夫婦で一緒に頑張れるダイエット方法

その他の特集

Written By 長尾 尚子

夫婦で一緒に頑張れるダイエット方法・画像 夫婦で一緒に頑張れるダイエット方法・画像

夫婦で一緒に取り組むダイエットにはメリットがたくさん

新型コロナウイルスの影響で、リモートワークが増えた方、外出する機会が減った方も多いでしょう。
家で過ごす時間が増えると、気になるのが「コロナ太り」。ついつい間食が増え、運動も不足気味になるなど、巣ごもり生活の体重管理に苦戦しているという方は、夫(妻)といっしょに夫婦でダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょう

ダイエットといえば、目標を立てて一人でコツコツやるもの・・・と思いがちですが、パートナーと目標を共有することで、相手の協力も得やすくなり、減量成功率も高まります

夫婦でダイエットに取り組むメリット

  • 習慣化しやすい(相手に協力してもらえる、声をかけあえるetc.)
  • 夫婦間でコミュニケーションがとれる(一緒にやることで絆が深まる)
  • おたがいの意見をダイエットに活かせる(目標の共有、結果の振り返り、次の目標設定etc.)

夫婦で一緒に頑張れるダイエット方法

たとえば、普段チームで仕事をしている方であれば、夫婦ダイエットも「プロジェクト」とみなして、目標設定や結果を振り返り、次回以降の改善に繋げてみてはいかがでしょう。
チーム運営にはメンバー間の相互理解が不可欠。夫婦で密にコミュニケーションをとることで、ダイエットの成功率が上がることはもちろん、夫婦の絆も深まり一石二鳥です

今回は、夫婦でダイエットをする場合におすすめのダイエット管理アプリや、運動・食事などのダイエット方法について解説します。

夫婦で頑張るダイエット その1:ダイエットアプリを活用したい!おすすめのアプリは?

ダイエットアプリは、食事や運動などの記録をつけることでダイエット効果を確認したり、アプリからアドバイスを受けられるダイエットツールのひとつ。
夫婦でダイエットする場合は、お互いの情報を共有するためにも、ダイエットアプリで毎日の記録を付けると良いでしょう。

FiNC

FiNC・画像

FiNC Technologies(フィンク・テクノロジーズ)が提供するダイエットアプリ。
体重・食事・歩数・生理・睡眠などを記録すると、AI(人工知能)がデータを分析し、一人一人に合わせたダイエットアドバイスをもらうことができる。
食事記録は、スマホで写真を撮るだけで自動的にカロリーや栄養バランスをチェック可能。

また、毎日の歩数や睡眠時間も自動でカウントされ、生理の記録をもとに次の生理日や排卵日も教えてくれる。
ライフログを記録することでポイントが貯まり、貯めたポイントはヘルスケアグッズ等を販売する「FiNCモール」で利用可能
「Google Play ベスト オブ 2018 自己改善部門大賞」を獲得するなど、ダイエットアプリとして人気・知名度ともに高い。

対応
  • iPhone(iOS11.0以上)
  • Android(Android6.0以上)
利用料金 無料 ※App内課金あり(960円~)

FiNCのサイトに行く

あすけんダイエット

あすけんダイエット・画像

株式会社askenが提供するダイエットアプリ。毎日の食事を記録すると、体重データやダイエット目標、その日の食事内容などをもとに、管理栄養士からの食事アドバイスが届く
食事記録はスマホのカメラで撮影するだけでカロリー・栄養計算まで簡単に記録できる。運動データを入力することで、より精度の高いアドバイスを受けることも可能。

アプリはiPhone、Androidのほか、PCにも対応。累計400万以上のダウンロード数を誇り、ユーザーデータの分析では3ヶ月で平均4.0kgの減量効果が認められる(IBM25以上、3ヶ月以上継続したユーザーの場合)など、ダイエットと食習慣の改善に強みがある。

対応
  • iPhone(iOS11.0以上)
  • Android(Android5.0以上)
利用料金 無料 ※App内課金あり(300円~)

あすけんダイエットのサイトに行く

夫婦で頑張るダイエット その2:食事のルールと栄養バランスを見直す方法は?

