第2回 育休から復帰後、仕事へのモチベーションが下がっています

女性のためのライフデザイン塾

Written By 働くママ編集部

仕事へのモチベーション・画像 仕事へのモチベーション・画像

女性のためのライフデザイン塾

Question

育児休暇から復帰後、時短勤務を利用して働いています。そのためか、ルーチンの業務ばかり増えて、仕事のモチベーションが下がって悩んでいます。

正社員・あーちゃん・34歳

Answer

私がお答えします

ゆうこママ

ゆうこママ

働くママプラス企画・ライター。9歳男児・7歳・6歳女児のママ。
3人の子育てをしながら、当サイトの運営会社Hayakawaへ転職し、「働くママプラス」をリリース。独立後も、記事執筆を担当。現在、CARRY ME(https://carryme.jp/r/)のアドバイザーとして、フリーランスやママのキャリアの相談を受けるほか、講演なども行う。著書に「働くママが必ず悩む36のこと」等がある。(公式サイト:http://flexible-career.com/

あーちゃん様

あーちゃん さん、ご質問ありがとうございます。
あーちゃん さんが、時間の制約があるなかでも、もっとやりがいのある仕事がしたい、自分のキャリアを磨いていきたいと思っていらっしゃるのは素晴らしいことです。

まずは、今の会社でどんな仕事をしたいのかを明確にしましょう。現在の仕事がつまらないという理由で仕事を変えてもらうことは難しいので、「育休を取得する前の仕事に戻りたい」「広報の業務にチャレンジしたい」など、具体的に紙に書き出すなどして整理してみてください。

復帰前の仕事に戻りたい場合は、すでに必要なスキル・経験を持っているはず。現在の働き方で課題になりそうな点を洗い出しておきましょう。月1でどうしてもはずせない会議がある、クライアントと商談が必要ということであれば、家族と相談してその日だけお迎えを代わってもらないか、同じチームの人に内容を共有してもらって対応できないかなど、具体的な対策を考えてみてください。新しい業務にチャレンジしたい場合は、できる範囲からで良いので、その分野の勉強を始めてみましょう。実際に行動をおこしているのといないのでは、まるで印象が違います。また、実際に希望の業務に携わっている人に仕事内容やスケジュールを聞いてみるのも有効です。

やりたい仕事が明確になったら、次は直属の上司や人事の面談でそのことを伝えるステップです。上司の方は、あーちゃんさんのためを思って、あえて負担の少ない仕事を依頼している可能性もあります。まずは、あーちゃんさんの気持ちをしっかりと伝えることが大切です。その際に、大事な会議や商談などをどうするか、突発的なお休みにどのように対応するかなど、マネージメント側の目線でネックになりそうな部分への対応も合わせて伝えましょう。

自分のやりたいこと・好きなことに向かって一歩を踏み出すことで、仕事へのモチベーションは高まっていきます。短時間勤務で働けるという恵まれた環境を活かしながら、ぜひ一歩を踏み出してみてくださいね!あーちゃんさんを応援しています!

女性のためのライフデザイン塾

女性のためのライフデザイン塾では、就職・転職や仕事と家庭・育児の両立に関するお悩みにお答えします。質問・素朴な疑問など、気軽に相談してくださいね!

  相談する 

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について