子育てと仕事 第4回 共働き家庭 小学生の夏休みの過ごし方

働き方を考える

Written By 働くママ編集部

子育てと仕事 第4回 共働き家庭 小学生の夏休みの過ごし方 子育てと仕事 第4回 共働き家庭 小学生の夏休みの過ごし方

共働き家庭の悩み 小学生は夏休みをどうやって過ごす?

共働き家庭の大きな悩みの種である、「夏休み」。保育園は、共働き家庭が前提となっているため、夏休みはありませんが、小学校に入学すると、1ヶ月上ある夏休みをどう過ごすかしっかり対策をしなければいけません。公立の学童に毎日通える場合も、通勤前に毎日のお弁当づくりが必要になりますし、公立の学童に落ちてしまった場合は、預かり場所を探すところから始めなければいけないため、共働き家庭にとっては大変な時期です。今回は、小学生の子供を持つ共働き家庭の夏休みの過ごし方とその対策についてご紹介します。

共働き家庭がおさえておきたい夏休みの過ごし方 3つのポイント

子供の預かり場所を決める

子供の預かり場所を決める

まず、最初に決めなければいけないのが、夏休みに子供を預かってもらう場所です。既に公立の学童や学童付きの私立小学校に通われているお子さんは安心ですが、そうではない場は、自治体が提供している小学校での預かりサービスや民間学童などを検討する必要があります。民間学童は送迎サービスや昼食が付いているといった共働き家庭にとって嬉しいサービスが充実していますが、公立の学童と比較すると、保育料はかなり高めに設定されています。

CHECK関連特集

夏休みのスケジュールを子供と一緒に確認する

夏休みのスケジュールを子供と一緒に確認する

夏休みには、たくさんのイベントがあり、子供達も複数の場所を行き来することになります。学校のプール教室、習い事、お友達とのお出かけ、旅行など、いつどこに行くのか、親子で一緒にスケジュールを確認しましょう。その際に夏休みの宿題や自由研究のスケジュールも合わせて計画できると、より効率的です。また、学童と習い事を併用する場合は、「習い事の後に学童に戻ることができない」など、預かり場所によって個々のルールを守らなければいけないので、事前の確認が必要です

夏休みの決まりごと&ルールを作る

夏休みの決まりごと&ルールを作る

夏休みは、思い出をたくさん作ることのできる楽しい期間であると同時に、トラブルが起きやすい時期でもあります。小学校の中学年くらいになれば、学童に入れず(もしくは本人が行きたがらず)、家でお留守番する機会も増えてくるでしょう。「お昼ごはんを家で食べるときは必ず12時までに一度家に戻る」「お友達とお出かけする時は、お菓子を持参する」「お小遣いは100円まで」など、守るべきルールを決めておかなければ、様々なトラブルが発生してしまいます。特に共働き家庭では、子供が日中どのように過ごしているのかを確認できないので、キッズ携帯を持ち歩かせるなどして、常に連絡が取れるようにしておく対策も必要です

共働き家庭の夏休み 夏休みの宿題・勉強はどうする?

夏休みの宿題は、学校によって量も内容もさまざま。夏休み最終日に慌てて、すべての宿題を終わらせるといった事態にならないように、きちんとスケジュールを立て、計画的に進めたいでものです。学童に通っている場合は、自習時間があるので、その間に進められるように計画すると良いでしょう。夏休みの宿題がすべて終わってしまうと、学童の自習時間にやることがなくなってしまうので、自主教材も用意しておくと安心です

また、自宅での学習では、タブレット教材がおすすめ。タブレット教材であれば、自動で採点してくれるので、親の負担が少なく、子供のペースに合わせて学習を進めることができます。さらに、その日の学習内容が親に通知され、子供とメッセージのやりとりができるシステムもあるので、進捗を随時チェックできる点も大きな魅力です

進研ゼミ(チャレンジタッチ)画像

進研ゼミ(チャレンジタッチ)

小学生利用者数No,1の進研ゼミのタブレット教材。学習方法は、従来の紙に書く「オリジナルスタイル」、専用タブレット教材で学習する「チャレンジタッチ」、テキストとiPadを組み合わせた「ハイブリッドスタイル」から選択できる。1学期のおさらいから夏休みの宿題対策、2学期の予習まで対応

このサイトに行く

スマイルゼミ画像

スマイルゼミ

「日経優秀製品サービス賞」「イード・アワード子ども英語教材(小学生総合)」顧客満足度第1位を獲得するなど、利用者から高い評価を得ているタブレット教材。教材の品質はもちろんのこと、帰省中や移動中などWi-Fiのない環境でも、タブレット1台あればいつでも学習できる点も嬉しい。

このサイトに行く

Pickup! 子供向けに5つの安心を搭載 TONEモバイル

TONEモバイル・画像

TONEモバイルは子供も親も満足できる(安心できる)スマホというコンセプトのもと、設計された格安スマホ。キッズ携帯と比較しても、圧倒的に機能が充実しており、子供の居場所がいつでもわかる機能に加え、下校時の自動メール通知機能やアプリの利用制限、

スマホが利用できる時間設定、Webアクセス制限、課金防止等、様々な機能を基本機能として搭載。格安スマホとして初めて全国子ども会連合会の推薦商品に選ばれるなど、保護者からも高い評価を獲得している。

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について