完全対応。98.7%が学習習慣の定着を実感と回答!注目のタブレット学習

スマイルゼミは、「ジャストシステム」が開発した小学生向けタブレット教材。数ある小学生向けのタブレット教材のなかでも高い人気と評判を獲得しており、専用タブレットを使用して学習に取り組むことができる

主要4教科(国語、算数、理科、社会)に加え、英語とプログラミングの講座を標準配信しており、追加料金なしで受講可能。また、オンラインで受講でき、その場ですぐに結果がわかる全国学力診断テストや、英検対策講座、漢検10級から2級に対応した漢検ドリルを提供しており、教科書の予習復習以外にも、プラスアルファの勉強に取り組める点も嬉しい。
スマイルゼミでは、タブレットを立ち上げると、その日に取り組むべき学習を「きょうのミッション」としておすすめしてくれるので、迷うことなく学習をスタートできる。
また、スマイルゼミでは日々の学習の成果に応じて、「スターアプリ」が貯まり、スマイルゼミ内で利用できるアイテムをゲットできる、チームで勉強時間を競うイベントがある等、ゲーム要素があり、子供が楽しんで学習に取り組める点も大きな魅力。
スマイルゼミは、タブレット学習のデメリットをカバーし、子供のやる気を引き出しながら基礎学力や勉強習慣を身につけることができるタブレット教材。どのタブレット教材を利用しようか迷っている方は、必ずチェックしておきたい。

  • プログラミング学習対応
  • 英語学習対応
  • 難易度が選べる※1
  • 無料体験あり※2
  • 中学受験に対応
  • 教科書準拠

※1:発展クラスあり
※2:体験会あり

対象学年・教科
対象学年
小1~小6
教科
国語
算数
理科
社会
英語
プログラミング(春・夏・冬 配信)
料金
毎月払い・税込
1年生 4,268円
2年生 4,510円
3年生 5,170円
4年生 5,830円
5年生 6,710円
6年生 7,260円
評判のポイント
  • 全額返金保証制度あり
  • 「日経優秀製品サービス賞」「イード・アワード子ども英語教材(小学生総合)」顧客満足度第1位を獲得・「きょうのミッション」でその日に取り組む学習をおすすめ。子供が1人で取り組める。
  • 「書き方」をしっかりと学べるタブレットとタッチペンの設計が魅力

スマイルゼミのサイトに行く

すらら

すらら

学年を超えた学習スタイルで学習継続率89.1%!

すららは、「2012年日本eラーニング大賞 文部科学大臣賞」を獲得するなど、第三者機関から高い評価を獲得している小学生向けタブレット教材。利用者からの評判も良く、受講生の継続率は89.1%と極めて高い。

すららでは、学年に関係なく、一人ひとりの学習レベルに応じて学ぶことができる「無学年方式」を採用。無学年の学習スタイルを通して、中学受験の準備のための先取り学習や、苦手科目の遡り学習ができる点は、すららだけの大きな魅力と言えるだろう。
また、すららはタブレット教材でありながら、現役の塾講師である「すららコーチ」によるマンツーマンのサポートを受けられる。すららコーチは、子ども一人ひとりの特性を理解し、学習計画を立て、勉強の相談や保護者へのアドバイスまで手厚くサポート。タブレット学習で、しっかりと子供が勉強できるか心配な方はぜひチェックしておきたい。
さらに、すららでは学習総合時間を競うイベント「すららカップ」を毎年開催。ゲーム要素のあるイベントで、勉強のモチベーションを高めることができる
すららは、無学年方式の学習スタイルを検討している方や、対人での学習サポートのあるタブレット教材を探している方は、ぜひチェックしておきたいタブレット教材だろう。

  • プログラミング学習対応
  • 英語学習対応
  • 難易度が選べる
  • 無料体験あり※1
  • 中学受験に対応
  • 教科書準拠

※1:Web上で体験

対象学年・教科
対象学年
小1~小6
中1~中3
高1~高3
教科
国語
算数
理科
社会
英語
料金
入会金・税込
小中・中高 5教科コース 7,700円
小中・中高 3教科、小学 4教科コース 11,000円
毎月払い・税込
3教科・小中コース 8,800円
3教科・中高コース 8,800円
4教科・小学コース 8,800円
5教科・小中コース 10,978円
5教科・中高コース 10,978円
評判のポイント
  • 学年に関係なく学べる「無学年方式」の学習スタイルを採用
  • 89.1%の子供がすららを3ヶ月以上継続して学習
  • すららを導入している塾講師「すららコーチ」によるフォローサポートあり

すららのサイトに行く

まとめ

タブレット学習にはいくつかデメリットもありますが、そのデメリットのほとんどは対策することで回避することができます。デメリットへの対策をしっかり行い、子供に合った教材を選ぶことができれば、タブレット学習は間違いなく学力アップに貢献してくれるはずです。
小学生の時期に、タブレット学習を利用して家庭学習に取り組む習慣をつけることは、中学受験や中学生の勉強にもつながります
タブレット学習を始めるか悩んでいる方は、本特集を参考に、タブレット学習のメリットとデメリットをチェックし、子供に合った教材を見つけましょう!

Author: 西山 沙輝
Hayakawa所属のライター・編集者。主な執筆ジャンルは教育、エンタメ・カルチャー、転職・就職、金融等。小学生~高校生を対象に学習塾での指導経験あり。中学、高校、大学の受験指導実績も。