子育てにかかる費用 ~小学校(公立・私立)~

お金を管理する

Written By 働くママ編集部

小学校でかかる費用・画像 小学校でかかる費用・画像

幼稚園・保育園から大学までにかかる子育ての費用は、一般的に1000~3000万円といわれています。この金額の幅は公立や私立という進路の違いや習い事の違いによるものです。子育てには多くのお金が必要ですが、「子育てにかけた費用=子どもにとって恵まれた環境」であるとは限りません。お金のかからない時期に上手に貯金をしながら、親としてサポートできることを考えていきたいですね。そのためには、まず長期的なスパンで家計の収支を把握することが大切です。今回は、公立と私立という進路別で小学校の時期にかかる費用とそのポイントを見ていきます。

小学校の費用

子育てにかかる費用 ~小学校(公立・私立)~・画像1

進路別に年間教育費を見てみると、月々で約10万円、年間で約120万円、私立の方が高くなっています。公立と私立という進路の違いによって、費用に最も差が出るのがこの小学校の時期で、6年間の総額にすると実に720万円もの差になります。高校までの費用は毎月のやりくりの中で準備していくことが基本です。私立の小学校を検討する場合は、現在の収入や将来のマネープランをしっかりと確認しましょう。公立の小学校へ進学する場合は、この6年間が最も学費のかからない時期になります。この時期を上手に活用してしっかりと貯蓄をしておきましょう。

小学校(公立・私立)年間教育費

公立 私立
合計 321,708 1,535,789
月々 26,809 127,982
学校教育費(学費) 102,404 931,728
学校外教育費(塾・習い事等) 219,304 604,061

(単位:円)

参考)平成26年 文部科学省 子供の学習費調査

小学校の子育ての費用 貯蓄・節約ポイント!

1.習い事にかける費用を見直そう!

子育てにかかる費用 ~小学校(公立・私立)~・画像2

子供の可能性を広げてあげたいという親心から、多くの習い事や塾に通う小学生が増えています。上記の「小学校(私立・公立)年間教育費」を見ると、公立では月に約1万8000円、私立では月に約5万円が習い事や塾の費用としてかかっています。子供にとって習い事は物事を継続する力やチームワークの大切さなどを学べる良い機会となります。家計に無理のない範囲で子どもが貴重な経験を積めるようにしたいですね。行政が運営するスポーツクラブやオンライン英会話を利用すれば、習い事の費用を節約することが可能です。

行政が運営するスポーツクラブ

「都道府県名+地域スポーツクラブ」で検索してみましょう

子供向け英会話料金比較

子供向け英会話
大手通学タイプ英会話
50分コース×週1回 月額10,260円
入会金 16,200円
子供専用オンライン英会話
リップルキッズパーク英会話
25分コース×週2回 月額4,800円
入会金 なし
→ 月々で5,460円の節約
年間で81,720円(※年会費含む)の節約

CHECKこちらの記事もCHECK!

2.児童手当を貯金しよう!

児童手当は、対象年齢の児童を養育する者に対して年3回に分けて一定額が支給される制度です(*所得制限あり)支給額は3歳未満に月1万5000円、3歳~中学生に月1万円となっています(*第3子の場合は12歳まで1万5000円)入学や受験シーズン等まとまったお金が必要になる時の蓄えとして、児童手当を貯金しておくと安心です。6歳から15歳まで月1万円貯めれば、約120万円貯金することができます。児童手当の受取先を金利が高いネット銀行にしておくと、さらに効率的に貯金を運用することができます

働くママ プラスおすすめの普通預金

Pickup! イオン銀行 普通預金(イオンカードセレクトユーザー特典)

イオンカードセレクト・画像

イオン銀行は、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」ユーザー向けに、普通預金の金利がなんと100倍以上の最大0.12%になるサービスを提供している。動かさないお金がある人は定期預金がおすすめだが、いつ使うかわからないというお金はいつでも引き出せる普通預金のほうが便利。

その普通預金の金利を、定期預金並みに設定しているところはイオン銀行以外にない。すでにイオン銀行の口座を持っている人は、イオンカードセレクトを発行することで、まだイオン銀行の口座を持っていない人は、イオンカードセレクトへの申し込みと同時に、銀行口座開設もできるので、上手く活用したい。

普通預金金利 0.1%オススメ!
キャンペーン 期間中にイオンカードセレクト(及びイオン銀行の口座開設)へ申し込み、条件を満たすと、最大6,000円相当プレゼント!(2018年11月30日終了)

イオンカードセレクトに行く

CHECKこちらの記事もCHECK!

3.住宅ローン&電気代、スマホ代、保険を見直そう!

