消費税増税前に買うべきものとは?家電、住宅、タブレット教材他、得するもの損するもの

働くママニュース

Written By 働くママ編集部

働くママニュース
NEWS

消費税増税まであと2週間!今のうちに買っておくべきものとは?

消費税が増税される2019年10月1日まであと2週間!10月1日になると、消費税は8%から10%に、2%アップします

消費税増税には一部で対象外になるものや軽減税率が導入されるものがあるものの、ほぼ全てが10%になります。

つまり一部の商品やサービスは、消費税増税前に買っておいたほうが良いということです

今回の働くママプラスのニュースは、家電、住宅、タブレット教材、定期券等、家庭への影響が大きい商品・サービスに注目し、消費税増税前に購入すると得するもの、損するものを検証しました。

増税前に最後の駆け込み購入を考えている方は、是非最後までチェックしてみてください。

まずはチェック!消費税増税の対象外になるもの

今回の消費税増税はほぼ全てのものが対象となっていますが、一部対象外が確定しているものもあります。この対象外になるものは、そもそも駆け込んで購入する必要はありません

まずは消費税増税の基礎の基礎として、対象外になるものを把握しておきましょう!

消費税10%増税:対象外品目一覧

  • 鮮魚
  • ミネラルウォーター
  • 食品添加物
  • 輸入食品
  • 出前・宅配の食品※ただしケータリングや出張料理除く
  • コーヒー豆
  • みりん風調味料※アルコール度数1%未満に限り
  • ノンアルコールビール
  • 菓子
  • 清涼飲料水
  • 健康食品・機能性食品※医薬品、医薬部外品を除く
  • 菓子・食品を含む玩具※1万円以下且つ菓子または食品の価格が3分の2以上であれば対象
  • 日刊新聞
  • スポーツ新聞
  • 通販食品
  • テイクアウト食品

基本的に食品の一部と生鮮食品、外食に関してはテイクアウトすれば消費税増税の対象外になると考えておけば良いでしょう。また理由はわかりませんが、新聞も消費税増税の対象外になっています。これは明らかに政治的要因で、発行部数が激減する新聞を支援するために取られた措置だと考えられます。(新聞は対象ですが、書籍が対象ではないというのも意味不明です。)

その他のものは基本的に2019年10月1日から消費税が10%にアップすると憶えておきましょう。

次のチャプターでは個別の商品・サービスに焦点を当て、増税前に買うべきか、買わざるべきかを検証していきます。

検証その1:家電製品は消費税増税前に買うべき?

結論 〇 原則として買うべき

解説 家電製品に関しては、消費税増税前に買うべきでしょう。理由は2点あります。まず消費税増税前に買うべきものには、「そう簡単に値段が落ちないもの」「長く使用するもの」という2つの特徴があります

家電製品の多くはこの2つに該当します。(※家電製品に近いもので、ゲーム機やゲームソフトなどもこの特徴を備えていると言えるでしょう。)

ただし家電製品の中でも発売されたばかりの新製品は、数カ月経っただけで、大幅に値崩れするケースがあるため、注意が必要です。

新製品の購入は避け、値動きが少ない定番アイテムの購入を検討している場合、家電製品は消費増税前に買うべきと言えるでしょう

検証その2:住宅は消費税増税前に買うべき?

結論 △ 即入居可の新築で納得できる価格の物件がある場合を除き、買う必要なし

解説 住宅に関しては、編集部は焦る必要はないと考えています。理由は、まず住宅価格が高止まりしており、今後の景気動向次第では新築物件も値下がりする可能性があること。また中古物件の取引に関しては、物件価格に消費税がかからないこと(※ただし不動産会社への仲介手数料には消費税がかかる)の2点です。

即入居できる新築物件で、納得できる価格の物件がある場合は除き、焦る必要はありません

また政府は住宅需要の落ち込みを防止するため、住宅ローン減税を見直しており、この制度を利用することで、2%増税の影響は防いでいます。住宅購入を検討している方は、焦らずに良い物件を探すことに集中しましょう。

検証その3:タブレット教材は消費税増税前に買うべき?

結論 ◎ 年間契約が間違いなくお得

解説 お子さんの勉強方法にどう取り組んでいくべきか、悩んでいる方の中には、タブレット教材の導入を検討している方も多いはず。

タブレット教材は、子どもが楽しみながら学習に取り組むことができ、学習習慣をつけるという意味でも効果的な教材であることは間違いありません。もし将来的にタブレット教材を導入しようと思っているのであれば、消費税増税前に年間契約で導入することをおすすめします

以下は数あるタブレット教材の中でも、1、2を争う人気を誇る「チャレンジタッチ(進研ゼミ)」と「スマイルゼミ」の消費税増税への対応方針です。

チャレンジタッチ(進研ゼミ)の消費税増税への対応
2019年9月30日までに申込んだ商品・サービスについては、国が定めた経過措置に基づく適用期間に限り、消費税率8%での支払いとして処理。年間契約した場合は、消費税増税前の8%で契約可能。
スマイルゼミの消費税増税への対応
2019年9月30日までに申込んだ場合は、申込み支払い期間(毎月払いの1か月分、6か月一括払いなら6か月分、12か月一括払いなら12か月分)に対して消費税率8%を適用。ただし、2019年10月1日以降の申し込みに関しては10%を適用。

学習教材に限ったことではなく、年間契約できる商品・サービスの多くがこの方針を採用しています。現在利用している商品・サービスで、年間契約しているものがある場合は、9月前に年間契約を更新できないか(またその際は8%で契約できるのか)、聞いてみると良いでしょう。

関連ランキング 評判の良いタブレット学習・タブレット教材を比較

検証その4:定期券は消費税増税前に買うべき?

結論 ◎ 6カ月契約がお得

解説 通勤定期券、通学定期券を使用している家庭は、消費税増税前に定期券を6カ月間更新したほうがお得です。理由はタブレット教材の項目での説明と同様で、消費税増税前に長期契約すると、その期間に関しては消費税8%が適用されるから。

定期券の有効期限は6か月となっているので、よほどの事情がない限り、9月中に6か月間更新すると良いでしょう。

まとめ

今回の働くママプラスのニュースは、消費税増税を目前に控え、消費税増税前に買うべきものというテーマで、最後の駆け込みで買うべきもの、買わなくても良いものをご紹介しました。

今回は家電、住宅、タブレット教材、定期券という4つの商品・サービスに注目し、解説しましたが、そのほかの商品・サービスを購入する場合でも原則は変わりません。

「そう簡単に値段が落ちないもの」「長く使用するもの」「年間契約でき、消費税8%が適用されるもの」

この原則に該当するものに関しては消費税増税前に買うべき、それ以外のものに関しては慎重に判断することをおすすめします。

泣いても笑っても増税まであと2週間です。買いたいものがある方はその商品・サービスを本当に今買うべきなのかをしっかり考え、良い選択をしましょう!