教育・受験

進研ゼミとZ会を比較!中学受験の家庭学習におすすめなのはどっち?

Written: 長尾 尚子

更新日:

メインビジュアル

メインビジュアル

進研ゼミとZ会を比較!中学受験するならどっちがおすすめ?

中学受験の学習が本格的にスタートするのは、小学校の3~4年生から。
しかし、できればそれ以前に、基礎的な学力を子供に身につけてほしいと願っている保護者の方は多いのではないでしょうか?
「塾へ通うほどではないけれど、できる準備をしておきたい」という場合は、中学受験を視野に入れたカリキュラムを提供している通信教育を活用するのがおすすめです
家庭での自主学習を基本とする通信教育は、きちんと日々の勉強に取り組むことで、子供の学力をサポートできるのはもちろん、子供が自ら学ぶ習慣を作る上でも役立ちます。

通信教育として知名度の高い「進研ゼミ」と、ハイレベルな教材で知られる「Z会」は、どちらも中学受験の対策講座を提供している通信教育の1つ。
そこで今回は、進研ゼミとZ会を比較し、学習システムや料金、中学受験対策の違いを解説します。どちらも紙の教材とタブレット学習を提供しているので、それぞれの学習スタイルの違いもチェックしておきたいポイント。
中学受験の準備をするために家庭での学習を進めたいと考えている保護者の方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

進研ゼミ 小学講座とZ会 小学生向けコースを比較

進研ゼミ 小学講座 Z会 小学生向けコース
学べる教科 【チャレンジタッチ・チャレンジ共通】
国語、算数、英語、理科、社会、プログラミング、実力診断テスト、無学年学習
【考える力・プラス 中学受験講座】
※有料オプション講座
国語、算数、理科、社会
【小学生コース】
国語、算数、理科、社会、英語(または思考・表現力)、プログラミング
【小学生タブレットコース】
国語、算数、理科、社会、英語、みらいたんけん学習(未来探究学習、総合学習)、プログラミング教材、実力テスト
【中学受験コース】
国語、算数、理科、社会
月額料金
(税込)※
3,180~5,830円
※有料オプション講座:4教科セット6,946円/月
※<チャレンジタッチ>はタブレット代9,900円(6ヶ月以上の継続受講で無料)
3,444~21,736円
使用する
教材
【チャレンジタッチ】
専用タブレット端末(チャレンジパッド)
【チャレンジ】
紙教材、英語学習用機器
【考える力・プラス 中学受験講座】
紙教材
【小学生コース】
紙教材
【小学生タブレットコース】
iPadほか対応タブレット端末
【中学受験コース】
紙教材とタブレット端末を併用
教材の難易度 標準~やや難しい やや難しい~難しい
中学受験対策
  • 4年生より有料オプション講座「考える力・プラス 中学受験講座」を提供。全国の私立・国立中学校の合格実績あり。
  • コース別教材の難易度を「挑戦(応用)コース」にすることで中学入試レベルの問題に挑戦できる(追加受講料不要)
  • 3年生より「中学受験コース」を提供。個別指導や学習スケジュールの立案を行う「トータル指導プラン」と、塾などで手薄な箇所を重点的に強化する「要点集中プラン」から選択できる
学習サポート
  • 赤ペン先生による個別指導(チャレンジタッチ、チャレンジ共通)
  • 小学生コースは毎月の添削指導
  • 中学受験コースは個別指導に加えて受験までのスケジュール管理やメンタルサポート、受験情報も提供
  • 保護者用スマホアプリで学習状況や提出課題の結果を確認。子供とのメッセージのやり取りも可能
無料体験 【チャレンジタッチ】
WEB上でタッチの操作を体験可能。解説動画あり
【チャレンジ】
お試し教材と公式パンフレットを郵送
【小学生コース】
無料お試し教材あり
【小学生タブレットコース】
WEB上で実際の教材を体験可能
【中学受験コース】
教材サンプルをPDFで閲覧可能
  • 12か月一括払いの場合

基礎から学べてオプションで中学受験対策ができる「進研ゼミ 小学講座」

スマイルゼミ・画像

進研ゼミは、ベネッセコーポレーションが提供する通信教育講座です。サービス開始は1950年(小学講座は1980年)からと古く、保護者世代にも知名度が高い通信教育の1つ。ご自身が小学生のときに「受講していたことがある」という親御さんも多いでしょう。

