小学校の英語教育、2020年から大変革。中学受験も英語力がカギに?

働くママニュース

Written By 働くママ編集部

働くママニュース
NEWS

2020年に大学入試が激変するというニュースを見かけることがありますが、実はこれは大学に限ったことではありません。安倍政権は実は教育改革に力を入れており、幼児教育の無償化だけではなく、英語教育に関してはさらに早期化していく方針を打ち出しています

英語の勉強

その中で決まったのが2020年度以降、小学3年生から英語教育を必修化、小学5年生からは教科化するという方針です

実はこの必修化と教科化には大きな意味があります。必修というのは必ず修めるという言葉の通り、学校で教え、学ばなければいけないという意味を持っていますが、そのやり方までは決められていません。その一方で教科化されるということは、教科書ができ、カリキュラムも定められることになります。

つまり2020年以降、小学5年生は英語を教科として学び、その結果は通知表にも記録が残ることになるのです

これは受験にも大きな影響があります。例えば入試がある都立や県立、国立の中学校を受験する場合、内申点が受験の成績に加味されます。つまり英語で良い成績を取ることができれば、内申点のアップを期待できるのです

また、すでに一部の私立校で受験に英語が取り入れていますが、この流れは間違いなく加速するでしょう。これまでも大学入試の際、英語力は大きな差がつくキーポイントになっていましたが、今度は中学入試、高校入試でも英語の重要性が増すことになるはずです

中学入試に英語を取り入れている学校 ※2017年4月2日現在

  • 東京都市大学付属中学校
  • 広尾学園中学校
  • 山脇学園中学校
  • 玉川学園中学校
  • 浦和ルーテル学院中学校 他多数

この状況の中でママができることは、将来に備え、子どもの英語力アップに取り組むこと以外ありません。

英語を子どものうちから学ぶということは中学受験のためだけではなく、高校受験や大学受験、ひいてはその先にある社会人になって仕事をする上でも必ず役に立ちます

英語教育は早くスタートすればするほど吸収が早く、優位であることもまた事実。数年後に中学受験を検討しているママはもちろん、中学受験を検討していないママも、子どもの将来を考え、本格的な英語学習に取り組むことを検討してみてはいかがでしょう?

小学生向け講座を開講している英会話教室

シェーン英会話

シェーン英会話

小学生を対象とした小学生コースを全国の全教室で開講。英語の面白さと会話に必要な単語を重点的に学習。日本人講師による読み書き強化コースと英検対策コースを併せて受講できる。ホームページ上から無料体験レッスンを申し込むことができるので、興味がある人は要チェック。

このサイトに行く

子供英会話専門 アミティ・画像

こども英会話専門アミティ

子供英会話教室の大手。全国に教室を展開しており、小学生向けのコースを幅広く展開。中学入試を検討している人は、英検対策コースやTOEIC・TOEIC Bridge対策コースがおすすめ。

このサイトに行く

参考サイト
小学英語、教科に格上げへ 新学習指導要領まとめ案