夏休みはグアムに家族旅行に行きたい!予算はどのくらい?
海外旅行を実現するためのおすすめの貯金方法とは?

お金を管理する

Written By 働くママ編集部

グアム・画像 グアム・画像

夏休みのグアム家族旅行、予算はどのくらい?

みなさんのご家庭では、家族旅行にどのくらいの頻度で行かれてますか?
ベネッセ教育情報サイトが2014年に小学生~中学生の保護者を対象に行った調査では、家族旅行の頻度は年1回が6割を占め、宿泊数では1・2泊が多く、比較的コンパクトな旅行が多いことがわかります
また、予算に関しても宿泊費と交通費を合算し10万未満というケースが約6割。旅行に出かける時期は夏休み、春休み、冬休み時期の順に多く、子供の学校の休みの間に家族の思い出として、近郊に家族旅行に出かけるご家庭が多い傾向がデータからわかります。

年に1回、家族旅行に行くことができれば、場所はどこにいったとしても素敵な思い出となるはずですが、一度くらいは海外旅行に出かけてみたい!と思うご家庭も多いのではないでしょうか?(※かく言う筆者もその一人です)

しかしながら現実を見ると、家族旅行で海外を選択するとなると、金額面で相当高いハードルが立ちはだかります。例えば旅行会社のパッケージツアーを利用する場合でも、ベッドを利用する子供代金は大人料金とあまり変わらないケースが多いため、家族4人で旅行する場合、大人料金×4の予算を考えておいたほうが良いでしょう。

さらに海外旅行の場合、パスポート取得代金等の雑費も念頭に入れておかなければなりません。

家族旅行の旅行先として人気のグアムの料金を家族4人で計算してみる

2018年7月24日出発 4日間(JTB海外ツアーより) ※ 4人家族(大人2人、小学生2人の場合)

  • おとな 136,800円 ×2
  • こども(ベッドを使う) ¥133,800 ×2

合計:541,200円(航空諸税等は含まれていません)

パスポート取得料金

  • 5年間有効(12歳以上) 11,000円 × 2
  • 5年間有効(12歳未満) 6,000円 × 2

合計:34,000円

上記のツアーには、食事代や成田までの交通費、現地のオプショナルツアー、お土産代などが含まれていないため、その費用も考慮する必要があります。

他のパッケージツアー参加や食事代も考えた場合、合計で約70万円の予算が必要となり、やはり海外旅行は無理かも。。と思ってしまう方も多いかもしれません。

特に子供が小学生・中学生の間は今後の教育費を考えると、70万円の予算を捻出するのは大変です。
しかしながら、子供が小さいときはあっという間です!(そのうち家族旅行に誘ってもいっしょに来てくれなくなってしまうかもしれません。。。)筆者同様、一度は海外で家族の思い出を作りたいと憧れている方も必ずいらっしゃるはず!そこで、働くママプラス 編集部では、夏休みに家族でグアムに行くことを目標に、そのための資金を貯金をする方法を考えてみました

海外旅行貯金方法その1 住宅ローンを見直す!

マイホームをお持ちの方の多くは、住宅ローンを組まれているはずです。住宅ローンを組まれている方は、ご家庭の住宅ローンの金利と、現在の金利の差を把握されていますか? 数年前と比較すると、2017年12月現在の住宅ローンの借り換え金利は大幅な低下を見せており、借り換えるなら今がチャンスと言える水準になっています

例えば返済期間15年 残高2000万円で金利差が1%以上ある場合、100万円以上の節約が期待できます(※ちなみにこれは筆者が実際に試算した結果です)。

住宅ローンの借り換えは難しそう。。。と思っていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、過去2回住宅ローンの借り換えを実行し、今回の企画を受け3回目の住宅ローンの借り換え審査の申請を行った筆者の感想としましては、以前よりもずっと借り換え審査の申請はしやすく、結果もすぐに届くようになっていました

住宅ローンを借り換える手順は、住宅ローン仮審査→本審査となり、実際に融資可能となった場合でも、最終的に申し込みをするまでは、手数料等の費用は一切かかりません。つまり、一度ご自宅の住宅ローンの借り換えを申し込むことで、どのくらいのメリットがあるかを事前に調べることができるのです。本当に借り換えを実行するかどうかは、その審査の結果次第。これは捻出できる金額が大きい為、旅行の予算を確保するうえで一番最初に試したい方法と言えるでしょう。

それでは、筆者が実際に住宅ローンの借り換えを検討した際に利用したオススメの銀行をご紹介します

りそな銀行 借りかえローン(web申込限定プラン)

りそな銀行・画像

大手銀行「りそな銀行」が提供する、Web申込で限定金利プランが適用される借り換え専用住宅ローン。りそな銀行の特徴は住宅ローンの金利の低さ、審査の迅速さ、保証料と手数料の安さにあります。実際に筆者が、りそな銀行に仮審査の申請を行った時は3日後に仮審査の結果を電話でもらいました。(※仮審査は無事通過です!)

