共働き家庭におすすめの住宅ローン

暮らしを考える

Written By 働くママ編集部

共働き家庭におすすめの住宅ローン 共働き家庭におすすめの住宅ローン

共働き世帯におすすめのの住宅ローン:ペアローンと収入合算の違いとは?

共働き世帯が住宅を購入するの場合、夫婦の収入を合算することで借入可能額を増やし、希望の物件を購入したいと考える方も少なくありません。夫婦の収入を合算して住宅ローンを組むには「ペアローン」と「収入合算」という2つの方法があります。まずは、それぞれの方法のメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

ペアローン

夫婦がそれぞれの名義で住宅ローンの借り入れ手続きを行い、夫と妻それぞれが個別に返済をおこなう方法。(※それぞれが相手の債務に対する連帯保証人になる)

メリット
収入合算よりも借入可能額が増えるケースが多い
夫と妻ふたりで住宅ローン控除を受けることができる
デメリット
契約手続きが二人分になるため、住宅ローンを借り入れるための手続きと、そこにかかる作業量と費用が倍になる
出産、育児、介護などで片方が仕事を辞めたときに、一方の住宅ローンの返済ができなくなるリスクがある
万が一離婚した場合に住宅の取り扱いをどうするか、話し合っておく必要がある

収入合算

契約者の年収だけで借入ができない場合に、配偶者や親などの収入を合算して借入金額を増やす方法。(※夫婦どちらかのみでの単独名義で契約する)

メリット
契約の手続き・諸費用が一人分で済む
住宅ローン名義者が死亡または高度障害になった場合はローンが完済される
デメリット
ペアローンよりも借入可能額が少なくなるケースが多い

共働きにおすすめの住宅ローン

住信SBIネット銀行 住宅ローン

住信SBIネット銀行 住宅ローン画像

JCSI(日本版顧客満足度指数)「銀行業種」で7年連続第1位を獲得している住信SBI銀行の住宅ローン。固定金利・変動金利ともに業界トップクラスの低金利を実現しているだけでなく、保証料無料、繰り上げ返済手数料は1円から何度でも無料と利便性が高い。さらに、8疾病保障(女性の場合は加えてがん診断給付金)を無料付帯できる点も大きな魅力。

ペアローンを利用する場合、借入金額はそれぞれ500万円以上(合計1,000万円以上)から可能。住宅ローン金利、一部繰り上げ返済、保障内容など総合的に高い実力を持つおすすめの住宅ローン。

変動金利
(※2018年12月現在)
借入可能期間
1年~35年
変動金利
0.457% ※新規借入(通期引下げプラン)
0.428% ※借換え(通期引下げプラン)
固定金利
(※2018年12月現在)
固定期間
2年~35年
固定金利(当初引下げプラン)
当初5年固定:0.56%
当初10年固定:0.81%
当初30年固定:1.41%
借入可能額 500万円~1億円
保証料 無料
おすすめポイント
  • 業界トップクラスを誇る低金利
  • 団信・8疾病病の保険料無料(※女性はガン診断給付金も基本付帯)
  • 保証料無料
  • 一部繰り上げ返済は1円~、手数料も無料

住信SBIネット銀行住宅ローンをチェック

新生銀行 住宅ローン

新生銀行 住宅ローン画像

低金利と利便性の高さで注目を集めている新生銀行の住宅ローン。繰り上げ返済手数料、団信保険料、保証料無料など、利用者の視点に立ったサービスを提供。さらに、2014年日経優秀製品・サービス賞 最優秀賞を受賞した「安心パックW(ダブル)」は、要介護状態になった場合に介護保険金が支払われる「安心保証付き団信」、繰り上げ返済で返済期間を短縮した場合に元本を据え置いて、月々の支払を利息のみにできる「コントロール返済」のほか、病児保育サービス、家事代行サービスも付帯。

充実したアフターサービスで共働き世帯・子育て世帯におすすめの住宅ローン

変動金利
(※2018年12月現在)
借入可能期間
5年~35年
変動金利
0.600%
固定金利
(※2018年12月現在)
固定期間
1年~35年
固定金利
当初5年固定:0.980%
当初10年固定:1.050%
当初20年固定:1.600%
借入可能額 500万円~1億円
保証料 無料
おすすめポイント
  • 仮審査がないため、審査手続きがスムーズ
  • 繰上げ返済手数料、団信保険料無料、保証料無料等
  • 繰り上げ返済で返済期間を短縮した場合に元本を据き、月々の支払を利息のみにすることが可能
  • 病児保育、家事代行サービスのクーポン付帯(安心パックW/地域限定)

新生銀行住宅ローンをチェック

ソニー銀行 住宅ローン

ソニー銀行 住宅ローン画像

インターネット銀行で最初に住宅ローンを取り扱ったソニー銀行の住宅ローン。最大の特徴は、固定と変動金利の乗り換えが自由にできる点。金利は通常より高めに設定されているが、特定の条件(自己資金が10%以上)を満たす場合は、住宅ローンが大幅に優遇される。さらに、保証料、団信保険料、繰り上げ返済手数料、返済口座への資金移動無料など利用者に嬉しいサービスが充実。

ペアローンの利用は、夫婦それぞれの年収400万円以上が条件となっている。一定の収入があり、頭金をしっかり準備できる共働き世帯は要チェックの住宅ローン

変動金利
(※2018年12月現在)
借入可能期間
1年~35年
変動金利(変動セレクト住宅ローン・新規購入で自己資金10%以上の場合)
0.457% ※変動セレクト住宅ローン
固定金利
(※2018年12月現在)
固定期間
2年~35年
固定金利(変動セレクト住宅ローン・新規購入で自己資金10%以上の場合)
10年固定:1.080%
30年固定:1.748%
借入可能額 500万円~1億円
保証料 無料
おすすめポイント
  • 固定金利・変動金利の乗り換え自由
  • 繰上げ返済手数料、団信保険料、保証料無料
  • 返済口座への資金移動無料
  • 申込から契約までネット上で手続きを完結できる

ソニー銀行住宅ローンをチェック

「共働き家庭におすすめの住宅ローン」特集はいかがでしたか?共働き世帯の増加に伴い、ペアローンや収入合算の住宅ローンを利用する人が増えています。住宅ローンは契約する銀行や組み方によって数百万円という大きな差がでます。本特集を参考に、金利だけではなく、保証料、繰り上げ返済手数料、保障内容など総合的にみてご家庭の状況に合った住宅ローンを見つけてくださいね。

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について