Global Step Academy × 働くママプラス

オンラインでインターナショナルスクールの教育を
英語で学び、考える力を育む
学習プログラム「G S A」とは?

Special Interview

GSA(Global Step Academy)とは、グローバル人材育成に貢献するという理念のもと、単に英語を学ぶのではなく、英語で得た情報を、英語で考え、英語で意思表示する力を子供に育むため、オンラインでインターナショナルスクールの教育を提供しています。

2020年には小学校で英語が必修から教科に格上げされるように、日本でも英語教育の重要性は増すばかり。そのキーワードが「聞く・話す・読む・書く」の4技能。これは文部科学省の学習指導要領にも明記されています。結局のところ、日本の英語教育が最終的に目指しているのは、GSAがオンラインで提供している、インターナショナルスクールの教育なのです。

そこで今回、働くママ プラス編集部では、「GSA」を運営する「Global Educational Partners」代表取締役社長兼CEOを務めるモントゴメリー道緒さんに、「GSA」のサービスの特徴や学習内容、英語4技能を身に付けるための仕組み等、様々なお話を伺ってきました。

一般の英会話教室やオンライン英会話ではなく、「英語4技能を基礎からしっかり身に付けて欲しい」「子供にワンランク上の英語教育を受けさせてあげたい」「将来、子供にはグローバルに活躍できる人になってほしい」と考えている方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

モントゴメリー道緒さん

Global Educational Partners 代表取締役社長兼CEOモントゴメリー道緒さん

オンラインでインターナショナルスクールの教育を受けることができる「GSA」を運営する「Global Educational Partners」の代表取締役社長兼CEO。
幼稚園から中学校まで、西町インターナショナルスクールで学んだ自身の経験を活かし、「英語で学び、英語で考える力」をしっかり身に付けることができる学習プログラムとしてGSAのサービスを提供している。

オンラインインターナショナルスクール「GSA」

オンラインで、インターナショナルスクールの教育を受けることができる学習プログラム。「聞く・話す・読む・書く」の英語4技能はもちろん、「英語で学び、英語で考える力」がしっかりと身に付くことから、大きな注目 を集めている。さらにGSAではオンラインでのレッスン以外にも、サマーキャンプの実施や、インターナショナルスクールの入学支援、留学サポート等、様々なサービスを提供。子供に英語4技能を身に付けて欲しいと考えている方はもちろん、ワンランク上の英語教育に興味がある方も要チェック。

Interview

まずはじめに、GSAについて詳しく教えていただけますでしょうか?

GSAはオンライン経由でインターナショナルスクールのメソッドを提供しているのですが、その背景には「高額な費用がかかるインターナショナルスクールの教育をもっと安価に提供したい」という想いと、「グローバル化していく社会に適用するため、日本の子どもたちの英語教育をもうワンランク上に引き上げたい」という想いがあります。

ご存知のように実際にインターナショナルスクールに通うとなると、日本国内でも平均で年間200万円前後の学費がかかります。私はインターナショナルスクールの出身で、外国人の友人も数多くいますが、私の友人含め、これだけの学費を支払える人は多くありません。

また実際のところ、インターナショナルスクールの英語教育は日本の中で生きていく上で、役立つのかというとそこには疑問符が付くのも事実です。それはインターナショナルスクールの教育が、日本ではなく、世界で生きていくことを前提に考えられているからでもあります。

モントゴメリー道緒さん

ただこれから先の日本を考えると、子ども達の世代は、我々以上に世界を意識せざるを得ないはずです。既に一部の会社では、上司が外国人というケースや部下が外国人というケースが当たり前になってきており、この流れは変わらないでしょう。

この社会の大きな流れを考えると、「インターナショナルスクールのメソッドは、子どもたちの未来を切り開く上で大きな役に立つはず」だと私たちは確信しています。しかも、それをオンラインで安価に提供することができれば、日本の英語教育を変えられるかもしれない。

この想いが、私たちGSAが開発し、提供するサービスのベースになっています。

多くの親が子に願うのは、「子供が将来、いろんな選択肢の中から、自分の好きな道を歩めるようになってほしい」ということではないでしょうか?

一般的なオンライン英会話との違いについても教えてください。

英語は子供の可能性を拡げるためのツールの1つですが、そのためには英会話ができるだけではダメで、「英語で学び、英語で考える」ことが求められます。

GSAではLanguage artsという、英語を日本語でいうところの国語として考えるメソッドを取り入れており、リスニングとスピーキングだけではなく、リーディングやライティング、いわゆる4技能をしっかり身に付けることができるのです。

4技能

これが一般的な会話を中心としたオンライン英会話と、GSAのサービスとの最大の違いです。

ちなみにGSAが提供するオンラインでのサービスは、あくまで英語を活かすための入り口であり、将来、子供がインターナショナルスクールに入りたいとなった場合、入学の際、必要になる面接の支援を行ったり、サマースクールや留学の支援を行うケースも少なくありません。

オンラインだけではなく、オフラインも含め、子供の将来をしっかりサポートできる点も、GSAの大きな特徴の一つです。

次ページ GSAの利用者傾向