働くママの妊娠&仕事の両立体験談

Mama × PREGNANT

働くママのマタニティライフの体験談。働きながら、妊娠生活を送るうえで大切なこととは?

将来の妊娠、出産を考えている働くママ・現在妊娠中の働くママに贈る、先輩ママの妊娠と仕事の両立体験談。今回は大変だった不妊治療の末、アラフォーで奇跡的に妊娠したまめみるママの妊娠&仕事の両立体験談です。会社への妊娠報告のタイミングは注意深く選んだというまめみるママ。その理由とは?また妊娠中に大変だったこととは?体験談を読んでぜひ参考にしてください!

Presented By 働くママ編集部

働くママのプロフィール

ママ

まめみるママ
5歳女児の母。

  • 妊娠時の年齢:39歳
  • 仕事内容:フリーライター
  • 通勤時間:片道20分程度(車)

もうすぐ6歳を迎える娘と、ユニークな夫と暮らす。 半ば諦めていたが、孫の誕生を密かに願う両親、孤独な夫の為に一念発起。 アラフォーでの不妊治療から奇跡的に妊娠。安産を願うも難産を経験。

Q1妊娠に気づいたとき、会社にはいつ報告しましたか?

子どもは授からないと思っていましたが、簡単には、踏ん切りをつけられずにいました。そんな時、不妊治療経験のある先輩ママに勧められ、人生初の不妊治療に踏み切ることにしたのです。

年齢的にもタイムリミットが迫っていたため、人工授精からのスタートでした。何回か試みましたが、結果は失敗続き。6回目の人工授精で実を結ばなければ、次の段階へと言われていました。

経済的、精神的、肉体的の全てにおいて負担が大きく、諦めようと思った矢先、まさかの妊娠。数値上、不可能と言われていたので、妊娠検査キッドの結果が間違っているのでは?と思うほど、信じられませんでした。

妊娠に気が付いたのは、妊娠1ケ月頃です。つわりで気が付いたのはなく、不妊治療のストレスを発散する為、合間を縫って、スノーボードに出掛けた時でした。

リフトから降りて、いつも通りに滑ろうとしても、何故だか恐怖を感じます。スピードも抑え、安全走行。しまいには途中で滑るのを放棄していました。手前味噌ながらスノボー歴は20年以上。こよなくボートを愛する人間が、躊躇すること自体珍しいことです。

妊娠兆候の気配すらなかったので、全く気が付きませんでしたが、危険なスポーツを回避したのは、赤ちゃんの存在を本能的に察知していたからだと思っています。

仕事は実家に住んでいる母の介護の為に、フルタイムではなく契約アルバイトを選択。母の世話をしながら、十数年以上働き続けていました。

アルバイトとはいえ、所属部署は、業務内容もハードな上、非常に厳しい環境下でした。シフトの穴を空けるのはご法度。大雪降ろうが、台風が直撃しようが、熱が出ても、這ってでも出社しなくては…と感じさせるほど、恐怖政治の中で勤務していました。胎教にはあまり良くありません。

ですが、感謝すべきところも沢山ありました。大手会社のため、アルバイトでも条件を満たせば、産休育休制度の利用が可能です。子育て費用を考えると、辞めるという選択肢はなく、有難く利用させて頂くことに決めていました。

会社への報告は、慎重に事を運ぶようにしました。産休を取得する場合、周囲には、少なからず迷惑をかけてしまいます。復帰する際も、快く受け入れてもらえるよう、仕事も懸命にこなすよう心掛けました。高齢出産で、いつ何が起こるかわからないという不安もあり、伝える時期は注意深く選びました。

秘密裏の妊婦生活に突入し、シフトを死守しながら、くぐり抜けること数カ月。無事に妊娠4カ月の安定期に入り、満を持しての妊娠報告でした。産休育休取得希望を伝える時は、異常なほど緊張が走りましたが、案外、あっけなく認めてもらえたので、安堵したことを覚えています。

Q2働くママのつわり対策

つわりは、ほとんど感じることはありませんでした。気を張る生活だったお陰かもしれません。元気すぎる妊婦でしたので、介護もある程度の間、続けることが出来ました。

Q3妊婦の通勤中のエピソード

家のそばには最寄り駅がなく、バスも1時間に1本。そのため、車通勤でした。
シートベルトを締める位置に気を遣い、いつも以上に安全運転を心掛けました。
周囲の目は気にならず、気楽に移動出来たので、とても良かったです。
胎教に良いと言われた、モーツァルトのCDやピアノの曲を聴きながら、リラックスして通勤出来ました。

Q4妊娠中の定期検診はどこで受けましたか?