上記特徴に加え、りそな銀行の住宅ローンの良い所は、実際に窓口に足を運ぶことで住宅ローンに関する相談ができる点(※ただしWeb申込限定プランを利用する場合は、Webからの事前審査申込みが必須)です。東京、神奈川、千葉、京都、大阪、兵庫、奈良、福岡ではりそな銀行のローンプラザで個別に相談ができます。ローンプラザは土日も営業しており、(一部店舗は土曜日もしくは日曜日)ネットから空き状況を見て相談予約できる店舗もあり非常に便利です。筆者の担当の方はとても親切に説明をしてくださり、仮審査に必要な書類の記入もその場で記入できる範囲で作成することが出来ました。
住宅ローンの借り換えが3回目とはいえ、いざ記入となると迷う部分があったので、実際にその場で教えてもらいながら記入できるのは大変助かります。(記入するためには、あらかじめ必要書類がありますので、忘れずに持っていきましょう。)特に、住宅ローン借り換えが初めての方は、ネット完結ではなく、窓口で相談できる銀行をおすすめします

住宅ローン サービス比較

住宅ローン金利(2017年1月実行金利) 変動 0.440% 当初10年固定 0.650%
固定期間 1年~35年
借り入れ可能額 50万~1億円
繰上げ返済手数料 一部無料※Webコミュニケーションサービス「マイゲート」の利用で無料 全額返金取り扱い不可 繰り上げ返済は1万円以上1万円単位
保証料 利用者負担0円
事務手数料 32,400円(税込)別途融資手数料(お借入れ金額の2.16%、消費税等込み)を支払う必要あり
団体信用生命保険料 0円→対象ローン契約時に借入金利プラス年0.3%で、3大疾病、16の特定状態、所定の要介護状態に該当した場合住宅ローン残高が0円になる団信革命のプランもあり

りそな銀行 借りかえローン(web申込限定プラン)のサイトに行く

じぶん銀行 住宅ローン

 じぶん銀行 住宅ローン・画像

じぶん銀行は、三菱東京UFJ銀行とKDDIが出資し設立したネット銀行。2015年12月1日から住宅ローンの販売を開始、手続きを全てネットで完結でき、他の住宅ローンと比較しても諸費用を節約できることから、利用者から大きな注目を集めています。実際に筆者も、じぶん銀行に仮審査の申請をしましたが、土曜日に仮審査の申請をしたにもかかわらず、月曜日には仮審査通過の審査が来ました。

じぶん銀行の住宅ローンの審査スピードの速さは、今まで仮審査を申請した銀行の中では一番の速さでした。仮審査のために入力する項目はネット上で8ページあり、さらに団体信用生命保険の申込み・告知もあるため、少々手間がかかりますが、途中で保存することもできるので、一気に仕上げようとは思わず、時間を見ながら進めていくことをおすすめします。途中で入力項目に疑問があるときは、電話でのお問い合わせが可能です。
じぶん銀行の魅力は、手続きをネットで全て完結できる便利さと、団信内容が充実している点。じぶん銀行は、一般団信に加え、がんと診断された場合は、住宅ローンの返済額が半分になる【がん50%団信保証】が無料でついています。一般団信に特約を付ける場合は、金利が上乗せされる場合が多いので、がん50%団信保証が無料でついているじぶん銀行の住宅ローンは大変魅力的です。

住宅ローン サービス比較

住宅ローン金利(2018年1月実行金利) 変動金利0.457% 当初10年固定 0.620%
固定期間 1年~35年
借り入れ可能額 1億円以内
繰上げ返済手数料 無料 ※固定金利期間中の全額返済の場合32,400円(税込)。変動金利適用中の場合、無料 繰り上げ返済は1円から1円単位で利用可
保証料 無料
事務手数料 借入金額の2.16%(税込)
団体信用生命保険料 0円(がん保証特約(50%)つき)

じぶん銀行 住宅ローンのサイトに行く

海外旅行もあきらめない!我が家の家計を見直して海外旅行へ出かけましょう!

いかがでしたか?海外旅行のようにまとまったお金が必要な場合は、住宅ローンの見直しが一番の近道といえます。我が家は住宅ローンは組んでいないから。。と思っている方も、住宅ローンほどは大きな額を浮かせて貯金することはできませんが、他にもスマホやインターネット、クレジットカードを見直すことで、節約した分を貯金できる方法があります。 次回は、意外と費用がかかっているスマホの見直しを行った節約に編集部スタッフがチャレンジするので、是非こちらも注目してくださいね。

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について