子育てにかかる費用 ~幼稚園・保育園~

お金を管理する

Written By 働くママ編集部

幼稚園・保育園でかかる費用・画像 幼稚園・保育園でかかる費用・画像

子育てにかかる費用は、一般的に1000~3000万円といわれています。この金額の幅は進路や習い事の違いによるものです。子育てには多くのお金が必要ですが、「子育てにかけた費用=子どもにとって恵まれた環境」であるとは限りません。お金のかからない時期に上手に貯金をしながら、親としてサポートできることを考えていきたいですね。そのためには、まず長期的なスパンで家計の収支を確認することが大切です。今回は、公立と私立という進路別で就学前の子育てにかかる費用とそのポイントを見ていきます。

幼稚園・保育園の費用

保育園と幼稚園の費用・画像1

一般的に公立の幼稚園は2年制、私立は3年制です。それぞれの年間教育費を見てみると、月々で約22,000円、年間で約26万円、私立の方が高くなっています
また、働くママの中には、0歳や1歳から保育園に預けるケースも少なくありません。保育園の場合、家庭の状況や各施設によって金額に大きなバラツキがあります。これは認可保育園が世帯の所得に応じて、無認可保育園は施設ごとに保育料金が設定されるためです。また保育園の場合は、幼稚園よりも早い年齢から通園することが多く、就学前にかかる費用が高くなる傾向にあります。そのため、この時期はお給料のほとんどが保育料に消えてしまうという悩みを持つママも少なくありません。しかし、出産後もキャリアを分断せずに働き続けることで、この時期にかかったお金は1~2年で穴埋めできるケースがほとんどです。長期的な視点でみれば、必要な投資と考えることができるでしょう

幼稚園(公立・私立)年間教育費

公立 私立
合計 202,882 461,172
月々 16,907 38,431
学校教育費 119,175 319,619
学校外教育費(塾・習い事等) 83,707 141,553

(単位:円)

参考)平成26年 文部科学省 子供の学習費調査

就学前の子育ての費用 貯蓄・節約ポイント!

1.こども保険(学資保険)に入ろう!

保育園と幼稚園の費用・画像2

こども保険とは、将来の教育資金を準備するための保険です。入学時期など、まとまったお金が必要な時期に満期を設定し、毎月(もしくは毎年)保険料を積み立てる仕組みになっています。以下の表を見てわかるように、支払った保険料よりも満期額が高くなる返戻率100%超の保険を選ぶことで、効率良く教育資金を貯めることができます。また、こども保険も生命保険料控除の対象になるので、節税効果も期待できます

教育資金を200万円貯めたい場合

定期預金大手都銀
定期預金金利 0.025%
※18年間で200万円貯める
元本額 1,995,282円
4,717円お得
こども保険(学資保険)フコク生命
返戻率 約105.5%
(0歳加入/22歳満期、月払契約)
※ジャンプ型:18歳100万円+22歳100万円受取
元本額 (保険料払込総額) 1,894,728円
105,272円お得!

加入時の年齢が早ければ早いほど、月額/年額の積み立て保険料を抑えることができるため、できるだけ早めに加入を検討すると良いでしょう。(*子どもの出生前から加入できる保険もあります。)ただし、子ども保険は途中解約してしまうと、大きく損をしてしまう可能性があるので、月額の保険料を無理なく支払える額に抑えることが重要です

CHECKこちらの記事もCHECK!

2.児童手当を貯金に回そう!

児童手当は、対象年齢の児童を養育する者に対して年3回に分けて一定額が支給される制度です(*所得制限あり)支給額は3歳未満に月1万5千円、3歳~中学生に月1万円となっています(*第3子の場合は12歳まで1万5千円)。子ども保険(学資保険)の満期を迎える前にも、入学や受験シーズンにはまとまったお金が必要になります。その蓄えとして、児童手当を貯金しておくと安心です。満額が難しければ、支給額の一部積み立てる形でも良いでしょう。0歳から15歳まで月5千円貯めるだけでも、90万円以上貯金することができます。児童手当の受取先を金利が高いネット銀行にしておくと、効率的に貯金を運用することができます

CHECKこちらの記事もCHECK!

3.保育園や幼稚園の助成制度について確認しよう!

認証保育園・認定保育室の助成制度

認証保育園や各自治体独自の認定保育室では、世帯収入による保育料の違いがありません。そのため、各自治体で独自の助成制度を設けている場合が多くあります。給付条件や給付金額は自治体によって異なりますので、お住まいの地域の制度をよく確認しておきましょう。

私立幼稚園の助成制度

保護者の所得状況に応じて経済的負担を軽減すること、公・私立幼稚園間における保護者負担の格差の是正を図ることを目的とした制度です。保護者の所得状況が一定基準を満たない場合や小学校低学年までの兄弟がいる場合に適用されるケースが多いです。私立幼稚園の利用を検討している場合は、あらかじめお住まいの自治体の制度を確認しておきましょう。

Reviews

ソニー生命学資保険の口コミ ももさん 年齢:36才 職業:会社員
月払いで払っていましたが、年払いのほうが保険料払い込み額が減るので年払いに変更しました。1年に1回の支払い月はしっかり覚えておかないといけませんが。。。

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について