ベルンの森クリニック

まめみるママが受診した病院はこちら

ベルンの森クリニック

2005年に開院したベルンの森クリニックは、ひとりひとりの妊婦が最適な分娩を選べるように、幅広く対応。出産後のお祝いディナーではフランス料理のフルコースも楽しめる。産後ケアも充実しているので心強い。

  • 住所:東京都町田市小山ヶ丘四丁目3番地1

Q5妊娠中に大変だったことはありますか?

クワトロマーカー検査を、念の為に受けていました。母の介護をしながらの、子育ては大変になることは承知の上でしたが、障害を抱える子を育てるのは、相当な覚悟が必要。ましてや介護しながらでは、さすがに難しいのは目に見えています。環境整備や、入念な事前準備が、必要不可欠だと考えていました。

結果は予想を覆し、染色体異常を示すものでした。病院からは、羊水検査を勧められ、中絶するなら時間が限られるからと、決断を急ぐようにも言われました。

穏やかな幸せに包まれた妊婦生活から、急転直下。思わぬ展開に非常にショックを受けました。想像が現実になると、なかなか決断出来ないものです。夫とは何度も話し合いを重ねましたが、一向に結論は出ません。随分悩んだ末、ともかく真実を明らかにすべきと、苦渋の決断。本来は必要のない羊水検査を受けました。

結果を待つ日々は、地獄そのものです。会社には、羊水検査のことは言えずにいました。万一のことを思うと、言い表しようもない不安と恐怖が交錯し、何が正しいことなのか、全くわかりませんでした。

検査結果は、陰性。そう告げられた時は、全身の力が抜けました。安堵したものの、二度と味わいたくないと、心の底から強く思いました。

その後の妊婦生活は、とにかく無事に産まれてきてくれれば、それだけでいい!と願うようになっていました。

Q6仕事中のマタニティウェアはどこで選びましたか?

西松屋 タカハシ 夫のズボンを拝借 友人のお下がり

まめみるママが利用したオンラインショップはこちら

西松屋

西松屋

新生児~小学生、マタニティ服、離乳食からベビーグッズまで。12時までの注文で最短当日発送!

  • 取扱商品:マタニティ/パジャマ/インナー/ベビー/おもちゃ/ミルク 他

Q7最後に出産エピソードを教えてください!

先輩ママ達が、自身の出産体験を教えてくれるのですが、ほとんどが壮絶体験。おかげで、出産の痛みに対する恐怖に押しつぶされ、無痛分娩を選択しました。

ところが、付き添いの叔母のアドバイスが仇となります。「そんな痛みはまだまだよ」。と言われ続ける事、約1時間。ナースコールをしなかったため、麻酔のタイミングを大幅に外し、結局、普通分娩同様の痛みを経験する羽目に。

赤ちゃんの頭は大きく、普通分娩は不可能でした。急遽、吸引分娩へ。それでも産まれず、緊急措置として鉗子分娩により無事に誕生。当初、会陰切開なしを希望でしたが、予想外の連続で、それどころではありません。麻酔は、吸引分娩の時にギリギリ間に合いました。

Pick up!

カレンデュラオイル・画像

まめみるママのイチオシ! オイル

カレンデュラオイル

会陰マッサージや、乳頭ケアに使えます。新生児誕生後、手を洗う機会は非常に増え、手荒れがひどくなる方もいます。カレンデュラオイルは、手荒れケアとしても活用できますのでオススメです。

料金:2,272円(税込)