ママの保険見直し講座
-実は簡単!自動車保険の見直し。節約のポイントは?-

お金を管理する

Written By 働くママ編集部

ママの保険見直し講座(自動車)・画像 ママの保険見直し講座(自動車)・画像

ママの保険見直し講座 登場人物

一郎パパ つぼみちゃん 花子ママ

佐藤ファミリー
太郎パパ 45才 つぼみちゃん 6才 花子ママ 38才

郊外に住むサラリーマン一家。あわてん坊のパパと、のんびり屋のママ、しっかり者の長女の三人家族。娘が私立小学校に入学することもあり、家計の節約がテーマ。

山田さん

山田さん
65歳

佐藤ファミリーのご近所に住む初老の男性。リタイア後は趣味の園芸とボランティアに精を出す。金融業界で長く働いており保険に詳しい。

1. 保険の見直しは節約効果大!まずは簡単に見直せる自動車保険からチャレンジ

最近、家計の節約が気になっている花子ママ。保険の見直しは節約に効果的とは聞くものの、自分一人では、どのように見直すのかも、どこから手を付ければよいのかもわかりません。 そこで、保険に詳しいと評判の、ご近所の山田さんに相談してみることに。 すると、山田さんのアドバイスは、「まずは一番簡単な自動車保険から見直してみましょう」というものでした。

自動車保険の見直しが一番簡単なんですか?

自動車保険は1年で満期になるタイプが多いので、満期のタイミングで見直せば、解約手続きも必要がなく、見直しがラクなんです。ちなみに今はどのような自動車保険に加入されてますか?

車を購入した時にディーラーで勧められた自動車保険に加入しています。毎年、満期の前に連絡が来るので、面倒でそのまま更新お願いします、みたいな…。

なるほど。よくあるケースですね。他にも、車検やメンテナンスのついでにガソリンスタンドや整備工場等で加入するケースも多いと思います。

そういう自動車保険の入り方って、あまり良くないですか?

ディーラーなどが代理店となっている自動車保険は、ほとんどの場合、大手の損保会社が引受保険会社になっているしっかりした自動車保険なので、決してそれ自体が悪いという訳ではありません。ただ、実を言うと、「見直したい」という声が多いのも、このような「代理店があいだに入るタイプの自動車保険」です。見直したい理由の一番は、やはり「保険料」ですね。このタイプの自動車保険は、見直しによる節約効果も非常に大きいです。補償内容をチェックせずにそのまま更新してしまうのは、ちょっともったいないかもしれませんね。

そうですよね・・・。うちも更新の時期になると、もうちょっと安いといいなぁ、とは思っていたので。

自動車保険の見直しには、【1】今、加入している自動車保険の補償内容を見直す方法と、【2】保険会社そのものを乗り換える方法があります。保険料の節約効果が高いのは、断然、【2】です。ただ、【1】の方法でも、ある程度は保険料を下げることができます。いきなり保険会社を乗り換えることに抵抗がある場合は、まず、補償内容の見直しを試してみると良いでしょう。

2. 実は簡単!自動車保険見直しのポイント

山田さんのアドバイスのもと、まずは自動車保険の補償の見直しから始めることにした花子ママ。
最初のステップは「保険証券」を用意することでした。自動車保険の加入時や更新時に届く「保険証券」には、現在加入している自動車保険の補償内容がすべて書いてあります
山田さんによると、保険証券の補償内容の中で、特に注目したいのは、以下の3つ

見直しポイント 運転者の「年齢条件」は?

自動車保険の保険料は、「主な運転者」(記名被保険者)の年齢によって変わります。「主な運転者」が若年者(18歳から20代前半など)や、高齢者(60代以上など)の場合は保険料が高く、30代後半から50代の運転者の場合は保険料が安くなるのが一般的。
また、運転者の「年齢条件」によっても保険料が変わります。「年齢条件」の範囲を絞るほど保険料が安くなるので、「年齢を問わず補償」となっている場合は、運転する人の年齢に合わせた「年齢条件」に変更しましょう。

見直しポイント 運転者の範囲は広すぎないか?

「運転者の範囲」は、狭ければ狭いほど保険料が安くなります。もっとも保険料が高いのは、運転者を限定しない(運転者の範囲がもっとも広い)タイプ。車を運転するのが夫婦のみなら運転者の範囲を「主な運転者とその配偶者」に限定したほうが、保険料を節約できます
ただし、同居の家族(運転者の親や子供など)も運転する場合は、範囲を「家族限定」にしましょう。ちなみに「家族限定」は、未婚であれば同居していない子供も対象になります。遠方で下宿中の子供(たまに帰省し、運転することがある等)の場合も「家族限定」でカバーすると良いでしょう。

見直しポイント 車両保険には加入する?しない?

