中学生の夏休みの勉強法 -中学1年&中学2年編 学力アップ事例つき-

働くママ +(プラス) PICKUP

小学生までは予習・復習なしで勉強についていけていたという人も、中学生になるとそう簡単にはいきません。また、部活に取り組んでいる中学生であれば、日々の部活の疲労もあり、なおさら勉強のハードルは上がります。

以前と同じようにはいかない勉強の壁を、中学1年で感じる人もいれば、さらに勉強のレベルが上がる中学2年で感じる人もいるでしょう。

そしてそれを多くの中学生が実感するのは一学期の勉強であり、期末テストの結果です。

もしその結果あまり良くなかったという人は、夏休みに入るタイミングが勉強の壁を乗り越えるチャンス。この機会に自分自身の勉強法を見直しましょう。

夏休みの間に自分なりの勉強のリズムを見つけることができれば、中学1年生も2年生も2学期から自信を持って授業に臨むことができるようになるはずです。また2年生はこれから先スタートする高校受験の良いスタートにもなるでしょう。

そこで本特集では、中学1年生と中学2年生の夏休みの勉強法を解説。特に近年人気が急上昇しているタブレット教材に注目し、実際に学力がアップした事例についてもご紹介しているので、夏休みの勉強法に悩んでいる中学生は是非チェックしてみてください。

中学生の夏休みの勉強法を比較

中学生の夏休みの勉強法には、様々な選択肢があります。代表的な方法としては、紙のテキストを購入する方法、人気が急上昇しているタブレット教材を活用する方法、塾の夏期講習を活用する方法が考えられます。

以下にそれぞれの選択肢を5つの軸で評価しました。

紙のテキストの評価

タブレット教材の評価

塾の夏期講習の評価

それぞれの学習方法に一長一短がありますが、現時点で最もバランスが取れており、弱点が少ないのがタブレット教材を使用した勉強法です。

特に数あるタブレット教材の中でもトップクラスのシェアと実績を誇るスマイルゼミは、中学生から高い評価を獲得しています

以下はスマイルゼミ中学生コースの特徴をまとめたものです。

スマイルゼミ 中学生コース

全9教科の学習に対応したタブレット教材。受講生一人一人の得意・不得意を分析し、オーダーメイド型の学習プランを作成、学力アップをサポートする。

また定期テスト対策に加え入試対策にもしっかり対応。難関校を目指す中学生には学校よりも進度が早く、応用問題に取り組める特進クラスも用意している。スマイルゼミの短時間に効率よく学ぶ仕組みは、夏期集中講座でも徹底されており、効率よくこれまでの復習に取り組むことができる点も嬉しい。

万一講座に満足できなかった場合は、全額返金保証も利用できるので、タブレット教材の利用に興味がある方は要チェック。

  • 夏期集中講座

    夏期集中講座のイメージ画像

    一学期に習った内容を総復習できる夏期限定の集中講座。躓いている部分分析し、一学期以前に習った内容の理解が足りていないケースに対応するため、中学2年は中学1年の内容、中学1年は小学校6年までさかのぼって復習できる。(※2018年7月27日申し込み終了)

  • 夏休み総復習パック

    夏休み総復習パックのイメージ画像

    該当する学年の最初までさかのぼってスマイルゼミを受講できる夏期限定のオプション。4月から夏休みまでの内容をしっかり学び直したいという中学生は要チェック。(2018年8月31日申し込み終了)

  • 全額返金保証

    全額返金保証のイメージ画像

    スマイルゼミへ初回入会後、講座の内容に満足できなかった場合、所定の期間内であれば、会費、タブレット代含む、全額返金を保証する制度。(※タブレット及び無線LANルーターの返却にかかる送料のみ負担)

中学1年の夏休みの勉強法

1教科15分でOK!中学校の勉強に慣れ、学習習慣を身に着けよう

女の子とタブレットの画像

初めて中学生の夏休みを迎える方の中には、小学生と中学生の勉強の違いに戸惑い、思うように一学期の期末テストで良い成績が取れなかったという方も多いはず。

小学校の勉強は授業をしっかり聞いておけば、復習せずともテストの問題が解ける子供も少なくありませんが、中学生になるとそう簡単にはいきません。

その理由は、中学校の勉強は、小学校と比較すると授業時間が長くなるだけではなく、進捗も早く、前回の授業の内容は理解したものとして進んでいくから。また授業は積み重ねが従事されるので、前回の内容をしっかり理解しておかなければ、次の単元がわからなくなってしまいます。