現在、進研ゼミでは、従来通りの紙教材を使用する<チャレンジ>と、専用のタブレット端末(チャレンジパッド)を使って学習する<チャレンジタッチ>の2つの学習スタイルを提供しています。紙に書く学習で思考力を強化したい場合は<チャレンジ>、動画や音も使った解説で理解度を高めたい場合は<チャレンジタッチ>と差別化されており、紙教材とタブレット学習は受講の途中で切り替えることも可能です。

毎月の受講料金は<チャレンジ><チャレンジタッチ>ともに同額で、学習できる教科・教材の難易度・赤ペン先生による個別添削共に差はありません。ただし、進研ゼミが配信する「オンラインライブ授業」を視聴する場合、<チャレンジ>の受講生は、自宅のパソコンやタブレットを使用する必要があります。英語の学習も専用の学習用機器(どこでもマスター等)を使い学ぶため、家の中にテキストや付録などを増やしたくない場合は、日常の学習をタブレット1台でこなせる<チャレンジタッチ>が良いでしょう。

教材の難易度は標準レベルとなっているため、中学受験に活用する際は、有料オプション講座「考える力・プラス 中学受験講座 (4~6年生)」の追加受講がおすすめです。紙教材と映像授業で中学受験に特化した応用問題を学び、演習ワークで間違えた箇所は添削指導を受けることもできます。

また、<チャレンジ><チャレンジタッチ>は、付録のドリル(コース別教材)の難易度を「標準(基礎)」と「挑戦(応用)」の2段階から選択でき、より高度な問題へのアプローチが可能となっています。

その他、課題を提出するごとにポイントがたまり、好きなアイテムと交換できるなど、子供が楽しみながら学習できる工夫がある点も、長年知名度と人気を誇っている通信教育ならでは。
教科書に準拠した内容を確実に理解し、家庭学習の習慣を身につけてから受験対策に着手したい場合におすすめの通信教育でしょう。

進研ゼミはこんな子におすすめ!
  • まずは家庭学習の習慣を身につけたい
  • 学校の授業をしっかり理解できるようにしたい
  • 個別指導をしてほしい
  • ポイントを集めてプレゼントをもらえる等ゲーム要素が好き

進研ゼミ 小学講座

  • キャプチャ
  • キャプチャ
  • キャプチャ

出典:進研ゼミ公式サイト

対象学年

対象学年 小学1年生~6年生
※他、こどもちゃれんじ(年少、年中、年長)、中学講座(1~3年生)、高校講座(1~3年生)あり

月額料金(税込)※12か月一括払いの場合

標準クラス
1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生

※考える力・プラス中学受験講座:

※考える力・プラス中学受験講座:

※考える力・プラス中学受験講座:
  • 専用タブレット代:9,900円(6か月以上の受講継続で無料)
  • チャレンジパッドサポートサービス:3,600円/年

進研ゼミ 比較ポイント

学習時間の目安 1教科1回15~60分(学年、コース選択、オプション講座の有無により異なる)
おもな学習コース
  • チャレンジタッチ……専用タブレット(チャレンジパッド)を使用するタブレット学習。配信される「コース別教材」の難易度をタブレット内で設定できる(4年生以降は教科ごとのレベル設定も可能)。
  • チャレンジ……紙のテキスト中心の通信教材。「コース別教材(ドリル)」の難易度を「標準(基礎)コース」と「挑戦(応用)コース」から選択できる。
資料請求・お試し 【チャレンジタッチ】
WEB上でタッチの操作を体験可能。解説動画あり
【チャレンジ】
お試し教材と公式パンフレットを郵送
進研ゼミのメリット
  • 学習スタイルをタブレット学習と紙教材から選択できる。受講途中のスタイル変更も可能
  • 赤ペン先生による個別指導(チャレンジパッド、チャレンジ共通)
  • オンラインライブ授業を受講可能
  • コース別教材(付録教材・ドリル)で応用・発展問題に取り組める
  • 有料オプション講座「考える力・プラス 中学受験講座(4~6年生)」で中学受験対策も可能

進研ゼミ 小学講座公式サイトへ行く

塾なしでの中学受験にも応えられるハイレベルな教材が特徴の「Z会」

Z会・画像

Z会は、難関校受験に圧倒的な強みを持つ通信教育講座です。創業は1931年(小学生コースは1999年)と歴史のある通信教育の1つで、質の高いカリキュラムと、難関中学の合格実績は、他を大きく上回ります。

