小学生の習い事費用の相場は?ピアノ、バレエ、水泳など人気の習い事の目安はいくら?

育児を考える

Written By 長尾 尚子

小学生の習い事費用 小学生の習い事費用

子供がある程度の年齢になると、習い事をさせるべきか悩む保護者の方は多いでしょう。お友達に誘われ、子供自身が「やりたい」と言い出す場合もあり、本人の希望はできるだけ叶えてあげたいと思うのが親心。
しかし、今後の進学費用や将来の蓄えのことを考えると、習い事にどの程度までかけてよいのか一応の目安を把握しておいたほうが安心です。
そこで今回は、「小学生の習い事費用」をテーマに、家計に占める習い事費用の割合や習い事の費用を抑えるコツ、今どきの子供におすすめの習い事について解説します。

contents

小学生の習い事費用の平均はいくら?

文部科学省「子供の学習費調査」によると、子供の習い事費用(その他の学校外活動費)は、公立小学校の小学生で年間131,982円(私立は298,504円)。月あたりの換算で約1.1万円(同約2.5万円)になります。これに塾や家庭教師の費用(補助学習費)も合わせると、年間214,451円(同646,889円)となり、月あたりの金額は約1.8万円(同5.4万円)。
中学生以降は、公立・私立とも習い事の費用が下がる代わりに塾や家庭教師費用のほうが家計に占める割合が大きくなります。

子供の習い事費用 (その他の学校外活動費)

子供の習い事費用

※出典:平成30年度 子供の学習費調査-結果の概要(文部科学省)

子供の習い事費用は手取り収入の5%が目安

子供の習い事費用は、手取り収入の5%以内が目安と言われています。手取りの年収が400万円であれば、習い事に使える予算は年間20万円ほど。月あたりで換算すると約1.6万円になります。兄弟がいる場合は、この金額を子供の人数によって分けるようにしましょう。

文部科学省の「子供の学習費調査」を見ても、公立小学校の小学生の習い事費用は、おおよそ年収の5%以内に収まっています。ただし、中学生以降は学習塾や家庭教師の費用(補助学習費用)がかかりはじめるため、塾と習い事を合わせた教育費(学校外活動費)が収入の5%を超えるケースもめずらしくありません。子供が大きくなったときの出費増に備えるため、あまり小さなうちから沢山の習い事をさせすぎないことも大切です。

年収別の子供の習い事費用(その他の学校外活動費)

※()内は「補助学習費」も含めた「学校外活動費」の合計

世帯年収(税込) 400万円未満 400万円~599万円 600万円~799万円 800万円~999万円 1000万円~1199万円 1200万円以上
公立幼稚園 38,000
(55,000)
54,000
(71,000)
67,000
(90,000)
87,000
(125,000)
99,000
(124,000)
135,000
(231,000)
私立幼稚園 68,000
(87,000)
84,000
(112,000)
102,000
(134,000)
153,000
(206,000)
138,000
(226,000)
228,000
(361,000)
公立小学校 83,000
(128,000)
102,000
(153,000)
133,000
(201,000)
170,000
(268,000)
191,000
(352,000)
218,000
(433,000)
私立小学校 191,000
(410,000)
191,000
(399,000)
225,000
(471,000)
253,000
(531,000)
284,000
(593,000)
356,000
(790,000)
公立中学校 44,000
(207,000)
53,000
(258,000)
62,000
(291,000)
68,000
(367,000)
63,000
(430,000)
144,000
(506,000)
私立中学校 34,000
(142,000)
91,000
(284,000)
74,000
(261,000)
112,000
(318,000)
131,000
(313,000)
133,000
(414,000)
公立高等学校
(全日制)
24,000
(104,000)
23,000
(132,000)
28,000
(170,000)
29,000
(201,000)
27,000
(307,000)
75,000
(382,000)
私立高等学校
(全日制)
37,000
(120,000)
56,000
(160,000)
50,000
(196,000)
55,000
(247,000)
59,000
(295,000)
91,000
(552,000)

※出典:平成30年度 子供の学習費調査-結果の概要(文部科学省)

小学生の習い事はどう選ぶ?人気の習い事と費用の目安&選び方

厚生労働省の調査によると、習い事をしている小学生の割合は87.7%(小学3年生の場合)と、実に9割近くの子供が何らかの習い事をしています。
習い事の種類では、男女ともに人気があるのは水泳、通信教育、英会話、習字、そろばん、ピアノ、武術など。その他にも男子は、サッカーや野球・ソフトボール、女子はバレエやダンス、体操などの人気が高いことがわかります。