つまり中学校の勉強は毎日短時間でも復習を行う時間が重要になるのです。

中学1年の夏休みの勉強は、1学期の復習に取り組むとともに、この毎日短時間でも復習(勉強)する習慣を付ける絶好の機会です。最初は1日1教科15分~20分、5教科1時間15分~40分で充分。大切なのは毎日取り組むこと、そして学習習慣をつけること。

朝食の待ち時間のイメージ画像

朝起きて服を着替え、ご飯を待つ間、ご飯が終わって部活に行くまでの間、部活から帰り、ご飯を待つまでの間などなど、忙しい日々の中でもすきま時間は必ずあります。

また学習習慣をつけるためには、できる限り毎日同じ時間に勉強することも大切です。すきま時間ならいつでも良いという訳ではなく、決まった時間に取り組むよう心掛けましょう。

以下は中学生の夏休みの勉強スケジュール例です。スケジュール作りに悩んでいる方は参考にしてみてください。

中学1年の夏休みの勉強スケジュール

部活なしのタイムスケジュール

午前中部活ありのスケジュール

中学生の夏休みの勉強法を比較でもご紹介したタブレット教材のスマイルゼミも、1教科1単元約15分から勉強に取り組めるよう、構成されています。またタブレット教材であれば、ちょっとしたすきま時間に場所を問わず(※例えばリビングのソファでもOK)勉強できる点も大きな魅力

この夏休みに新しい勉強法を試してみたいという方は、試してみると良いでしょう。

中学2年の夏休みの勉強法

中学2年の夏は高校受験の分岐点。わからない点は遡ってしっかり復習するチャンス。地力を磨き志望校に合格する力を身に着けよう

考える女の子のイメージ画像

中学2年の一学期は、中学1年と比較しても勉強がぐっと難しくなります。また多くの中学生が高校受験を意識し、勉強をスタートするのもこの頃。地域によって内申点の起算時期に違いがありますが、そろそろ内申を意識し、学校生活や勉強への取り組み方を見直していく時期でもあります。

つまり中学2年の夏休みは、中学生活はもちろん、これから先の高校生活にも影響がある重要な時期と言えるのです

2年の夏休みの勉強法のポイントですが、毎日決めた時間に、決めた量、勉強するのはもちろんのこと、今の自分の苦手分野をしっかり把握し、弱点の補強を心がけると良いでしょう。

特に2年の夏休みに強化したいのが、数学と英語の2教科です。この2教科は積み重ねがベースになるため、2年になると難易度が飛躍的にアップし、勉強についていけなくなるケースが増えてきます。

文房具の画像

ここで気を付けなければいけないのが、今勉強している単元が理解できないのか、それともその前に習った単元を理解できていないから、今勉強していることがわからないのかを正しく判断するという点です。

例えば数学の連立方程式がどうしても理解できないという場合、連立方程式自体ではなく、以前習った1次方程式や文字を使った式が原因になっている可能性があります。

英語の過去進行形がわからないという場合、現在進行形や過去形の理解が不十分で、過去進行形に躓く原因になっている可能性があるのです。

この自分がわからない原因の根本はどこにあるのかを正しく把握し、その原因を取り除くことができれば、夏休みの間に学力が飛躍的にアップするだけではなく、万全の状態で2学期に備えることができます。

前述したスマイルゼミのタブレット教材が優れているのは、夏期集中講座を通じて、苦手分野の克服を分析し、過去に遡って問題の解決に取り組める点。夏期集中講座では、特に躓きやすい数学と英語に関しては、中学1年まで遡り一人一人の弱点を判定、夏休みの間にしっかり復習できるカリキュラムを用意しているので、苦手分野の克服に取り組むことができるのです。

