妊娠と保険~医療保険と妊娠~

働き方を考える

Written By 働くママ編集部

妊娠と保険 妊娠と保険

妊娠と保険-医療保険と妊娠

妊娠は女性にとって身体に大きな変化が起こる一大イベントです。妊娠中には妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)やつわり、切迫早産、場合によっては帝王切開が必要になるケースも少なくありません。こういった不測の事態に役立つのが保険です。今回は妊娠後の生活をサポートしてくれる保険について紹介してきます。

保険への加入は妊娠前、それとも妊娠後?

体温計

女性は元来、男性と比較すると病気に強く、保険には入っていないという人は珍しくありませんが、妊娠すると女性の身体には様々な変化が訪れ、場合によっては入院や手術が必要なケースも出てきます。その備えとなるのが医療保険です。

では妊娠した後に医療保険に加入すればこれらケースに備えられるかと言えば、答えはノーです。保険会社にとって、妊娠した後の女性の保険を引き受けるのは大きなリスクが伴うため、基本的には消極的です。実際に妊娠した後で保険を申し込むと、多くの場合、加入を断られるか、加入できるケースでも妊娠の際の病気に関する給付が不利(妊娠・出産に関する合併症を部位不担保とする)になるケースがほとんどです。また、原則として妊娠27週を超えると医療保険には加入できません

妊娠前に医療保険に加入しておけば、異常妊娠や異常分娩による入院・手術は原則として保障されます。今後子供を産む予定のある方で保険への加入を検討している場合、医療保険については、できるだけ妊娠前に加入しておいたほうが良いでしょう

妊娠前に加入しておきたいお薦めの医療保険

アクサダイレクトの終身医療 女性プラン

アクサダイレクトの終身医療

妊娠時の保障

アクサグループのネット生保「アクサダイレクト生命(旧ネクスティア生命)」が販売する医療保険。ネットでの加入に特化する事で経費を削減、割安な保険料を実現している。カチッと医療は、正常分娩での入院は保障の対象外だが、異常妊娠や異常分娩による入院・手術であれば保障の対象となる。

このサイトに行く

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

NKSJひまわり生命 フェミニーヌ

妊娠時の保障

最も知名度の高い女性保険の一つ。妊娠前に加入しておけば異常妊娠や異常分娩による入院・手術を幅広くカバー。さらに女性特有の病気の保障が充実しており、日帰り入院でも給付金が出る。また3年ごとに15万円の生存給付金が出る点も大きな魅力。

このサイトに行く

東京海上日動あんしん生命 メディカルKitR 女性疾病保障特約

東京海上日動あんしん生命 メディカルKitR 女性疾病保障特約

妊娠時の保障

東京海上日動あんしん生命が販売する医療保険。使わなかった場合、払った保険料が全額戻ってくる新しいタイプの医療保険として、高い人気を誇っている
特約部分に関しては全額返金の対象外だが、女性疾病保障を付ける事で帝王切開の際や万一乳がんになった時に入院給付金が上乗せして支給される。

このサイトに行く

妊娠中でも加入できる医療保険をピックアップ

親子

豊富な選択肢の中から医療保険を選ぶためには、妊娠前に加入を検討したほうが良いというのは間違いありませんが、医療保険の中には妊娠中でも保障面が不利にならず、加入できるものもわずかながらあります

一つは直販型の生命保険会社として高い人気を誇る「オリックス生命」の女性向け終身医療保険「新CURE LADY( キュア・レディ)」です。安い保険料と充実した保障から、もともと人気の高かったCURE LADYですが、サービスを改訂。病気やケガによる入院保障に加え、女性特有の病気とすべてのがんによる入院を手厚く保障しており、改定後の商品は帝王切開も保障の対象になっています。

また一定の条件はあるものの、妊娠の月数に関わらず加入でき、1入院限度額も60日型もしくは120日型のいずれかから選べるようになっている点も「新CURE LADY( キュア・レディ)」の大きな魅力です。

ネット生保大手「ライフネット生命」が実施した調査によると、女性が医療保険で入院給付金を受ける事象の実に7割弱が妊娠や分娩時、女性特有の疾患によるものとなっており、一般の保険会社が妊娠時の保険加入は避けたいと思うのは当たり前です。

そんな中、妊婦の保険加入を条件付きながら認める保険会社の姿勢は、高く評価できます。

現在大手生保やネット生保の中では、妊娠の月数に関わらず加入できる保険を販売しているのはオリックス生命を除くとほんのわずかですが、保険金額が少額で保険期間が1年以内の保険のみ引き受けを行える少額短期保険の一つである、エイワン少額短期保険も妊娠中の保険加入に対応した医療保険を販売しています。この保険では出産時に緊急手術を行った場合の保険費用(※エイワン指定の手術に限る)や出産後の体調不良等もカバーしています。ただし、妊娠33週目以降の加入はできない点、医師から異常分娩(帝王切開など)になる可能性を事前に指摘されている場合、その手術費用が対象外になる点には注意が必要です。

妊娠中でも加入できるお薦めの医療保険

オリックス生命「医療保険 新CURE Lady(キュア・レディ)」

オリックス生命「医療保険 新CURE Lady(キュア・レディ)」 オススメ!

妊娠時の保障

直販型の生命保険大手「オリックス生命」が販売する女性向けの医療保険。女性特有の病気に加え、全てのがんによる入院を手厚く保障。また帝王切開含め、約1000種類の手術も保障対象になる。特定部位不担保になるものの、妊娠月数に関係なく加入できる数少ない医療保険の一つ。
妊娠中の医療保険の加入を考えている人にとって、有力な選択肢になるだろう。

このサイトに行く

エイワン少額短期保険 エブリワン

エイワン少額短期保険 エブリワン

妊娠時の保障

加入条件個別設定型「医療保険」を販売する少額短期保険会社。エブリワンは出産時に緊急手術をした場合の手術費用や出産後の体調不良による病気もカバー。妊娠33週目以降の加入ができない点や双胎、異常分娩の可能性がある場合に補償が制限される点には注意が必要だが、妊娠後でも加入できる数少ない保険である事は間違いない。

このサイトに行く

妊娠がわかったら、家族の保険を見直そう!

保険ライフ

 

保険ライフ

家族構成が変わる時は保険の見直しが必要。家族の保険を見直す時は複数の保険会社の商品を取り扱う保険相談を利用するのがおすすめです。独立系のファイナンシャルプランナーがあなたの家庭にあった保険を紹介してくれます。相談は無料なので、現在の保険料や保障内容とどれくらい異なるのか、一度チェックしてみると良いでしょう。

Reviews

口コミを投稿する

採用クチコミ3件でもれなくAmazonギフト券(500円分)をプレゼント!(口コミ採用について