紙の教材で書く学びを重視する「小学生コース」と、自宅にあるiPad等のタブレットを使って学ぶ「小学生タブレットコース」があり、どちらも教科書に対応した学習が可能
小学生コースは、2年生以降の教材の難易度を「ハイレベル」「スタンダード」から選択できます(ハイレベルは追加料金あり)。また、間違った箇所を添削指導で詳しく解説し、理解の幅を広げるため、より深い学びが可能。記述式の問題も多いため、中学受験を検討している場合は1年生時から小学生コースを選択すると良いでしょう

小学生タブレットコースの場合は、記述量では小学生コースに劣るものの、まとめテストのあとの「プラス学習」で教科書のレベルを超えた発展問題(小学生コースと同等のレベル)に挑戦できます。映像や音声による解説のほうが理解しやすい場合は、タブレットコースで実力をつけるのも1つの方法。小学生コースと比較すると、月額費用が割安な点もメリットです。

中学受験対策としては、2つのコースとは別に、3年生から6年生を対象とした「中学受験コース」を提供しています。受験までのスケジュール管理や個別指導、受験生や保護者のメンタルサポート等を受けられる「トータル指導プラン」は、志望校にあわせて3年間の取り組みをアドバイスしてくれるので、塾なしで中学受験を目指す場合は特に注目度の高い講座です。

なお、中学受験コースの学習スタイルは、紙の教材とタブレット学習とを併用するため、自宅にiPad等のタブレット端末がない場合は別途用意(もしくはZ会で購入)する必要があります。
Z会の教材の難易度は、教科書に準拠している小学生コース・小学生タブレットコースであっても高めに設定されているため、学校のテストである程度の点数を取れる子供や、自主学習の習慣が身についている子供のほうが継続しやすいでしょう。

Z会はこんな子におすすめ!
  • 家庭学習の習慣はおおむね身についている
  • 中学受験のために難易度の高い教材にチャレンジしたい
  • 塾なしでの中学受験を考えており、学習をサポートしてほしい
  • 自宅にiPadとタッチペンがある(もしくは購入できる)

Z会 小学生向けコース

  • キャプチャ
  • キャプチャ
  • キャプチャ

出典:Z会 小学生向けコース公式サイト

対象学年

対象学年 小学1年生~6年生
※中学受験コースは小学3年生~6年生

月額料金(税込)※1

小学生コース
1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
4,598円~ 4,807円~ 6,736円~ 7,364円~ 8,455円~ 9,240円~
小学生タブレットコース ※2
1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
中学受験コース ※3
1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
15,048円 16,720円 20,900円 21,736円
  • いずれも12か月一括払い
  • 小学生コース3~6年生は本科・5教科セットの場合
  • 中学受験コース3~6年生はトータル指導プラン・4教科選択の場合

Z会 比較ポイント

学習時間の目安 1日あたり10~150分(学年、コース選択により異なる)
おもな学習コース
  • 小学生コース……紙の教材で学ぶ1~6年生対象のコース。2年生以降は難易度を「スタンダード」「ハイレベル」から選択可能。3年生以降は1教科から受講できる。カリキュラムは教科書に準拠。
  • 小学生タブレットコース……iPad等、自宅にあるタブレット端末を利用して学ぶ1~6年生対象のコース。主要5教科(1,2年生は国、算、英)と総合学習、プログラミング学習をセット受講できる。カリキュラムは教科書に準拠。
  • 中学受験コース……難関校・最難関校受験をターゲットにした3~6年生対象のコース。紙教材とタブレット教材で学ぶ。個別指導や各種サポートを提供する「トータル指導プラン」と、塾などと併用する場合のインプットに主眼を置いた「要点集中プラン」の2プランから選択可能。1教科から受講できる。
資料請求・お試し 【小学生コース】
無料お試し教材あり
【小学生タブレットコース】
WEB上で実際の教材を体験可能
【中学受験コース】
教材サンプル(PDF)を公式サイト上で閲覧可能
Z会のメリット
  • 紙の教材とタブレット学習を選べる。受講中のコース変更も可能(手続締切日までに申請)
  • 小学生コース(2年生以上)は、教材の難易度をスタンダードとハイレベルから選択可能
  • 中学受験コースでは、個別学習指導や受験までのスケジュール管理、情報提供等のサポートを実施。最難関校も視野に入れたハイレベルな学習に対応している。
  • 小2・小3向けに『中学受験が気になったら読む本』を無料プレゼント中