これを紙のテキストや夏期講習で取り組むのは容易ではありません。スマイルゼミのタブレット教材が人気を集めている理由は、専用のタブレット端末が一人一人の弱点を把握し、オーダーメイドで問題を提案してくれることも大きな理由の一つでしょう。

タブレット教材で成績が上がるって本当?スマイルゼミの学力アップ事例と勉強法

ここまで中学生の夏休みの勉強法として、タブレット教材が適しているということを解説しましたが、読者の中には、タブレット教材では実際には学力が上がらないのでは?と思われる方もいらっしゃるはず。

以下は公表されているスマイルゼミ受講生の成績アップ事例と、都道府県別の受験合格先をまとめたものです。

中学2年生・イメージ

中学2年Cさん(2016年)苦手教科:社会

ほとんどテスト対策をせずに一学期の期末テストに挑み、苦手な社会で惨敗。37点という結果に。二学期期末テストには暗記カードに積極的に取り組んだ結果、80点に上昇!

Cさんの成績

Cさんが取り組んだのはこちら

スマイルゼミ中学生コース

暗記カード|社会

中学3年生・イメージ

中学3年Dさん(2016年)苦手教科:理科

中学3年の4月から少しずつスマイルゼミの入試対策講座(※通常講座に無料付帯)に取り組み、苦手と判定された講座を中心に勉強。4月に55だった偏差値が8月には58に上昇、最終的には受験前に67まで偏差値を上げ、第一志望の高校に合格!

Dさんの成績

スマイルゼミ利用者の2017年度高校合格実績※一部抜粋
東京都
  • 中央大学杉並
  • 本郷
  • 中央大学附属
  • 武蔵野北
  • 駒場
  • 東洋
  • 國學院
  • 三田 他
神奈川県
  • 柏陽
  • 光陵
  • 中央大学附属横浜
  • 横須賀
  • 神奈川総合
  • 山手学院
  • 相模原
  • 弥栄 他
愛知県
  • 時習館
  • 刈谷
  • 春日丘
  • 豊田高専
  • 天白
  • 岡崎城西
  • 旭野
  • 名城大学附属 他
大阪府
  • 近畿大学附属
  • 桃山学院
  • 春日丘
  • 泉陽
  • 箕面
  • 清教学園
  • 八尾
  • 上宮 他
福岡県
  • 東筑
  • 福岡
  • 小倉
  • 福岡工業大学附属城東
  • 福岡大学附属大濠
  • 京都
  • 福岡中央
  • 戸畑 他

全国の2017年合格実績(スマイルゼミ入試対策講座受講者)

