英語が小学校3年生から必修化 5年生では正式教科に

働くママニュース

Written By 働くママ編集部

働くママニュース
NEWS

ニュース第42回・画像

新しい学習指導要領に基づいて小学校の英語教育を拡大することが、中央教育審議会の特別部会によって決定しました。現在小学校高学年で行われている「外国語活動」が、2020年より小学校3年生から開始に速められ、小学校5年生では英語が正式教科となります。

2020年に導入される新しい学習指導要領では、まず小学校3年生から週に1回「外国語活動」がスタートします。この段階では、簡単な会話やゲームを行う中で英語を身近に感じることを目的としており、国語、算数のようなテストや評定はありません。

そして、小学校5年生からは、英語が正式に教科となり、週2コマの授業を実施。教科に格上げされたことにより、他の教科と同様に成績がつけられます。この英語教科では、文科省が掲げる「コミュニケーション能力の育成」に基づき、「読む・書く」力と「聞く・話す」力を同時に鍛えていく予定です。

ニュース第42回・画像

英語が正式に教科となることは、小学校の英語教育に様々な影響をもたらします。小学校での勉強が増えるというだけでなく、中学校受験に英語科目が追加される可能性も大。従来の受験科目に加え、英語対策が必要になることが予想されます。
また、英語教育の需要が高まるにつれて、小学生の習い事として英語がより注目されるでしょう。最近では、英会話教室だけなく、DMM英会話レアジョブといった大手のオンライン英会話に子供向けのコースが登場しており、小学生向けの英語学習の選択肢がどんどん充実しています。

今回発表された学習指導要領の改訂は、ご家庭の英語教育について考える良いチャンス。「将来英語に苦手意識をもたないようにしたい」「英語を喋れるようになってほしい」など、英語の正式教科化が決まったこの機会に、教育方針を考えてみてはいかがでしょうか。

参考記事
英語、小5から正式教科に 次期指導要領案