タブレット学習は効果あり?福生市の小3算数に見る、タブレットと学習理解度の関係とは

働くママニュース

Written By 働くママ編集部

働くママニュース
NEWS

東京都福生(ふっさ)市では、平成29年度より、市立小学校の3年生全員に学習用のタブレット端末を貸与します。

タブレット学習

タブレット支給の目的は、算数の強化。義務教育における算数・数学は、小学校4年生までに、その後のベースとなる知識のほとんどを学習します。そこで、算数でつまづく児童が多い小学校3年生を対象に、基礎学力の定着や学力向上を図る目的で、専用の学習ソフトとタブレット端末の導入が決定されました。

福生市では、2年前から大学・民間企業と協同でタブレット学習の効果を検証しており、中間報告では、タブレット学習専用に開発された学習ソフトの活用により、「小3算数の偏差値が1.6ポイント上昇」「家庭学習時間が15分間延伸」等の有意な結果が認められたとのこと。

福生市のように児童全員にタブレット端末を配布する取り組みは、まだ一般的ではないものの、学習のサポートアイテムとしてタブレット端末に注目している保護者の方は多いでしょう

福生市が行った検証によれば、小学校の勉強(算数)にタブレット学習を取り入れることは、学習理解度を深めるのに一定の効果があると言えそうです。
また、教師や保護者が、タブレットでの学習結果を通じて子供の学習理解度を客観的に把握し、共有できる点も、タブレット学習のメリットと言えるでしょう

ICT(情報通信技術)を利用した学習ツールの開発と導入サポートを手がける「みらいスクールステーション」によると、インターネットを学習に応用するようになる中高生以降になると、タブレット学習には、より幅広い効果が認められるようになるそうです。
たとえば、ICTを積極的に活用している広尾学園高校のケースでは、生徒が学習テーマに添った情報をインターネットで収集・分析したり、デジタルツールを利用して動画を作成するなど、高度な学習プランニング力やプレゼンテーション力を養うカリキュラムにおいて、タブレットが活用されています

学習ソフト等を利用した個別学習による理解度アップに加え、氾濫する情報の真偽を見極めるメディアリテラシーなど、タブレット学習は子供の教育に大きな効果を発揮する可能性を秘めていると言えるでしょう。

タブレット学習に期待できる効果

  • 学習理解度アップ・・・個別学習ソフト等により苦手分野を強化できたり、家庭学習時間を増やすことができる
  • 子供の学習進度がわかる・・・タブレットの学習データによって、教師や保護者が子供の学習理解度を把握できる
  • 情報分析力が身に付く・・・インターネットなどで情報を調べて分析し、まとめる力を養うことができる
参考サイト
タブレット端末や電子黒板…「デジタル教材」が子どもの教育にもたらすメリット
福生市、小3全員にタブレット貸与…算数の個別学習に活用