住宅ローン&保険を見直そう・画像3

子育てにかかる費用を捻出するためには、今かかっている固定費を見直し、賢く節約することが何より大切です。様々な固定費の中でも見直すことで、最も大きな節約効果を期待できるのが、住宅ローンです。2017年7月現在の住宅ローン金利は、過去最低水準にとどまっており、数年前に住宅を購入し、ローンを組んだという方であれば、見直しを検討する価値は十分あります。

また電気代やスマホ代も実は積み重なっていくと、何十万円と節約できるポイントです。特に電気代は自宅にいながらにして簡単に乗り換えることができ、確実に節約できるので要チェックです。スマホも3キャリアに拘らず、格安スマホに変更することで、年数万円の節約が可能です。働くママ プラス編集部でも格安スマホ利用者が増加しており、自信を持っておすすめします。

最後のご紹介する保険に関しても同様です。日本の家庭は多くの場合、保険に入り過ぎています。これをしっかり見直すだけで、毎年の数万円から十数万円捻出できるケースも少なくありません。

住宅ローンを借り換えよう

住信SBIネット銀行 住宅ローン・画像

住信SBIネット銀行 ネット専用住宅ローン

2017年2月には住宅ローンの借り入れ総額が3兆3,000億円を突破。数ある住宅ローンの中でも有利な金利を提供し、利用者の支持を獲得している。
団信に無料で八疾病保障を付帯させることができ、繰り上げ返済手数料も無料。

じぶん銀行・画像

じぶん銀行 住宅ローン

じぶん銀行が提供する借り換えに対応した住宅ローン。変動金利及び10年当初固定金利に優位性があり、利用者を急速に増やしている。金利の低さに加え、がん50%団信(※がんになった場合、返済額が半額になる特約)特約が高い評価を獲得。スマホで1円から手数料無料で繰り上げ返済できる点も便利。

電気代を見直し、家計を節約しよう

東京ガス ずっともプラン・画像

東京ガス ずっともプラン

東京ガスが提供し、既に80万人以上が利用する電気料金の乗り換えプラン。東京ガスの利用者であれば、間違いなく電気料金が割安になる。一般的な家庭であれば、電気とガスを東京ガスにまとめることで、年間1~2万円程度の節約を期待できる。自宅から簡単に申し込むことができるので、必ずチェックしておきたい。

ENEOSでんき・画像

ENEOSでんき

ENEOSが提供する電気料金の乗り換えプラン。全国からの申し込みに対応しており、JSCIが実施する調査で電力小売り部門の顧客満足度No.1を獲得するなど、利用者の満足度は極めて高い。何かの料金とまとめなくても電気料金が必ずお得になるVプランを提供している。

格安スマホに乗り換え、通信費を節約しよう

ワイモバイル・画像

ワイモバイル

iPhoneSEにも対応し、月額1,980円から利用できる格安スマホ。さらに500円で購入できる端末を多数用意するなど、大手キャリアからの乗り換えるで大幅な節約が期待できる。iPhoneの利用にこだわりたい方はワイモバイルが最もお得で便利だろう

楽天モバイル・画像

楽天モバイル

圧倒的な低価格を武器に、利用者を急速に増やしている格安スマホ。1,000円前後で購入できる端末を多数用意しているほか、月額料金も通話とデータ通信3.1GB込みで1,600円から利用可能。かなりの頻度でスマホのデータ通信を利用する場合でも10GB2,960円で利用でき、大手キャリアの3割~5割以上安い。楽天での優待もセットで利用できることから、ママ層からも支持されており、現在最も勢いのある格安スマホの1つ。。

保険の見直しに役立つ無料保険相談サービス

保険のブッフェ・画像

保険のブッフェ

プロのFPが自宅もしくは近くのカフェに訪問し、無料で保険の見直し提案を実施。経験豊富なFPが在籍しており、中立の立場から保険の見直し提案を期待できる。また現在無料保険相談を受けると、もれなく全員に総額1億円分もらえる点も大きな魅力。

保険の窓口・画像

保険の窓口

来店型の保険相談の最大手。全国のショッピングセンターなどに拠点を持ち、プロのFPが無料で保険の見直しサービスを提供。取り扱う保険のラインナップが豊富で、要望に応じて様々な保険プランの提案を期待できる

4.小学校の助成制度について確認しよう!

就学援助制度

就学援助とは、家庭の経済的理由により小学校(公立)の就学が困難な家庭に対して給食費や学用品等の費用を一部援助する制度です。

主な補助対象品目

  • 学用品費
  • クラブ活動費
  • 給食費
  • 修学旅行費
  • PTA会費
  • 通学費

給付条件や給付金額は自治体によって異なりますので、お住まいの地域の制度をよく確認しておきましょう。(文部科学省:就学援助制度について

私立学校等就学奨励制度

私立学校等就学奨励制度とは、家庭の経済的理由により小学校(国立・県立・私立・外国人学校等)の就学が困難な家庭に対して給食費や学用品等の費用を一部援助する制度です。全国一律ではなく、自治体によって制度の有無が異なるので、お住まいの地域の制度をよく確認しておきましょう。

子育てにかかる費用は、想像以上に大きな金額になります。常日頃から無理なく、無駄なく節約に取り組み、小学校はもちろん、中学・高校・大学にかかる費用を捻出していきましょう!

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について