北海道・東北
北海道
  • 札幌北
  • 札幌第一
  • 札幌光星
  • 北海
  • 釧路高専
  • 帯広三条
  • 札幌手稲
  • 旭川北
  • 旭川高専
  • 札幌藻岩
  • 大麻
  • 網走南ヶ丘
  • 北見柏陽
  • 駒澤大学附属苫小牧
青森県
  • 八戸
  • 八戸東
  • 八戸高専
  • 弘前南
  • 八戸工業大学第二
  • 八戸北
山形県
  • 米沢興譲館
  • 鶴岡南
  • 山形北
  • 酒田東
  • 寒河江
  • 山形城北
  • 鶴岡高専
岩手県
  • 盛岡中央
  • 花巻北
  • 盛岡北
  • 水沢
  • 黒沢尻北
宮城県
  • 仙台第二
  • 仙台第一
  • 聖ウルスラ学院英智
  • 仙台向山
  • 尚絅学院
  • 仙台高専
  • 東北学院
  • 仙台三桜
  • 東北
  • 富谷
  • 仙台東
福島県
  • 磐城
  • 磐城桜が丘
  • 福島東
  • 日本大学東北
関東
東京都
  • 中央大学杉並
  • 本郷
  • 中央大学附属
  • 武蔵野北
  • 駒場
  • 東洋
  • 國學院
  • 三田
  • 竹早
  • 立川
  • 玉川学園高等部
  • 東京農業大学第一
  • 桐朋女子
  • 宝仙学園共学部
  • 東京高専
  • 文化学園大学杉並
  • 豊多摩
  • 日野台
  • 拓殖大学第一
  • 淑徳
  • 成立学園
  • 多摩科学技術
  • 青稜
神奈川県
  • 柏陽
  • 光陵
  • 中央大学附属横浜
  • 横須賀
  • 神奈川総合
  • 山手学院
  • 相模原
  • 弥栄
  • 市ヶ尾
千葉県
  • 千葉東
  • 佐倉(普通)
  • 佐倉(理数)
  • 麗澤
  • 八千代
  • 市立稲毛
  • 日大習志野
  • 市原中央
  • 長生
  • 幕張総合
  • 二松學舎大学附属柏
  • 日出学園
  • 成東
  • 松戸国際
  • 国分
  • 八千代松陰
  • 千葉敬愛
  • 専修大学松戸
  • 成田
埼玉県
  • 大宮
  • 越谷北
  • 不動岡
  • 淑徳与野
  • 昌平
  • 武南
  • 埼玉栄
  • 熊谷女子
  • 山村学園
  • 熊谷西
  • 春日部共栄
  • 開智
  • 本庄東
茨城県
  • 土浦第一
  • 常総学院
  • 下館第一
  • 水城
  • 土浦日本大学
  • 東洋大学附属牛久
栃木県
  • 宇都宮女子
  • 白鷗大学足利
  • 作新学院
  • 宇都宮中央女子
  • 鹿沼
  • 宇都宮短大附属
  • 宇都宮文星女子
  • 大田原
  • 國學院栃木
  • 小山
群馬県
  • 前橋南
  • 太田東
  • 樹徳
  • 高崎商科大学附属
  • 前橋育英
  • 高崎健康福祉大学高崎
  • 渋川
中部
愛知県
  • 時習館
  • 刈谷
  • 春日丘
  • 豊田高専
  • 天白
  • 岡崎城西
  • 旭野
  • 名城大学附属
  • 知立東
  • 安城東
  • 大成
  • 愛知工業大学名電
  • 一宮南
  • 向陽
  • 千種
  • 瑞陵
静岡県
  • 浜松北
  • 浜松西
  • 沼津高専
  • 浜松市立
  • 静岡学園
  • 静岡東
  • 三島北
  • 伊豆中央
  • 富士東
  • 浜松学芸
  • 加藤学園暁秀
  • 沼津西
  • 日本大学三島
岐阜県
  • 岐阜
  • 岐阜高専
  • 美濃加茂
  • 大垣日本大学
  • 鶯谷
新潟県
  • 三条
  • 新潟江南
  • 新潟第一
山梨県
  • 北杜市立甲陵
長野県
  • 松本深志
  • 長野
  • 長野高専
  • 飯田
  • 長野日本大学
  • 屋代
  • 伊那北
  • 松商学園
  • 長野清泉女学院
富山県
  • 呉羽
石川県
  • 金沢桜丘
  • 金沢高専
福井県
  • 武生
  • 仁愛女子
  • 福井商業
  • 羽水
  • 福井工業大学附属福井
近畿
大阪府
  • 近畿大学附属
  • 桃山学院
  • 春日丘
  • 泉陽
  • 箕面
  • 清教学園
  • 八尾
  • 上宮
  • 追手門学院
  • 帝塚山学院泉ヶ丘
  • 清風
  • 早稲田摂陵
  • 同志社香里
  • 浪速
  • 桜塚
  • 登美丘
兵庫県
  • 小野
  • 姫路西
  • 雲雀丘学園
  • 関西学院
  • 北須磨
  • 滝川第二
  • 夢野台
  • 東洋大学附属姫路
  • 神戸学院大学附属
  • 須磨学園
  • 仁川学院
  • 須磨東
京都府
  • 京都教育大学附属
  • 城南菱創
  • 京都女子
  • 大谷
  • 山城
奈良県
  • 奈良
  • 帝塚山
  • 奈良育英
  • 市立一条
  • 橿原
三重県
  • 鈴鹿高専
  • 高田
  • 津西
  • 桑名
  • 松阪
  • 三重
  • 鈴鹿
  • 神戸
  • 近畿大学高専
和歌山県
  • 桐蔭
  • 開智(SⅠ類)
  • 開智(Ⅰ類)
  • 向陽
  • 初芝橋本
  • 和歌山高専
中国・四国
広島県
  • 如水館
  • 近畿大学附属広島東広島校
  • 広島井口
  • 武田
岡山県
  • 岡山朝日
  • 就実
  • 岡山白陵
  • 岡山城東
  • 岡山一宮
  • 岡山学芸館
  • 笠岡
山口県
  • 徳山高専
  • 宇部
  • 防府
  • 野田学園
  • サビエル
  • 岩国
  • 大島商船
鳥取県
  • 米子高専
島根県
  • 松江高専
愛媛県
  • 新居浜高専
香川県
  • 高松西
  • 大手前高松
  • 英明
徳島県
  • 徳島市立
  • 富岡西
  • 城東
高知県
  • 高知追手前
  • 高知西
九州・沖縄
福岡県
  • 東筑
  • 福岡
  • 小倉
  • 福岡工業大学附属城東
  • 福岡大学附属大濠
  • 京都
  • 福岡中央
  • 戸畑
熊本県
  • 第一
  • 熊本学園大学附属
大分県
  • 大分舞鶴
  • 大分
  • 東九州龍谷
佐賀県
  • 佐賀清和
長崎県
  • 長崎北陽台
  • 長崎北
宮崎県
  • 宮崎西
  • 宮崎第一
  • 延岡
  • 日向学院
  • 宮崎日本大学
鹿児島県
  • 志學館
  • 鹿児島純心女子
  • 鳳凰
沖縄県
  • 沖縄高専
  • 那覇国際

