働くママの転職体験談

Mama × WORK

「自分らしく働く」ための、ママの再就職とキャリアチェンジするためのポイントとは?

働くママの転職体験談、これから転職を考えている働くママ・再就職を考えている主婦の皆さんのための特別企画です。 今回の体験談は、専業主婦からパートを経て、時短契約社員とライターになったrummyママの転職体験談。ご自身の経験に基づいて「いつまでに就職したいか」を決めることが大事だと語るrummyママ。これから転職・再就職を考えている方は体験談を最後まで読み、ぜひ今後の参考にしてください!

Presented By 働くママ編集部

働くママのプロフィール

プロフィール画像

rummyママ
女の子(中学3年生)と男の子(中学1年生)を子育て中のママ

ITサービス会社勤務 兼 ライター
結婚を機に、会社を退職。専業主婦として二人の子育てに奮闘しつつ、幼稚園や学校の委員役員活動にも参加した。仕事への復帰はIT関連企業での週3日のパート勤務、現在は時短の契約社員として記事の内容確認や編集、企画などに携わる。また複(副)業として子育てやライフスタイルを中心としたライティング活動もこなす。

Q1転職前の生活について教えてください

今年(2017年)の年明けまで息子の中学受験を優先していたため、週3日15時までという限られた時間帯でIT関連企業の情報サイトの入力管理業務をしていました。塾と仕事の曜日がかぶっていたことから、仕事から帰宅後すぐ息子の塾弁と夕飯の準備に追われることに。両方の実家が離れた場所にあり、かつワンオペ育児の延長という家庭環境だったので、子どもの塾に間に合うよう15時までという就業形態を選択しました。
また、家計の足しにするため、仕事のない時間帯や曜日にはライターの仕事もしていました。

転職前の1日のタイムスケジュール

  1. 起床、朝食とお弁当の準備
  2. 夫と子どもたちの朝食、洗濯
  3. 夫の通勤、子どもの通学
  4. 自分の朝食
  5. 夕飯の下ごしらえと家事
  6. 出勤及び移動
  7. 出社
  8. 退社
  9. 帰宅、息子も帰宅
  10. 塾弁と夕飯準備
  11. 息子、塾へ
  12. 夕飯作り または 買い物
  13. 娘帰宅
  14. 夕飯片付け→学校のお手紙などのチェック(30分)
  15. ライター記事作成や企画 or 読書、インターネット
  16. ~30 就寝

Q2前職を辞めた理由は?

息子の中学校の入学式が無事終わったら、夫の扶養をはずれてバリバリ仕事をしたかったのですが、諸々の都合で、同じ職場でのキャリアチェンジが難しかったことから、前職の退職を選択。そして以前から地道にやっていたライターの仕事を「本業」にしたく、思い切ってキャリアチェンジを目指すことにしました。

Q3 新しい職場を見つけた方法は?

編集ライターに特化した求人サイト中心にチェックし、エントリーしました。 メルマガに登録すれば、求人情報やスカウトメールも入ってくるので、内容を一通り確認しました。

Find Job! 画像

rummyママが利用した 転職サイト はこれ!

Find Job!

主婦ママの案件も結構あるのに生活感があまり漂わないのがポイント

転職後の1日のタイムスケジュール

  1. 起床、朝食とお弁当の準備
  2. 夫と子どもたちの朝食、洗濯
  3. 夫の通勤、子どもの通学
  4. 自分の朝食
  5. 夕飯の下ごしらえと家事
  6. ライティング記事作成や企画
  7. 出勤及び移動
  8. 出社
  9. 退社
  10. 帰宅
  11. 洗濯物整理
  12. 夕飯準備
  13. 子ども帰宅、夕飯
  14. 夕飯片付け→学校のお手紙などのチェック
  15. ライター記事作成や企画 or 読書、インターネット
  16. ~30 就寝

Q4これから転職・再就職したいと考えているママへのアドバイスをお願いします!

今の仕事は、ライターの仕事よりも委託しているライターさんの記事の内容チェックと記事の企画をするウエイトのほうが高いのですが、作業する上でさまざまな発見があり、ライターの勉強にもなります。また職場では年齢も価値観も異なる方たちと仕事をしているので、良い刺激もあります。一日でも早く、自分を支えて下さっているスタッフの方や会社に関わっている方へ、きちんと目に見える形で貢献できるよう、努めています。

また、転職を機に夫の扶養を外れたため、仕事の自由度が広がりました。忙しくなりましたが、平日の昼間は会社、土日と平日朝夜はライターとして活動できるので、改めて転職して良かったと実感している今日この頃です。ライターとしても幅広い仕事がコンスタントにできるよう、謙虚な心を忘れずにまい進したいと思っています。

「自分が再び仕事をしたい、キャリアチェンジしたい」と思ったとき考えてほしいことは、ただ漠然と求人サイトを見るのではなく、「いつまでに就職したいか」を決めるということだと思います。

特に3~4月に目標を定めている方は気をつけた方が良いですね。
なぜかと言うとこの時期は卒業と入学が絡み、ママも忙しくなるからです。ほかにも子どもが進級する場合も年度末や年度の初めは下校時間が早く、かつ春休みの期間なので、子どもの新年度の生活が落ち着く4月中旬以降にしたほうが良いかもしれません。なぜならそうすることで、日常生活の忙しさの影響を受けず、落ち着いて業務を習得できるからです。

また夏に就職を目標にしている場合、6~7月頭、9月以降がベストです。
7月半ば~8月は子どもの夏休みが入るので、就職するのは少し難しいかもしれません。企業側の採用担当者がお休みを取る可能性も考えられます。ママ向けの求人サイトでは9月開始のお仕事もあるので、その項目も確認するのがおすすめです。

これまでママの「再就職」というと、限られた仕事や一定の雇用条件が適用されるものが多く、ハードルが高いイメージがありました。
しかし最近は、結婚前に第一線で活躍していたママたちの子育てが一段落し、再就職後活躍している事例が増えていることから、企業側も再就職してもママが「戦力」として活躍できると考え、積極採用に取り組む傾向が高まっています。またママたちが安心して長く働けるよう、会社(組織)の社会保険制度の見直ししたり、時短勤務務を導入するケースも増加しており、「働く」環境が整いつつあると言えるでしょう。

今の時代、ワークスタイルの選択肢は一つではありません。入学・卒業などの子どもの大きなイベントやライフスタイルを考えつつ、「自分らしい働き方」ができる再就職やキャリアチェンジを叶えるママたちが増えることを願っています。

Pick up!

幸せはあなたの心が決める・画像

rummyママのイチオシ!

幸せはあなたの心が決める

心が疲れたとき、立ちはだかっている壁を越えたいときに、シスター渡辺和子さんの本を読んでいます。特に『幸せはあなたの心が決める』は、子育てや転職活動がうまくいかないときに読んだ後、心が穏やかになりました!