待機児童対策 埼玉・所沢市の実施する育休退園制度とは

働くママニュース

Written By 働くママ編集部

働くママニュース
NEWS

ニュース第29回・画像

2015年4月より埼玉県・所沢市が、待機児童対策として育休退園制度を導入しました。
育休退園制度とは、第2子の育児休暇中に、第1子(※0~2歳児の場合が対象)が保育園に通っている場合、原則として第1子は保育園を退園しなくてはならないという制度の事です。
この制度の導入にあたり、所沢市の保育園に子どもを通わせているママ11人が、市に対して「保育を受ける権利を侵害する」として、制度の差し止めを求める訴えを、さいたま地裁に起こしました。

市は、ママの育児休暇終了後、育休退園制度によって保育園を退園した子供を優先的に復園させるとしていますが、
「復縁できる保証はどこにもない」
「環境の変化で子どもに負担がかかる」
とママからは心配の声が上がっています。

このほかにも、
「子どもを安心して預けられる環境がなければ、2人目を産む気持ちになれない」
「保育園で仲良くなった友達と別れることになるのでかわいそう」
等、育休退園制度に反対する意見がNHKに多数寄せられていました。

その一方で、待機児童の子供を持ち、保育園の空きを待つママからは、育休退園制度は妥当だとする意見も。

ニュース第29回・画像

働くママにとって、出産後も仕事を継続するためには、保育園の確保が必須です。
しかし、保育園では多くの待機児童を抱えているため、働くママが、入園可能な保育園を見つけるのも難しいという現状があります。
なかには、育児休暇中に子どもを預ける保育園を見つけることができず、離職を余儀なくされてしまうケースも少なくありません。

結局のところ、育休退園制度は、保育園の少ない枠をママたちで取り合っているだけで、問題の根本的な解決にはなっていないと言えるでしょう。

子どもの保育環境の整備は、働くママにとっても、子どもにとっても重要な問題です。
子どもの発達は環境と密接に結びついており、大人の都合で保育園への入退園を繰り返すことは、子供にとって大きな負担になります。これらの問題を解決するためには、保育園の受け入れ枠を増やし、待機児童の問題を解決することが求められており、保育園の増設・整備とともに、保育士の人材を確保することも必要です。
働くママが、仕事と育児を気持ちよく両立できる環境・仕組みを作っていくことが、育休退園の問題だけでなく、待機児童や少子化問題の解決にもつながっていくと言えるでしょう。

参考記事
働くママ激怒! 2人目の育休で、上の子は保育園を退園!?
2人目産んで育休取ったら「上の子は保育園を出ていって」 所沢市の政策に働くママが大激怒 【配信終了】
待機児童ママ「所沢市の対応は妥当」 育休退園問題で浮上する、働くママたちの複雑な感情
"育休退園" | 働き方・子育て | NHK生活情報ブログ:NHK