閉じる

スマイルゼミ利用者の2018年度高校合格実績※一部抜粋
東京都
  • 日比谷
  • 東京学芸大学附属
  • 早稲田実業
  • 早稲田大学高等学院
  • 国際基督教大学(ICU)
  • 本郷
  • 中央大学
  • 桐朋
  • 青山学院高等部 他
神奈川県
  • 柏陽
  • 金沢
  • 横浜サイエンスフロンティア
  • 川和
  • 多摩
  • 小田原
  • 法政国際
  • 法政第二
  • 山手学院(理数)
  • 山手学院(普通)
  • 桐光学園
  • 鎌倉学園 他
愛知県
  • 明和
  • 時習館
  • 向陽
  • 瑞陵
  • 半田
  • 豊田西
  • 愛知
  • 中部大学春日丘
  • 愛知工業大学名電
  • 西春
  • 岡崎北
  • 昭和
  • 名古屋
  • 横須賀
  • 名城大学附属 他
大阪府
  • 大教大附属天王寺
  • 四天王寺(理数)
  • 桃山学院(S英数)
  • 明星(文理選抜)
  • 生野
  • 四天王寺(英数)
  • 四條畷
  • 春日丘
  • 千里
  • 関西大学第一
  • 初芝富田林
福岡県
  • 修猷館
  • 福岡大学附属大濠
  • 東筑
  • 福岡
  • 自由ケ丘(スーパー特進)
  • 西南学院
  • 春日
  • 九州国際大学付属(S特進)
  • 久留米高専
  • 北九州高専 他

まとめ

今回の働くママ プラスの特集は「中学生の夏休みの勉強法 -中学1年&中学2年編 学力アップ事例つき-」と題して、中学1年生には夏休みに学習習慣をつけるための方法を、中学2年生には、タブレット教材のスマイルゼミを活用し、夏休みの間に苦手な勉強を克服する方法をご紹介しました。

また今回の特集で編集部がおすすめしているタブレット教材の効果を解説するため、実際にタブレット教材を利用し、勉強に取り組み、学力がアップした事例と全国の高校の合格実績も併せてご紹介しています。

中学生の夏休みは、大きく変わるチャンスです。「一学期の期末テストの結果が良くなかったので、しっかり復習したい」「部活と勉強を両立させ、学習習慣をつけたい」「今年の夏休みから受験勉強にしっかり取り組みたい」等々、夏休みに目標を設定し、その目標をクリアすることができれば、間違いなく自信になります

本特集の内容も参考に、自分に合った勉強法に取り組むことでこの夏自信をつけ、良い形で二学期のスタートを切りましょう。