小学生の習い事

人気のある習い事 ※小学3年生の場合

 
男児 女児
1位 水泳(40.0%) 音楽 … ピアノなど(39.6%)
2位 サッカー(21.1%) 水泳(34.2%)
3位 学習塾(20.4%) 通信教育(22.0%)
4位 通信教育(19.0%) 習字 … 硬筆を含む(21.9%)
5位 英会話 … 他の外国語を含む(16.4%) 英会話 … 他の外国語を含む(21.0%)
6位 習字 … 硬筆を含む(12.9%) 学習塾(20.0%)
7位 音楽 … ピアノなど(12.4%) バレエ、ダンス、舞踊(15.5%)
8位 剣道・柔道などの武術(9.6%) そろばん(9.2%)
9位 野球・ソフトボール(9.1%) 体操(8.9%)
10位 そろばん(8.1%) 剣道・柔道などの武術(3.7%)

※出典:第9回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児)の概況(厚生労働省)

人気の習い事の費用をチェックしよう

それでは人気の習い事の月額費用の目安を見てみましょう。

小学生に人気の習い事・月額費用の目安

習い事 月額費用の目安
※回数制のものは週1回
月謝以外にかかる費用 節約のポイント
水泳 4,000~9,000円 入会金、水着・ゴーグル・スイミングキャップ代など 市や区などの自治体が主催する水泳教室は割安な傾向
ピアノ 5,000~12,000円 入会金、ピアノ代、教材費、発表会参加費、ドレス代など 個人経営のピアノ教室は比較的割安な傾向
サッカー 3,000~15,000円 入会金、ユニフォーム代、サッカーシューズ代、遠征・合宿費用など 父兄が指導するサッカー教室は割安な傾向
体操 4,000~7,000円 入会金、年会費、保険料、体操着代など 自治体主催や個人経営の体操教室は割安な傾向
空手 4,000~8,000円 入会金、年会費、保険料、道着・サポーター代、昇級審査代など 学校など公共施設で行うものは割安な傾向
バレエ 6,000~10,000円 レオタード・タイツ・バレエシューズ代、発表会参加費など 個人経営のバレエスクールは比較的割安な傾向
英会話 7,000~12,000円 入会金、年会費、教材費、教室の場合は設備費など オンライン英会話は通学型の英会話教室よりも費用を抑えられる
習字 2,000~4,000円 半紙代、昇級検定費用など 書道道具は学校と併用する
そろばん 4,000~6,000円 そろばん代、検定代など 個人経営のそろばん教室は割安な傾向
学習塾 7,000~20,000円 入塾代、夏季・冬季講習代、教材代など 公文や個人経営の学習塾は割安な傾向
通信教育 2,000~7,000円 インターネット代、タブレット代など 複数の教科を習う場合はタブレット教材が割安

一般的には、同じ習い事でも大手スクールより自治体や個人が経営する教室・スクールのほうが費用は割安です。また、都市部よりも地方のほうがスクール費用を低めに抑えることができます。
上表では、多くの習い事が月額1万円以内となっており、収入と子供の人数によっては2つ、3つの習い事をかけもちできる、と感じる方も多いでしょう。
ただし、ピアノやバレエのように月謝以外にかかる費用が割高な習い事は要注意。バレエは発表会費用が1回10万円程度かかり、稽古着やバレエシューズ、舞台衣装も合わせて数万円ほどの出費となります。ピアノもバレエと比較すると安いものの、発表会・舞台衣装にかかる費用は必要。また、ピアノ本体が安くても数十万円とかなりの金額になります。男子に人気のサッカーも、ユニフォーム代のほか、遠征試合の交通費や合宿代など定期的に出費があります。
「子供の希望は叶えてあげたいけれど、予算が……」という場合は、お住まいの地域のスクールを調べ、口コミなどでかかる費用を確認した上で、個人経営のリーズナブルな教室がないかをチェックしてみましょう。

