働くママの転職体験談

Mama × WORK

転職後は、ワクワクする仕事ができ充実した日々に!転職・再就職を検討しているママへのメッセージとは?

働くママの転職体験談。結婚と同時に退職、夫の住む地域に引越しをしたみもママ。ステップアップのため、もっている資格をいかした畑違いの仕事を探し、転職活動をスタート。転職後は、新しい環境で戸惑いながらも、ワクワクする仕事をして充実した日々に。これから転職を考えている働くママ・再就職を考えている主婦の皆さんへのメッセージも是非参考にしてください!

Presented By 働くママ編集部

働くママのプロフィール

プロフィール画像

みもママ
3歳女児・第2子妊娠中のママ

病院のリハビリテーション病棟で、リハビリの仕事に従事していましたが結婚を機にデイサービスに転職。1人目の出産・育児休暇後、時間の融通がきく時短パートになりました。現在は2人目の出産・育児のため、2度目の産休中です。家族が増えるのを楽しみに、今の時間を大切に過ごすようにしています。

Q1転職前の生活について教えてください

大学を卒業して国家資格取得後、地元の病院のリハビリテーション病棟で働いていました。規定の勤務時間いっぱいまでリハビリをしていたため、事務作業は定時以降になり毎日残業でした。しかし先輩たちが残業申請をしない環境のため、ほとんどサービス残業に。また、シンポジストを引き受けたり論文を書く機会もありましたが、資料作りは基本的に持ち帰ってこなしていました。
365日稼働の病棟のため仕事はシフト制だったので、月に1回3連休をもらって遠距離恋愛をしていた夫と会ったり、平日の夜は趣味のサークルに入り、気分転換をして過ごしていました。

転職前の1日のタイムスケジュール

  1. 起床・身支度
  2. 出勤。朝のミーティング、病棟の申し送り、リハビリの時間調整など
  3. 午前のリハビリ開始(2〜3人のリハビリを実施)
  4. 休憩(ミーティングが入ることも)
  5. リハビリ終了・事務作業(カルテの作成など)
  6. 退社
  7. 入浴・夕食・あれば持ち帰り仕事
  8. 〜23:00 日によっては趣味サークル
  9. 就寝

Q2前職を辞めた理由は?

もともと入社当時から3〜5年程度で病院を移り、30歳頃までは勉強の時間にしたいと思っていました。職種のせいか、同様に数年で移動して色々な経験を積む先輩も多く、自分もそれに習うつもりでいたのです。
そろそろ転職活動をしようとしていた矢先に、リハビリの仕事以外に2年をかけて研究発表をすることになりました。また、同じ時期に夫からプロポーズを受け、区切りがいいので研究発表を待って結婚することに。当時夫とは遠距離恋愛でしたので夫の住む地域に引越し、前の職場は退職しました。

Q3転職活動を取り組むうえで意識していたこと また転職活動中の印象深いエピソードがあれば教えてください。

病院時代と同じ資格をいかした仕事を続ける前提で考えていましたが、できれば畑違いの仕事をしたいと思っていました。病院では基礎を学びましたが、同じような場所で働き続けてもステップアップはできないと感じていたからです。
ただ、かなり遠距離の引越しをしたため土地勘が全くなく、勤め先の選択肢もなかったので、まず周辺地域の情報収集をしました。また、できれば数年以内には出産・育児をしたかったので、女性のライフスタイルに理解のある会社がよいと考え、結局専門職向けの転職サイトの紹介で、今の会社に入社しました。
その際に決定打となったのは、当時の営業所長との面接です。女性所長だったこともあり、近い将来に出産・育児をしたいことも理解してくださいました。さらにわたしの職種は当時デイサービスではかなり珍しかったのですが、「パイオニアとしてワクワクできる仕事をしてください。所長としてバックアップします」という心強い言葉をいただき、大変そうだけれど楽しい仕事ができそうだ、と確信をもって入社しました。

Q4 現在の職場を見つけた方法

初めはハローワークで探していましたが、珍しい専門職のため求人は少なく希望にかなうところはありませんでした。
その際に利用したのは、PT-OT-STネットという転職サイトです。メールでのやり取りで担当者の方がおすすめの求人をどんどんとピックアップしてくださり、自分だけではとても探せないほどの求人情報を得ることができました。

PT-OT-STネット 画像

みもママが選んだ転職サイトはこちら

PT-OT-STネット

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士を中心にリハビリに関する情報を掲載。全国の求人情報も掲載しているのでチェックしたい。

マイナビコメディカル 画像

働くママプラス ピックアップ!

マイナビコメディカル

無料の登録で、PT、OT、ST等、各地の医療機関・施設に精通した専門のキャリアアドバイザーより、希望にマッチした求人情報を受け取れる転職サイト。

復帰後の1日のタイムスケジュールの予定(フレックス勤務なので勤務時間は流動的)

  1. 起床 朝食作りor子供の身支度(夫と分担)
  2. 朝食
  3. 身支度・洗濯(片付け)・掃除など(夫は娘を保育園に送りがてら出勤)
  4. 出勤
  5. 仕事開始
  6. 退社 買い物・保育園のお迎え
  7. 帰宅 入浴・夕飯作り
  8. 夕飯 子どもと過ごす
  9. 子どもの寝かせつけ
  10. 洗濯(洗濯機をまわす・干す)
  11. 就寝

※夫がお迎えをしてくれる場合は、帰宅後先に夕飯作りをして待っていることもあります。

Q5転職して良かったことは?これから転職・再就職したいと考えているママへのアドバイスをお願いします!

転職した結果同職種のほとんどいない環境となりましたが、周囲の理解を得て働くことができ、デイサービスだからこその仕事の仕方を確立してきました。また、新しい人脈も増え、営業所内外からの助けを得ながら仕事ができています。
ママさんが多い職場でもあり、お互い様ということで時間の融通が聴きやすいのも働きやすいです。現在のように産休を頂いても、帰る場所が確実にあるという安心感は転職した環境だからこそだと感じています。

これから転職・再就職される方は、新しい環境に移り生活が変わることに不安がある方も多いと思います。親の生活リズムが変わると、子どもにも大きく影響するので余計に踏み切るのは大変でしょう。だからこそ、転職・再就職されるママには自分が楽しめる職場をじっくり探して欲しいと思います。

わたし自身、転職後は戸惑いも多くありましたが、面接時に上司から言われた通り「ワクワクする仕事」をさせてもらってきました。子どもを夫に任せて夜までミーティングに行くこともありますが、好きでしている仕事なので子どもにもきちんと向き合って伝えています。
親が楽しんで仕事をしていると、子どもも理解してくれると感じています。自分自身がワクワクできる、輝ける職場を探してもらいたいと思います

Pick up!

パナソニック 食器洗い乾燥機

みもママのイチオシ!

パナソニック 食器洗い乾燥機

子育て用品ではありませんが、食器洗い乾燥機です。 朝食後の忙しい時間帯、夜のゆっくりしたい時間帯に食器洗いから解放されると、驚くほど気分が楽になります。働いているママは子どもと過ごせる時間が少ないですが、食器洗いのたった10分でも時短して子どもとすごせると親子ともに気分転換になります。

西川リビング ダウンスリーパー

みもママのイチオシ!

西川リビング ダウンスリーパー

子どもが体調を崩すとかわいそうなのはもちろん、自分も仕事を休まなくてはならないので、体調管理はかなり気をつけています。寒い時期でもこれなら冷えませんし、ダウンなのでフリーススリーパーよりも熱がこもりすぎません。しかも洗濯機で洗えてしまうので、清潔も保てます。親も安心して熟睡できておすすめです。