ダイエットの基本は食事管理。家にいる時間が長くなると、食事時間が不規則になったり、パンやパスタなど炭水化物中心の献立が多くなったりと、栄養バランスが崩れがちです。
食習慣や栄養バランスが似通っている夫婦だからこそ、食事の摂り方や献立などにちょっとしたルールを設けると効果的です。

食事のルールを決める

夫婦でダイエットに取り組むのであれば、まずは夫婦間で話し合い、簡単なルールを決めましょう。
たとえば、「食事と食事のあいだは6時間以上あける」「間食は1日1回まで」「野菜を最初に食べ、炭水化物は最後に食べる」など、無理なく取り組めるルールを決めることが大切です。 一人では忘れがちな食事ルールでも、夫婦や家族で決めることでお互いに気をつけてモチベーションを維持することができます。

献立や盛りつけを工夫する

ダイエット中は食事の献立や貯め方も工夫してみましょう。
野菜スープなどの具材の多い汁物は、満腹感があるだけではなく、野菜をたっぷり取ることができるので、おすすめです。毎日、低カロリーの食事では飽きてしまう・・・という場合は、一週間でバランスをとるつもりで、揚げ物の翌日は納豆ごはんや鍋にするなど、適宜調整することも大切です。

甘いものやアルコールの摂り方を決める

ダイエット中は、甘いものやアルコールは控えるのがベター。しかし、ルールがきつすぎると挫折しやすいので、「コーヒーや紅茶には砂糖を入れない」「ジュース類をやめる」「アルコールは3日に1回」など、無理なく守れる範囲でルールを決めると良いでしょう。
夫婦で晩酌デーを作るなど、週のどこかで楽しみを作っておくと長続きしやすくなります

ヨシケイ

ヨシケイ・画像

5日分の食材とレシピがセットで届く食材宅配サービス。料理が苦手でも作りやすい簡単なレシピを集めた「プチママ」や、20分で2品の食事が作れる「カットミール」など、テーマ別の食材セットを選べる。食材は毎日届き、不在の場合は専用宅配ボックスも貸し出し

低カロリーのヘルシーメニューもラインナップが充実しているため、ダイエット中の食事を手軽に用意したい場合は要チェック。

対象地域 福島、埼玉、千葉、東京、神奈川、福井、静岡、滋賀、京都、大阪、奈良、兵庫、岡山、広島、徳島、愛媛※ただし一部地域除く
利用料金
  • すまいるごはん……1人1食300円(税込)から
  • Lovyu(ラビュ)……1人1食350円(税込)から
送料 無料

ヨシケイのサイトに行く

nosh(ナッシュ)

nosh(ナッシュ)・画像

シェフと管理栄養士のチームが調理した50種類以上の食事・スイーツを注文できる食材宅配サービス。「1週間に1回」「2週間に1回」「3週間に1回」の3種類から配送頻度を選び、食品の数(6食・8食・10食)を選択、好きな食事を注文すると、調理済みの食事が冷凍された状態で届く。

食事はすべて低糖質・低塩分・低脂質を実現。食事の効果を測るため、業界で唯一の臨床試験も実施しており、体重・BMI・血圧・各血液検査指標に改善効果が認められたことを確認している。

対象地域 全国(ヤマト運輸・クール便)
利用料金
  • 6食セット……3,880円(税抜)
  • 8食セット……4,780円(税抜)
  • 10食セット……5,680円(税抜)
※初回限定500円OFFクーポンあり
送料 760~2,590円(地域・ダンボールサイズにより異なる)

nosh(ナッシュ)のサイトに行く

夫婦で頑張るダイエット その3:2人でできるおすすめの運動は?