リーズナブル&これからの社会で役に立つ!小学生におすすめの習い事

習い事は子供が楽しめることが一番大切ですが、できれば大人になっても役に立つスキルを身に付けてほしい、と考える保護者の方も多いのではないでしょうか。
2020年度から小学校で必修化された「英語」と「プログラミング」は、現在人気が急上昇している習い事です。どちらもオンラインを利用して家庭学習ができ、新型コロナウイルスの感染リスクも避けられるとあって利用者が増加中。子供に特化したオンライン英会話は、バイリンガル講師や日本人講師に指導を受けられるものもあり、英語が初めての子供でも取り組みやすいのが特長です。ゲーム好きの子供であれば、「マインクラフト」を使ったプログラミングや、プロのゲーマーから「フォートナイト」などの人気ゲームを教わることができる習い事もチェックしてみましょう。
ここでは、これからの社会で役立つスキルを身に付けられるおすすめの習い事をご紹介します。

DMM英会話

DMM英会話

ネイティブや日本人講師を含む134ヵ国の講師にマンツーマンレッスンが受けられるオンライン英会話

選択するコースによって、1回25分間のレッスンを1日1~3回まで受けられる。受講料は月額6,480円(税込)から。入会金・年会費は無料。月額費用にはテキスト代も含まれており、幼児から中学生までを対象とした270以上のテキストを自由に利用できる。

英語の4技能を学べる英語学習アプリ「iKnow!」(通常1,510円/月)も無料で利用可能。受講前に2回分の無料レッスンを体験でき、登録から3日以内にスタンダードプランに入会すると、初回の月額料金が50%OFFになるキャンペーンを実施中(プラスネイティブプランはレッスンチケット3枚分をプレゼント)。

受講費用(税込)
スタンダードプラン ※115ヵ国の講師
毎日1レッスン月額6,480円
毎日2レッスン月額10,780円
毎日3レッスン月額15,180円
プラスネイティブプラン ※ネイティブ・日本人講師含む134ヵ国の講師
毎日1レッスン月額15,800円
毎日2レッスン月額31,200円
毎日3レッスン月額45,100円
無料体験レッスン あり ※2回分(1レッスン25分)

DMM英会話のサイトにいく

GLOBAL CROWN(グローバルクラウン)

GLOBAL CROWN

バイリンガル講師のマンツーマンレッスンを受けられる子供向けオンライン英会話

講師は英語・日本語ともにネイティブレベルの語学スキルを持ち、子供に英語を教えるための専門の指導研修を受けている。入会金・年会費は無料

入会時にレッスン回数と曜日・時間帯を決める「時間固定レッスン」を採用することで英語の学習習慣が身に付くほか、多くのオンライン英会話で必須の事前予約も不要となる。レッスンは月10回まで振替可能。月額費用にはレッスン時間外も使える自習アプリが含まれており、講師のレッスンと合わせて英語の4技能(話す、聞く、読む、書く)を伸ばすことができる

受講費用(税込)
月々プラン
週1回コース月額9,800円
週2回コース月額12,800円
週3回コース月額14,800円
週4回コース月額17,800円
週5回コース月額19,800円
12ヶ月プラン
週1回コース月額8,330円
週2回コース月額10,880円
週3回コース月額12,580円
週4回コース月額15,130円
週5回コース月額16,830円
24ヶ月プラン
週1回コース月額7,840円
週2回コース月額10,240円
週3回コース月額11,840円
週4回コース月額14,240円
週5回コース月額15,840円
無料体験レッスン あり ※2回分(1レッスン20分)

GLOBAL CROWNのサイトにいく

Tech Kids School(テックキッズスクール)

Tech Kids School(テックキッズスクール)

ゲームソフト開発などを手がけるIT企業・サイバーエージェントが運営する子供向けプログラミングスクール。

ゲーム作りやアプリ作りを通じて、「Scratch(スクラッチ)」「QUREO(キュレオ)」といった初歩的なプログラミング言語から「Swift」「C#」など実際の開発現場でも使われる本格的なプログラミング言語までを段階を追って学んでいく。

渋谷にある教室に通う「対面コース」と全国どこからでも受講できる「オンラインコース」があり、どちらも無料体験を実施。2~4日間の「短期コース」では、人気のゲーム「マインクラフト」を使った作品作りも体験できる。