Z会 小学生向けコース公式サイトへ行く

進研ゼミとZ会は難易度・サポート体制が異なる。お試し教材で子供に合ったものを選ぼう

どちらも通信教育として知名度が高い「進研ゼミ」と「Z会」、両者を比較すると、特に異なっているのは教材の難易度と中学受験のサポート体制であることがわかります。
進研ゼミは、標準レベルの講座を中心に提供しており、学校の教科書の内容をしっかり身につけ、家庭での学習習慣を作るのに向いています。紙教材とタブレット教材では、英語講座やオンラインライブ授業を受講する上でタブレット学習の利便性が高め。有料オプションの中学受験講座は4教科セットで4~6年生まで同額料金で受講できる一方で、スケジュール管理などの個別サポートはありません。

Z会は、通常講座は教科書に対応した内容となっているものの、紙教材・タブレット教材ともに応用問題の比重が高く、全体的な難易度は高くなっています。紙教材とタブレット教材を比較すると紙教材のほうが、記述量が多く添削指導も付いているので、中学受験を視野に入れている場合は、紙教材の受講がおすすめ
また、3年生から選択できる中学受験コースは、志望校の受験にしっかりと照準を合わせたカリキュラムと個別指導体制が整っているので中学受験に挑戦する家庭にとって非常に心強いでしょう

進研ゼミもZ会も、紙教材・タブレット教材の両方を無料でお試しできます。どちらを受講するか迷った場合は、それぞれの教材を子供と一緒にチェックし、一番合ったものを選びましょう。

進研ゼミ 小学講座とZ会 小学生向けコースを比較

進研ゼミ 小学講座 Z会 小学生向けコース
学べる教科 【チャレンジタッチ・チャレンジ共通】
国語、算数、英語、理科、社会、プログラミング、実力診断テスト、無学年学習
【考える力・プラス 中学受験講座】
※有料オプション講座
国語、算数、理科、社会
【小学生コース】
国語、算数、理科、社会、英語(または思考・表現力)、プログラミング
【小学生タブレットコース】
国語、算数、理科、社会、英語、みらいたんけん学習(未来探究学習、総合学習)、プログラミング教材、実力テスト
【中学受験コース】
国語、算数、理科、社会
月額料金
(税込)※
3,180~5,830円
※有料オプション講座:4教科セット6,946円/月
※<チャレンジタッチ>はタブレット代9,900円(6ヶ月以上の継続受講で無料)
3,444~21,736円
使用する
教材
【チャレンジタッチ】
専用タブレット端末(チャレンジパッド)
【チャレンジ】
紙教材、英語学習用機器
【考える力・プラス 中学受験講座】
紙教材
【小学生コース】
紙教材
【小学生タブレットコース】
iPadほか対応タブレット端末
【中学受験コース】
紙教材とタブレット端末を併用
教材の難易度 標準~やや難しい やや難しい~難しい
中学受験対策
  • 4年生より有料オプション講座「考える力・プラス 中学受験講座」を提供。全国の私立・国立中学校の合格実績あり。
  • コース別教材の難易度を「挑戦(応用)コース」にすることで中学入試レベルの問題に挑戦できる(追加受講料不要)
  • 3年生より「中学受験コース」を提供。個別指導や学習スケジュールの立案を行う「トータル指導プラン」と、塾などで手薄な箇所を重点的に強化する「要点集中プラン」から選択できる
学習サポート
  • 赤ペン先生による個別指導(チャレンジタッチ、チャレンジ共通)
  • 小学生コースは毎月の添削指導
  • 中学受験コースは個別指導に加えて受験までのスケジュール管理やメンタルサポート、受験情報も提供
  • 保護者用スマホアプリで学習状況や提出課題の結果を確認。子供とのメッセージのやり取りも可能
無料体験 【チャレンジタッチ】
WEB上でタッチの操作を体験可能。解説動画あり
【チャレンジ】
お試し教材と公式パンフレットを郵送
【小学生コース】
無料お試し教材あり
【小学生タブレットコース】
WEB上で実際の教材を体験可能
【中学受験コース】
教材サンプルをPDFで閲覧可能
  • 12か月一括払いの場合

口コミを投稿する

口コミ採用でもれなくMACHI caféドリンク(S)をプレゼント!(口コミ採用について

あわせて読みたい