働くママの転職体験談

Mama × WORK

女性の働き方に理解のある会社で働きたい!くじけそうになりながらも頑張った転職活動の結果は?

働くママの転職体験談。前職では、会社の子育てへの理解が得られず、自身のスキルアップの向上も見込めなかったため、転職を決意したヨッシーママ。転職活動中は不採用理由にくじけそうになりながらも頑張った転職活動の結果は?これから転職を考えている働くママ・再就職を考えている主婦の皆さんへのメッセージも是非参考にしてください!

Presented By 働くママ編集部

働くママのプロフィール

プロフィール画像

ヨッシーママ
7歳女児、5歳男児のママ

都内で会社員として働きながら2人の子を育てるワーキングマザー。長女は大学生の時に出産。産後すぐに就職活動を始め、どうにか内定をGET!入社から5年を経て、1年半ほど前に初めての転職活動を経験、未経験の職種への転職を果たす。新しいコトへのチャレンジが大好きな性格だが、最近の悩みは体力不足ですぐ疲れてしまうこと・・・。子育てと仕事の両立のために、たっぷり睡眠時間を確保することが今一番の課題。働きぶりは至って普通な、どこにでもいるワーキングマザーです。

Q1転職前の生活について教えてください

保育園に通う当時5歳の長女と3歳の長男を子育てに奮闘しつつ、正社員として、セキュリティ関連メーカーの企画部で事務職として働いていました。(※残業なし9:00-17:30勤務)

転職前の1日のタイムスケジュール

  1. 起床 自分の支度、朝食の準備
  2. 手軽なパンがわが家の定番
  3. 保育園に到着
  4. 出社
  5. 退社
  6. 保育園へお迎え
  7. 夕食の準備と連絡帳確認
  8. 夕食
  9. 入浴 保育園の準備
  10. 寝かしつけ(一緒に寝落ちすることも多い)
  11. 洗濯
  12. 就寝

Q2前職を辞めた理由は?

毎日の仕事がルーチン化し、これ以上のスキルの向上を見込めないと感じたため。 また、職場での子育てへの理解が得られず、働き辛さを常に感じていたため。 以前の勤め先ではそもそも子育て中の女性正社員が居らず、子供を産んだ女性はパート勤務へとジョブチェンジするか、退職する方しかいませんでした。 そこで、思いきって職場を変え、女性の働き方に理解がある柔軟な会社で前向きに働きたいと思い、転職活動を始めました。

Q3転職活動を取り組むうえで意識していたこと また転職活動中の印象深いエピソードがあれば教えてください。

転職活動時はやはり、子どもがいるというとマイナスイメージを持たれることが多かったです。面接時に「入社後に地方で数カ月の研修があるため、子どもがいると無理だ」と落とされてしまったことも・・・。転職活動はくじけそうになる自分自身との闘いでした。 そこで私は、子育て経験があるからこその強みを求人企業にしっかりアピールしました。現在の就業先は日用品メーカーですが、面接では実際に購入する消費者目線、主婦目線での販売促進の提案ができることを強調。また、未婚女性を採用するとこれから結婚・育児で長期休暇を取得するもしくは退職してしまう可能性も高いが、私は既に子育て中であり、子どもの小学校入学も見えてきている。長期就業を希望しており、継続して働く意思が強いとアピールしました。

Q4 現在の職場を見つけた方法

転職サイトはマイナビ転職、リクナビネクスト、エン転職、DODAを使用しました。現在の職場はマイナビ転職で見つけました。マイナビ転職は求人数が多く、転職サイトとしての使い勝手も良いと感じ、メインに使用していました。私の場合は在職中の転職活動だったので、転職エージェントとの面談の時間がとりにくいという事情があり、転職エージェントは利用せず、転職サイトに掲載されている公開求人の中から自分に合う条件の会社をひたすら探すという方法をとりました。また、転職先でのミスマッチが起こらないよう、募集要項を念入りに確認するだけでなく、その企業の評判や口コミを事前に深く掘り下げて調べることを心掛けていました。

マイナビ転職 画像

ヨッシーママが利用した 転職サイトはこれ!

マイナビ転職

マイナビ転職は、マイナビ転職限定の求人を数多く掲載し、大手から中小ベンチャーまでの転職情報を幅広く取り揃えている。

リクナビNEXT 画像

働くママプラス ピックアップ

リクナビNEXT

リクナビNEXT限定求人約85%を誇る転職サイト。会員の2人に1人がスカウトメールを利用。

転職後の1日のタイムスケジュール

  1. 起床 自分の支度、朝食の準備
  2. 朝食
  3. 長女の通学を途中まで見送り
  4. 掃除など家事を済ませつつ、長男とスキンシップ
  5. 保育園に到着
  6. 出社
  7. 退社
  8. 保育園へお迎え
  9. 子どもたちと会話しながら夕食の準備
  10. 夕食
  11. 入浴 保育園の準備
  12. 子ども就寝
  13. まったり趣味の時間
  14. 就寝

Q5転職して良かったことは?これから転職・再就職したいと考えているママへのアドバイスをお願いします!

現在の職場は新しいことにどんどんチャレンジでき、責任ある仕事を任せてもらえる環境です。その分プレッシャーもありますが、以前の職場と比較すると、毎日が充実しています。また子どもも年々大きくなってきているので、これから先、仕事を通じてもっといろいろなことができるはず、と自分の今後の可能性を感じることができています。また、現在の職場には子育て中のママ社員がたくさんいるので、同じ悩みも共有でき、非常に心強いです。さらに自宅から近い職場への配属になったため、通勤時間も短くなり、子供と過ごす時間が増えました!

これから転職活動、再就職をめざすママたちへ
年々ワーキングマザーは増え続けており、数年前と比べると、明らかに子育て女性への社会の認識は変わってきている・・・それをきっと就職活動・転職活動の中でも感じることができると思います。子育て中であるということは必ずしもハンデではなく、むしろその力を求めている企業は少なくありません。それを私は自分の転職活動を通じて実感しました。皆さんも「私になんて無理・・・」と始める前から諦めずに、まず一歩チャレンジしてみてください。子育て中のママみんなに幸あれ!

Pick up!

かさキャッチNO.1・画像

ヨッシーママのイチオシ!

第一精工 『かさキャッチNo.6』 ※前子どものせ付き自転車対応

雨の日の保育園の送り迎えの必需品です。傘をセットするだけで手軽に雨よけができ、子どもも濡れずに済みます。高さ、角度もお好みで自分に合った位置に調節でき、とても丈夫なつくり。本格的な雨の日は雨よけカバーを使用しますが、ちょっとした小雨の時や急な雨の時などによく活用しています。夏は日傘をセットして日焼け防止、日よけにも! 自転車によく乗るママにおススメしたい1品です。