受講費用(税込)
継続学習コース
教材費月額2,200円
受講料月額20,900円
PCレンタル(オプション)月額4,400円
短期体験コース(対面)※PCレンタル料金含む
2Daysプラン37,400円
3Daysプラン53,790円
4Daysプラン69,300円
短期体験コース(対面)※マインクラフト購入費実質無料
2日で挑戦!マイクラダンジョン攻略コース21,780円
3日で挑戦!マイクラオリジナル作品開発コース35,200円
4日で挑戦!マイクラワールド作成コース50,500円
無料体験レッスン あり ※継続学習コース(対面120分、オンライン90分)
※オンライン体験会参加後1週間以内の入会でAmazonギフト券3,000円分プレゼント

Tech Kids Schoolのサイトにいく

LITALICOワンダー

LITALICOワンダー

「IT×ものづくり」をテーマとした子供向けプログラミング教室。

プログラミング言語を使ったゲーム・アプリの制作に加えて、ブロックとプログラミングを使ったロボット製作や3Dプリンタ・レーザーカッターを利用した作品作りなど、プログラミングに留まらない様々なものづくりの楽しみに触れられる

受講費用は、入塾料(初月のみ)に加えて1回ごとに受講料がかかるシステム。利用時は月4回以上の受講が必要となる点に注意したい。対面授業とオンライン授業を実施しており、対面授業は東京、埼玉(大宮)、神奈川(川崎・横浜エリア)の17ヶ所にある教室で行う。対面・オンラインとも無料体験レッスンを実施中

受講費用(税込)
全コース共通
入塾金16,500円
ゲーム&アプリ プログラミングコース
教室受講1回(90分)5,775円~
オンライン受講1回(60分)4,400円~
ゲーム&アプリ エキスパートコース
教室受講1回(90分)6,875円~
オンライン受講1回(60分)5,500円~
ロボットクリエイトコース
教室受講1回(90分)5,775円~
オンライン受講1回(60分)4,400円~
ロボットテクニカルコース
教室受講1回(90分)5,775円~
オンライン受講1回(60分)4,400円~
デジタルファブリケーションコース
教室受講1回(90分)5,775円~
無料体験レッスン あり(対面・オンラインとも)
※デジタルファブリケーションコースは「3Dプリンタ出力サービス」利用時のみ2,200円(税込)

LITALICOワンダーのサイトにいく

ゲムトレ(eスポーツ)

ゲムトレ(eスポーツ)

プロのケームトレーナーからゲームを習うオンライン家庭教師サービス

人気のオンラインゲーム「フォートナイト(FORTNITE)」など子供でもプレイしやすいゲームを利用して上達方法を学ぶことで子供の集中力や情報処理能力、コミュニケーション能力などを高めることを目的としている

通常レッスンの他、ゲーム大会やプロゲーマーによる講義も開催。生徒同士や保護者同士の交流機会も設けられており、ゲームを軸にスキルアップと共同作業の楽しみを身に付けることができる。受講費用は入会金(初回のみ)に加えて月2~4回の受講回数に合わせた授業料がかかる。

受講費用(税込)
  • 入会金(全プラン共通)11,000円
  • ライト(月2回プラン)月額7,480円
  • スタンダード(月4回プラン)月額10,780円
  • スペシャル(月8回プラン)月額18,480円
無料体験レッスン 有料体験会のみ
※体験時の継続決定で体験会費用(1時間2,200円)が無料

ゲムトレ(eスポーツ)のサイトにいく

小学生の習い事は予算の範囲内で子供が楽しめるものを

教育費は「家計の聖域」と呼ばれ、子供のための費用は惜しまない家庭も少なくありません。
ただし、大学受験など先々を見越した場合、就学前や小学生の頃の習い事は家計の一定範囲内に抑えておくのがベター。子育て世帯は子供の進学費用が本格的にかかり始めるまでに月収の10%程度の貯蓄ができると理想的です。
手取り収入の5%という習い事費用の目安を意識しながら習い事を続けるためには、受講費用が割安な公共サービスやオンラインも活用しつつ、子供と一緒に「なにを習うか」のすり合わせを行うことが大切。
今回ご紹介した「人気の習い事」や「費用の目安」「節約のポイント」も参考に、親子で工夫をしながら子供が楽しめる習い事を見つけましょう!

Author: 長尾 尚子
フリーランスライター。得意分野は、育児・教育、住宅ローン、保険、金融、エンタメetc.。子ども3人を育児中のママでもある。【資格】消費生活アドバイザー、FP2級