車の修理費用等をカバーする車両保険は、加入するかどうかで自動車保険料が大きく変わります。「購入から時間が経っている」「中古車で購入した」「多少のキズなら自費で修理する」という場合は、車両保険に加入しないという選択肢もあります。一方、まったく補償がないのは不安、ということであれば、「補償範囲」や「自己負担額」を絞って保険料をコントロールすると良いでしょう。
「補償範囲」は、単独事故や・当て逃げなどもカバーするタイプ(一般型など)から、車同士の事故のみ補償するタイプ(車対車など)に変更することで保険料を下げられます。
「自己負担額」は、1回目の事故と2回目以降の事故について、それぞれいくら負担するかを設定。もっとも保険料が高いのは、1回目・2回目以降とも「0円」の場合。保険料を安くするためには、1回目は0円でも、2回目以降で自己負担額を大きくする等、自己負担額を高めに設定する方法が有効です。

う~ん、補償の細かい内容までは、全然見たことがありませんでした・・・。まとめると、補償内容の見直しは、なくしても大丈夫そうな補償を削ったり絞ったりして保険料を下げるということですね。

その通りです。今まで一度も補償内容を見直したことがなければ、保険料を節約できる可能性が高いと思いますよ。

運転する人の年齢や対象範囲を見直すのは、簡単にできそうですが、車両保険をなくすのは、少し迷います。うちの車も、もう新車ではないけど、なにかあったときに修理費用を全部出す覚悟までは持てないというか・・・。

わかります。車両保険をつけておくと、車上荒らしなどの盗難被害もカバーできる場合がありますからね。でしたら、自動車保険そのものの乗り換えも検討してみてはいかがでしょう?

保険料の節約効果が大きいほうですよね。保険会社を替えるだけで、そんなに保険料が違うんですか?

保険会社によって同じ補償でも保険料は大きく異なります。これは保険会社による差もありますが、販売チャネルの差も大きいですね。

販売チャネルというのは、先ほどのお話で出てきた「代理店が間に入る」ということでしょうか?

そうです。自動車保険は、加入する経路=販売チャネルによって「代理店型」と「ダイレクト型(通販型)」に分かれます。保険料に関して言えば、代理店を介さずに直接加入する「ダイレクト型」のほうが、販売手数料や店舗運営費などのコストを抑えられるので有利なケースが多いですね。

どれくらい違うのでしょうか?

保険会社によるので、一概には言えないのですが、たとえば、損害保険会社大手の東京海上日動では「トータルアシスト自動車保険」という代理店型の自動車保険を取り扱っています。一方、同じ東京海上グループの中に「イーデザイン損保」という保険会社もあり、こちらはダイレクト型(インターネット専用)の自動車保険を販売しています。2つの自動車保険を保険料で比較すると、同じ運転者&車、類似した補償内容*であれば、ダイレクト型の「イーデザイン損保」のほうが、ほぼすべてのケースで安くなります。年間保険料で比較すると、それこそ万単位で保険料を節約できるケースも少なくありません。
*補償内容は保険会社により異なり、完全に同一条件での比較が難しい場合があります。

そんなに違うんですか?! ダイレクト自動車保険って「ネットで加入できて便利」くらいの印象しかありませんでした。

同じグループの保険会社でも、販売チャネルでこれだけ大きな差が出ることもあるのです。保険会社が違えば、さらにその差は大きくなりますよ。ダイレクト型の自動車保険同士でも、保険料はずいぶんと異なります

見直しポイント 自動車保険の乗り換え ~ダイレクト型の自動車保険に注目!~

代理店を通さず、インターネットや電話で直接加入するタイプの自動車保険を「ダイレクト型」と呼びます。代理店型の自動車保険と比較すると、保険料が割安になるだけではなく、インターネット上で見積もりや契約手続きができる等、スピーディーさも大きなメリット。インターネット割引や証券不発行割引、早割や継続割引などの割引特典も充実しています。

ダイレクト型の自動車保険に乗り換える場合は、補償内容をどう選ぶかがポイントになります。まずは、現在加入している自動車保険の補償内容に近いパターンで見積もってみましょう。保険料が安くなるようであれば、その内容で決めても構いませんし、もう少し補償を削りたい場合も、ネット上で気軽に保険料をシミュレーションできます。
対面での保険相談ができない点は、ダイレクト型自動車保険の弱みですが、保険に詳しくない利用者のためにヘルプページを充実させる等、各社ともに工夫しており、わからないことをチャットやメール・電話で相談することも可能です

山田さんおすすめ 自動車保険の見直しに強いダイレクト型自動車保険

Pickup! ソニー損保 自動車保険

ソニー損保 自動車保険

ダイレクト型自動車保険で15年連続販売実績No.1を誇る。事故時の初期対応は、曜日を問わず0:00~20:00まで当日対応(20:00~0:00は翌日)。セコムと提携しており、事故の際は全国2,800ヶ所のセコム緊急発進拠点数から緊急対処員が駆けつける。ロードサービスは24時間365日対応。

事故・故障等で自力走行不能となった場合の帰宅費用や宿泊費用も全額サポートしてくれる。予想年間走行距離に応じて保険料が決まる保険料体系を導入しており、走行距離が少ないほど保険料が安くなる。契約時の予想走行距離に満たなかった場合は、保険料を翌年に繰り越すことも可能

ソニー損保 自動車保険のサイトに行く

Pickup! イーデザイン損保 自動車保険

イーデザイン損保

東京海上グループのダイレクト型自動車保険。事故対応は24時間365日受け付けており、セコムと提携することで、万一の事故の際は緊急対処員がいち早く現場に急行し、契約者のサポートする。事故対応は契約者専任の担当者と各分野にスペシャリストが連携、事故の連絡から事故対応の進捗まで、状況は全てインターネット上の

ホームページで確認できる。2018年度のオリコンの顧客満足度調査で事故対応満足度で1位を獲得、別冊宝島の専門家が選ぶ自動車保険ランキングでも1位を獲得するなど、外部機関の評価も高い。保険料の安さにも定評があり、また新規でも更新でもネット経由で申し込むことで10,000円割引になる。

イーデザイン損保 自動車保険のサイトに行く

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について