ダイエット中の運動は、カロリーを消費しやすい身体作りに役立つほか、仕事の気分転換やストレス解消の効果も。

せっかく夫婦でダイエットをするのであれば、運動も2人でおこなうと、連帯感がさらにアップします。本気でダイエットに取り組むのであれば、運動もメニューに加えましょう。

ジョギング、ランニング

もっとも気軽にはじめられる運動のひとつがジョギング・ランニングです。今まで運動習慣がなかった場合は、時速7km程度をキープして走るスロージョギングもおすすめ。
最初に用意するのはランニングシューズとウェア程度で十分です。ただし、ランニングシューズは5,000円から1万円前後のしっかりしたものが良いでしょう。初心者であれば靴底(ソール)が衝撃をしっかり吸収するクッション性の高いものがベターです。

スポーツジム、フィットネス、ヨガ

近場に施設がある場合は、スポーツジム・フィットネスもおすすめ。一緒に運動するのはもちろん、ランニングマシンやウェイトトレーニングなど各自の好みに合わせた運動ができる点も大きなメリットです。夫婦や家族で利用する場合は、入会金や年会費が割引になるケースもあります
ヨガは、女性に人気の高い運動ですが、最近は夫婦やカップルで受けることができる教室も増えています。ヨガには自律神経を整える効果があり、男性もリラックスや集中力アップに活用できるでしょう。スポーツジムの会員向けのヨガレッスンや、ヨガスクールの無料体験などを上手に活用しましょう。

2人でできるスポーツ

テニス・バトミントン・卓球・スカッシュのように1対1でやるスポーツも夫婦向きです。それぞれのスポーツごとにラケットなどの用具やウェア・シューズなどを揃える必要がありますが、夫婦どちらかが経験者で勝手がわかっている場合はハードルも低いでしょう。
スクールの無料体験やテニスコート・卓球バーなど気軽にプレイできる施設を利用して試してみるのがおすすめです。

Lean body(リーンボディ)

Lean body(リーンボディ)・画像

400本のフィットネス動画が見放題になるオンラインフィットネス動画サービス。スマートフォンやタブレットを利用して、自宅にいながら人気インストラクターのレッスンを受けることができる。簡単な質問に答えるだけで、一人一人の身体の悩みに合わせたフィットネスプランを作成。

お尻や腹筋などの部分トレーニング、ヨガ、ピラティス、ダンスエクササイズなど豊富なメニューの中から自分に合ったレッスンを選ぶことができる。
初回申し込みから2週間の無料期間があるので、動画サービスの使用感やレッスンの内容をゆっくりと試せる点も嬉しい。

対応 スマートフォン、パソコン、タブレット
利用料金 月額1,980円(税抜)~980円(税抜) ※初回申し込みから2週間無料

Lean body(リーンボディ)のサイトに行く

dヘルスケア

dヘルスケア・画像

NTTドコモが提供する歩数管理アプリ。毎日届くミッション(1日の歩数、食事、健康コラムを読むetc.)をこなすと、抽選でdポイントが貯まり、街ナカやオンラインショップでの買い物などに利用できる。ドコモユーザーでなくともdアカウントを持っていれば利用可能。

また、Apple Watch(アップルウォッチ)やGarmin(ガーミン)などのウェアラブル端末とも連携でき、歩数や体重のほかに血圧や脈拍も記録できる。ウォーキングや通勤など歩く機会が多い夫婦におすすめのダイエットアプリ

対応
  • iPhone(iOS11.0以上)
  • Android(Android4.4以上)
利用料金 月額300円(税抜)
※初回31日間無料

dヘルスケアのサイトに行く

夫婦でやるダイエットは楽しむのがコツ。2人に合った方法を見つけて減量を成功させよう

新型コロナウイルスは、普段、別行動をとることも多い家族が、ステイホームによって毎日長時間一緒にすごす、という大きな変化をもたらしました。
夫婦の時間が増えた、という方が多い一方で、外出が制限されてストレスが溜まる、コロナ太りが憂鬱、という方も多いはず。

夫婦ダイエットは、せっかく増えた家族との時間を有効活用するチャンス。ダイエットという共通の目的があることで、夫婦の会話も弾みやすいうえ、健康の問題もクリアできる一石二鳥の方法です

今回ご紹介したアプリや食事・運動のポイントも参考に、ぜひご自身とパートナーに合ったダイエット方法を見つけ、ダイエットを成功させましょう!

Author: 長尾 尚子
フリーランスライター。得意分野は、育児・教育、住宅ローン、保険、金融、エンタメetc.。子ども2人を育児中のママでもある。 【資格】消費生活アドバイザー、FP2級

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について