第12回 保育士の仕事と育児の両立

女性のためのライフデザイン塾

Written By 働くママ編集部

保育士の仕事と育児の両立・画像 保育士の仕事と育児の両立・画像

女性のためのライフデザイン塾

Question

認可保育園の保育士として働いています。今年、女の子を出産して育児休暇を取得中ですが、自分の子供を預けて保育士として復帰することに正直、葛藤があります。もともと、子供が大好きでこの仕事について、子供たちの成長をそばで見られる保育士の仕事にはとてもやりがいを感じていますが、自分の子供の成長をそばで見られるのも一度きり。園と子供の運動会の日程が重なってしまって、参加できていない先輩ママなどを見ていると、復帰後の働き方について悩んでしまします。

スマイリー・29歳・保育士

Answer

私がお答えします

ゆうこママ

ゆうこママ

働くママプラス企画・ライター。9歳男児・7歳・6歳女児のママ。
3人の子育てをしながら、当サイトの運営会社Hayakawaへ転職し、「働くママプラス」をリリース。独立後も、記事執筆を担当。現在、CARRY ME(https://carryme.jp/r/)のアドバイザーとして、フリーランスやママのキャリアの相談を受けるほか、講演なども行う。著書に「働くママが必ず悩む36のこと」等がある。(公式サイト:http://flexible-career.com/

スマイリー 様

ご質問ありがとうございます。

子供が大好きな優しいスマイリーさんだからこそ、保育士としてのお仕事、そしてご自身のお子さまの子育てとの両立に悩まれていらっしゃるのだと思います

我が家の子供も保育園に通っているときに、子育て中の先生に担当してもらったことがありました。子供達からも、保護者からも信頼されて大人気の先生でした。一方で担任のクラスを持っているため、夜遅くまで残られることもあって、その時は小学校1年生のお子さんが一人でお留守番をしていると聞いて、なんだかとても切ない気持ちになりました。

保護者にとっては、子育て中の先生はとても頼もしい存在です。一方で、保育士のお仕事と子育ての両立は本当に大変だろうと思います。お仕事に関わらず、子育て中のママであれば、スマイリーさんのように、働き方について悩む方は多いのではないでしょうか。

このようなときは、まず自分自身にどのような選択肢があるのかを洗い出し、優先順位を決めていくプロセスが必要です。「これだけ考えて選択したのだから後悔はない!」と思えるようにすることが、自信にもつながると思います。

例えば、現職に復帰される場合も、担任を持ってバリバリ働くのか、パートとして夜勤なしで働くのか、どのような選択肢がありそうですか?

また、保育士の資格を活かせる仕事は、幼稚園、事業所内託児施設、ベビーシッターなど保育園の先生以外にも複数あります

下記のような保育士専門の転職サイトを利用すれば、保育士の仕事を活かせるお仕事を雇用形態や条件別に探すことができます。

保育士専門の転職サイト

スマイルSUPPORT保育・画像

スマイルSUPPORT保育

首都圏最大級の求人数を持つ保育士転職サービス。正社員・派遣・パートなど働き方も選べる。

このサイトに行く

マイナビ保育士 画像

マイナビ保育士

東京・神奈川・埼玉・千葉の保育士求人多数。プロのアドバイザーが転職をサポート。

このサイトに行く

保育情報どっとこむ保育画像

保育情報どっとこむ

北海道から九州まで全国の保育士求人を掲載。希望条件に合った求人を紹介してくれる。

このサイトに行く

ぜひ、育休の期間を上手く活用して、複数のキャリアの選択肢を洗い出してみてください。その上でそれぞれのメリット・デメリットを比較し、一番納得のいく方法を選んでいただければと思います。 スマイリーさんを応援しています!

女性のためのライフデザイン塾

女性のためのライフデザイン塾では、就職・転職や仕事と家庭・育児の両立に関するお悩みにお答えします。質問・素朴な疑問など、気軽に相談してくださいね!

  相談する 

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について