働くママの転職体験談

Mama × WORK

メディアの仕事を続けたい!職種にこだわった転職活動の結果は?

働くママの転職体験談、これから転職を考えている働くママ・再就職を考えている主婦の皆さんのための特別企画です。 今回の体験談は、転職活動に取り組むうえで職種にこだわり、納得のいく転職活動を目指したこっこママの転職体験談。 面接を受けるにあたりこっこママが意識したポイントとは?転職経験を振り返り、これから転職・再就職したいと思っているママへのアドバイスも。転職・再就職を考えている方は体験談を最後まで読み、ぜひ今後の参考にしてください!

Presented By 働くママ編集部

働くママのプロフィール

こっこママ

こっこママ
3歳の男の子を子育て中のママ

新卒で地元の出版社に編集者として入社するも3ヶ月で妊娠し、寿退社。東京に転居し出産、産後半年ごろからニュース編集のアルバイトを始める。さらに半年後からフリーランスとしてIT書籍のライター・イラストの仕事をスタートし、プログラミングのビジネス書の出版を経験。その後、webメディアで取材記者として活動中。

Q1転職前の生活について教えてください

生後半年から子どもを保育園に預け、週3〜4日はIT企業で1日8時間ほどweb編集のアルバイト、週1〜2日程度でフリーランスの仕事を行っていました。

転職前の1日のタイムスケジュール

  1. 起床、出社準備
  2. 家を出る
  3. 出社、出社後会社で朝食
  4. 退社
    退社後はひとりの時間カフェで読書やショッピング、フリーランスの仕事をする場合もあり
  5. 保育園迎え
  6. 買い物を済ませ帰宅
  7. 夕食
    夕食後は子どもと遊ぶ、お風呂に入るなど
  8. 子ども就寝夜中何度か夜泣き対応
  9. 夫帰宅、ごはんを食べながらおしゃべり
  10. 就寝

Q2前職を辞めた理由は?

ニュースの仕事に携わっていたため朝が早く、朝食もいっしょにとれないなど、家族でゆっくりする時間をもてませんでした。また、子どもの病気など急な休みに対応し難く、仕事自体は楽しかったのですが、育児をしながら働くのは難しい環境でした。

Q3転職活動に取り組むうえで意識していたこと、また転職活動中の印象深いエピソードがあれば教えてください

気持ちに余裕のない暮らしになっていたため、家族との時間がとりやすく、急な病気などにも対応しやすい仕事を探しました。メディアの仕事は好きだったので、職種にはこだわりました。いくつかの会社で面接に進みましたが、その際は育児中であること、急な休みをいただく事があることなど、ネガティブ要素も包みかくさず話すようにしていました。

Q4 新しい職場を見つけた方法は?

Wantedly画像

こっこママが利用した 転職サイト はこれ!

Wantedly

月間150万人が利用する、facebookのつながりを利用したリクルーティングサービス

従来の選考方法とは異なり「まずは会って話してみる」というフランクな状態からマッチングが始まるので、子どもの事情などもオープンに話し合うことができました。また、職場のママさんたちの話や、代表の育児に対する考えも伺えたので、この会社なら気持ちよく働けると思えました。

転職後の1日のタイムスケジュール

  1. 起床
  2. 家族で朝食、登園・出社準備
  3. 家族みんなで家を出る、保育園送り
  4. 出社
  5. 退社
    退社後、近くの本屋に寄って少しリフレッシュ
  6. 保育園迎え
  7. 夕食
    夕食後は子どもと遊ぶ、お風呂に入るなど
  8. 子ども就寝
  9. 夫帰宅、ごはんを食べながらおしゃべり
  10. 就寝

Q5これから転職・再就職したいと考えているママへのアドバイスをお願いします!

朝ゆっくり過ごせるので、気持ちに余裕ができました。夫も仕事が忙しいので夜は遅くなることもありますが、朝みんなで顔を合わせて食事をとり、たわいもない話をする時間が幸せです。仕事を辞めるときは、自分のやりたい事を諦めてしまうのかと少しネガティブな気持ちになりましたが、転職したことで、より楽しく、やりがいもあり、育児に理解もある職場に出会えました。大切にしたい事の優先順位を考えながら、新しい出会いを信じて転職・再就職に踏み出していただければと思います。

Pick up!

ぬれタオルで簡単におとせるクレヨン 12色・画像

こっこママのイチオシ!

無印良品 ぬれタオルで簡単におとせるクレヨン 12色

水にぬらしたタオルでこすれば簡単に落ちるので、ガラス窓に大胆に絵をかかれても怒らなくてOK。怒るほうも疲れるので、まぁいいかと思えるグッズがあると助かります。